おすすめ本

我慢しているんじゃない? 「今日もていねいに。」松浦弥太郎さん

皆さん、こんにちは。
白猫です。
 
今日はとても素敵な本と出会ったので紹介させてくださいね。 
 
「今日もていねいに。」松浦弥太郎さん
 
ていねいに生きること。
 
 
純粋に、この言葉が持つ響きが好きです。
 
 
日々、慌ただしく過ごしている私にとって
ていねいに生きることは目標でもあります。 
 
 
どんなに忙しくても、大変でも
そんな風に見えずに、爽やかに生きる 
というのも私のテーマのひとつです。 
(なかなか難しいですが!)
 
 
さて、この本は、暮しの手帖の元編集長である、
松浦弥太郎さんの
生き方の工夫のようなエッセンスのような本です。 
 
 
松浦さんの生きる上での信念、
柱のようなものを教えてくださる一冊。 
 
1つのエッセンスは3ページほど。
読みやすく、気付きもたくさん。 
 
 
共感することがたくさんあり、
さらにそれを実行していらっしゃる松浦さんについて
お会いしたことはないにも関わらず、身近に感じ
そして尊敬しました。
 
 
一部抜粋させてくださいね。
 
「毎日が自分プロジェクト」
 
自分だけの小さなプロジェクトを作るだけで、
日々が生き生きしてくる。 
 
松浦さんはおいしいハーブティを入れることや、
ギターを気持ちよく弾けるようになることなど
自分プロジェクトにされているそうです。
 
 
 
「出会う人は先生」
 
この出会いから自分は何を学べるのだろう?
そのような視点でいれば、嫌だなと思う人からも
学ぶことがあり、すべてが感謝にかわる
 
 
「与えるスケール」
 
会社や国が自分に何をくれるだろう
と待っているだけでは成長しない。
 
自分が接する人に何を与えられるのか
そのスケールが大きくなることが成長 
 
 
「嘘のしっぽ」
 
あ、これは見栄だな、嘘だな
とわかっても、あえて追及せず
さらっと受け流し忘れてしまう。
 
なぜなら、真実の追及より大切なのはその人の存在だから。
 
 
「手足をいつくしむ」
 
自分の手足を大切に。
爪を切り、クリームを塗り、大切にする。
 
差し出された手が、
例えアレルギーがあっても、作業で荒れていても
手入れしてある手は、
美しく信頼できる人だと思えます。
 
 
 
「欲張らないルール」
 
本当にほしくないものを
必要以上に欲張らない。
 
欲張りすぎると、自分の品格に影響が出てしまうから。
 
 
「自分をなくす幸せ」
 
生きていれば、人と争うことも
自己主張する必要があることもあります。
 
我欲のために生きる毎日の先に最終目的はなく、
もっと広い世界、自分をなくす幸せ がひらけています。
 
自分を知るために懸命に生き
その先に自分をなくす幸せがあるのです。 
 
 
「とことん休む」
 
生きていく最小単位は「自分」
自分以外、自分にてを差し伸べられる存在はない。 
 
辛い時は
声を上げてわんわん泣きましょう。
自分が抱えている闇そのものと向き合えば、
いつか必ず乗り越えられます。
 
松浦さんは、乗り越えられていない友人にこうおっしゃるそうです。
 
 
「泣き足りていないんだよ。どこかで我慢しているんじゃない?」
 
この言葉を読んだ時、
私の心に何かが響きました。
 
 
寝る前にワンセンテンスを読むだけで、
大切なこと。ていねいに生きるエッセンスを
思い出させてくれる一冊です。 
 
 
紹介したこと以外にも、
たくさんの素敵な気づきが詰まっていて、
私にとって宝箱のような本が増えました。
 
 
自分がすぐに実行できることもあれば、
時間がかかることもあるかもしれません。
 
そもそもピンとこないこともあるかもしれません。 
 
 
それは人それぞれなので、
無理に同調する必要はないと思います。 
 
私には私の
皆さんにはみなさんの、
 
「ていねいに生きる」エッセンスを
探すヒントにできたらいいですね。
 
 
良かったら読んでみてくださいね。 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。 
 
皆さんに素敵なことがたくさん訪れますように☆
白猫
 

| | コメント (0)

「試し行動」に隠された思い。「はじめまして、愛しています」を観て発見したこと

皆さん、こんにちは。白猫です。
8月ですね。

皆さんは夏バテなどしていないでしょうか。

体調にお気をつけてお過ごしくださいね。

 

今、テレビで放映中の「はじめまして、愛しています」を楽しみに観ています。

特別養子縁組を扱ったリアルなドラマですが、

きちんとした取材を元に作成されているドラマで
真実味があります。

毎回ジーンとし、そして言葉にはならない「何か」をいただいています。

 

このドラマの中で、「試し行動」という
子供の愛情確認の表現方法を知りました。

 
ドラマを観ながら、
私自身の奥深い部分とシンクロし、
心がザワザワと波立ちました。 

 

「試し行動」とは、わざと親が困るような行動をして、

その結果、それでも親は自分を愛してくれるか、
受け入れてくれるかを、確認するための行動です。  

 

ご興味のある方は、下記の記事を読んでみてくださいね。
(朝日新聞のサイトです。
ログインしないと全文は読めませんが、途中まで読むことが出来ます) 

「家庭養護促進協会大阪事務所理事 岩﨑美枝子さんに聞く
聞き手・太田啓之さん」
 
 

「試し行動」は、本能的な行動のため、
意識しなければ、制御するのは困難なようです。  

特に子供の場合には、命がかかっている必死の行動なので
制御は不可能です。

このドラマを観て、私の思春期の反抗は
実は「試し行動」だったんだ…と
なんと今更ですが、この年齢になって初めて腑に落ちました。

 

例えば、私はお父さん子だったので
父に何をしても、多分許してくれたし、
愛してもらえる自信がありました。
これも本能的な感覚です。

ところが、父に反抗したことは一度もありません。
 

逆に母にはとても反抗していました。
恥ずかしながら、私が離婚する事態になるまで
反抗的な行動は減ってはいたものの続いていました。

反抗しても愛される自信がある父には
反抗したことがなく、

 
反抗したら、ますます嫌われるだろう母には
あえて嫌われる行動をとる。

 
母に反抗した理由は、具体的にあるのですが、
それでも、反抗せずにすむ方法もあったのに
あえて、嫌われる行動をとっていたのは
私も「試し行動」の一種をしていたのだな、
と、納得したのです。


本当にこの人は信頼していい人なのか。

どんな私でも、受け入れてくれるのだろうか。

 

他人になら、元々そこまで期待できないので、
わざと相手を困らせるような行動をとる必要もないけれど、
 
親や家族、教師や上司、恋人、もしくは親しい友人の場合には、
つい相手の気持ちを引くために
「試し行動」をとることもあるのだな、
と思いました。

 

あえて嫌われるような行動をとること。

 

それは「愛してほしい」という本能からの
行動だったのですね。

 

私は長い間、母に愛されているどころか
好かれているという実感もありませんでした。 

だから、反抗していたのですね…。

 

私の場合、母に反対されていた相手と結婚し
結果、離婚に至ったのですが、
離婚した時に、母が私を責めずに助けてくれたのです。

その時に私の長い長い反抗期も終わりました。

愛してほしい人に愛してもらえない時
(愛されていると実感できない時)
人は理性的に愛される行動をとることが出来ず、
あえて相手に嫌われる行動をとってしまう。

 

この心理的なからくりが分かっていれば、
逆に自分が「試し行動」をされる側になった時も、

理由がわかるので、
きちんと向き合うことが出来るかもしれません。

 

相手が試し行動をした時は
それに便乗してカッとなったり、振り回される前に、

「私はあなたを思っているよ」

 
と、言葉や目で、伝えることも可能です。
 

試し行動は、相手の気持ちを確認する必要や
不安がなくなれば、
その行動自体、必要となくなり、終了します。

 

以前、私がよくいただいていた恋愛の相談でも
多かったのですが、
恋愛において、
恋人を困らせる行動をしたり、すぐに別れると言ってみたり。

つい相手を困らせるような問題行動を起こしてしまうのも、
パートナーが離れていかないかどうか、
無意識に試しているのですよね。

相手に負担をかければ、
恋人やパートナーは
元は他人なので、
離れて行ってしまうかもしれないのに
制御できない。

  
それは自分の不安からくる行動なんだと
自分で自覚していれば、

悪循環から抜け出せるかもしれませんね。

 

私もたくさんの体験をして「試し行動」から
卒業しましたが、

出来るなら、相手を試したりせず
自分のことも傷つけるような行動をせず、
素直に、
ありのままの自分で生きていけたら幸せですね。

 

ドラマを観て、良い発見をいただきました。

今日も長い文章を読んでくださってありがとうございます。

皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆

白猫

| | コメント (0)

人生というガラス瓶にまず大切なものを入れよう 「自信という最上のドレスの手に入れ方」エリカ・アンギャルさん

皆さん、こんにちは。
白猫です。 
 
お元気でお過ごしでしょうか。
 
実は、今日ご紹介する本は、
私が、1年半くらい前に読んだ本なのですが、
ノートに要点を書いたページがたまたま目に留まって、
それが、今の私に必要な情報だったのです。
 
いつでも必要な言葉は、どこからか訪れるのですね。
時空を超えて、私自身からも!
 
「自信という最上のドレスの手に入れ方」
エリカ・アンギャルさん
 
 
 
エリカさんは、栄養学のプロ。
美しさにも、心身のためにも、自分の体をコントロールすることが
大切だということを、世界に伝えている方です。
 
 
この本は、30代、40代以上の大人の女性こそ
自信を持ってほしいというメッセージ本です。
 
 
プロフィールを見ると、シドニー出身の方ですが、
日本人は若さこそ一番大切なものだと思いがちですが、
年齢を重ねたからこそ、得られる美もあるのだと、
自信をもらえる一冊です。
 
 
自信という最上のドレス
 
個性というジュエリー
 
この素敵な言葉に心をつかまれました。 
 
本からは一貫したメッセージ性が伝わってきます。 
 
人生ははかない。
だから、もっと自分に正直に。
自分自身を感動させる人生を。 
 
 
私が抜粋したポイントを紹介しますね。 
 
・背筋を伸ばす
 
・寝る前に幸せだと思ったことを3つ思い出してから寝ること。 
 
・まず、自分が楽しいと思う予定を書き出すこと。
 
・自分のためだけの理想の一日を想像して、
 自分にその一日を定期的にプレゼントすること。 
 
・誘われたら自分のポイントで10段階のうち6以下なら
 きっぱりと断る。
 すぐにOKせず、自分自身と相談する時間を作ること。
 
・好きなものだけに囲まれること。
 
・何歳になってもセクシーに。
 心の中のアイドルを持つこと。 
 
・10年後のあなたが感謝してくれるような毎日を過ごすこと。
 (今の自分を大切に。睡眠や栄養、心の健康も大切ですよね) 
 
 
そして、私が一番心に残ったエピソードを紹介しますね。
 
 
大切なものから人生を満たすこと。 
 
人生とはガラス瓶。
 
ゴルフボールは人生でもっとも大切なもの(家族、愛する人、情熱、健康)
まず、瓶にゴルフボールを入れてから、
 
小石(重要な物、仕事や物など)を入れる。
 
そして空いた隙間に砂(ささいなこと)を入れること。
 
先に砂を入れてしまうと、ゴルフボールが入らなくなってしまうのです。
 
そして、最後にコーヒーを2杯瓶に注ぐと、
いっぱいだと思った瓶に、コーヒーが染み込んでいきます。
 
どんなに忙しくても、
友人とコーヒーを飲む時間は、いつでもあるから。
 
という意味だそうです。 
 
 
実は最近知ったのですが、このエピソードは有名なのですね。
 
「ゴルフボール 瓶」と入れて検索すると、
たくさんヒットしました。
 
 
私たちの時間は有限です。
 
どうでもいいことを先にしてしまうと、
一番大切なことが後回しになってしまう。
 
いつかできると思っていて、
一生それに手を付けられないまま、
終わってしまうかもしれません。 
 
なので、自分にとって一番大切なこと、
何がしたいのか、
何をすれば楽しいのか。
 
リストにして、もしくは心の中で忘れないようにして、
まず、大切なことから、自分の時間を使うこと。 
 
それをいつも忘れないように。
 
 
皆さんも、大切なことを、他の誰かに遠慮せず
優先してくださいますように。 
 
皆さんの幸せを願っています。 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。 
また近いうちに更新させてくださいね!
白猫
 

| | コメント (0)

この世にルールはひとつしかない「運命の約束」アラン・コーエンさん

みなさん、こんにちは。
 
今日はよい本を発見したので、ご紹介させてくださいね。 
 
「運命の約束 生まれる前から決まっていたこと」
アラン・コーエンさん
 
 
進もうとする道に起こるすべてのことは、
その人自身に与えられた道であり、
全てを含めて、自分の人生である。
 
だからそれを楽しむこと。
 
 
このような冒頭のメッセージからはじまります。 
 
障害物と思えるような石があっても、
それはあなたの人生に必要だから、ある石で、
その石も含めて、あなたの人生。
 
逃げてはいけないと書いてありました。
 
 
私たちは一人ひとり、
人生のクラスを自分で決めて生まれて
きているそうです。
 
 
今のクラスが自分に合っていないのではないか、
と思う人もいるかもしれないが、
どの人も最適のクラスに入っている。
 
自分には合わないと思っている間は幸せになれない。
 
居心地が悪いなら、その場所を知ること。
その場所にいる人を知ること。
 
 
学ぶべきことがあり、
それを教えてくれるのが今の場所です。 
 
まず、自分に与えられたゾーンをマスターすること。 
 
 
とありました。 
 
困難から逃げても、同じような困難に出逢うだけ。
 
なので、その問題が自分自身のどこから起こるのかを
きちんと、自分で把握して、
それを克服すれば、
 
その場所からは卒業できるのですよね。
 
 
私が一番心に残ったのは、人生のルールは一つしかない
という部分でした。
 
 
アランコーエン氏が
スピリチュアルティーチャーに質問したときのこと。
 
 
「ルールというのは、神さまのルールですか? 
この世のルールですか?」
 
返ってきた答えは
 
「この世は、ルールというのは一つしかありません」
 
そのルールとは
 
「他の人の人生をよりよくするため」
 
「人の痛み、世界の痛みを少しでも軽減するため」
 
に添って生きているか、ということでした。
 
 
私たちが、この世に生まれてきたからには、
自分のためだけに生きるのではなく、
誰かの人生のためになっているのか、
 
ということを意識することが大切なのだ、
 
と今の私には響きました。
 
 
もちろん、自分のことを大切にするのは重要ですし、
最優先事項ですが、
 
自分のことばかりではなく、
人のことも配慮して生きていけたらいいな、
と改めて思いました。
 
 
人生で起こることは、生まれてくる前に
「こういうことをします」と
運命の約束をして生まれてくるそうです。
 
個人レベルのエゴでも、知的なレベルでもなく、
魂のレベルで起きていること。 
 
運命が変わる瞬間(次元上昇)は、
普通の人生を生きている人が、
あることをきっかけにして大きく変化するそうです。 
 
 
ある日突然奇跡が起こるイメージを持つかもしれませんが、
そうではなく、
ひじょうに深いレベルで起こるべくして起こるような出来事だとか。 
 
 
ただ、待っているだけでは何も起こることはないので、
目の前の大きな川に飛び込むこと。
 
そのあとは、川の流れに身を任せるだけだそうです。
 
必ずその瞬間は誰にでも訪れていて、
この一瞬、一瞬がエントリーポイントだとか。 
 
一度もチャンスが来ないと思っている人は、
見逃しているだけだそうです。 
 
 
そして、目の前のやるべきことを、
ひとつひとつこなしていくこと。 
 
 
運命に合うように川は流れていく。  
 
 
こういう人生がいいと
自分を取り巻く環境を空想するよりも、 
 
自分自身を成長させることで、
人生の方が(川の方が)
居心地いい場所にいつの間にかなっていく。 
 
ということだと感じました。
 
 
文字が大きく読みやすい本ですが、
物足りない方は、アラン・コーエンさんの別の本を
お読みになってくださいね。 
 
私もこれから、別の本を読んでみようかなと思っています。 
 
また読んで面白かったらご紹介させてくださいね! 
 
いつも読んでくださってありがとうございます。 
 
 
みなさんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆
ありがとうございます。
白猫
 
 

| | コメント (2)

どうせ無理とあきらめないで 「好奇心を天職に変える 空想教室」植松 努さん

皆さん、こんにちは。白猫です。
 

今日はお勧め本を紹介させてくださいね。

 

「好奇心を天職に変える 空想教室」
植松 努さん

 
「空想教室」というタイトルに惹かれて読みました。

 
 
とても素晴らしい内容に、心が震えました。
そして、多くの人に読んでもらいたい、と思った一冊です。 

  
  
植松さんは、町工場でロケットを作っています。
大会社ではなく、小さな町工場です。
    
    
植松さんが小学生のころ、
「ぼくの夢、わたしの夢」というテーマの作文に
   
   
「自分で作った潜水艦で、世界の海を旅したい」
と書いたところ、
担任の先生に呼ばれて、厳しく怒られたそうです。 
  
  
「もっと現実的な目標を書きなさい」
と注意された時、植松さんが思ったこと。 
 
 
「実現しそうなことしか、夢にしてはいけないのか」
  
「そもそも、夢とは仕事なのか」
 
「今の自分にできそうなことから選ぶのが夢なのか」
   
その疑問を持って植松さんは成長するのです。
    
   
ある大手企業に入社し、
ロケット開発に携わるものの、
ロケットに興味もなく「お金をもらって楽したい同僚」と馴染めず
退社されます。
  
  
その後、お父様の電機工場を継いで
株式会社に組織変更し、代表取締役になるものの、
ご苦労もあったようです。
  
完ぺきな社長になろうとして、弱みを見せられず、
人に厳しくなり、うまくいかなかったこともあったとか。 
 
  
このままではいけないと思い、
「ちゃんとしたふり」をやめたとたん、
運命の人、永田教授と出会ったそうです。 
 
 
そして、ロケット制作の道が開けたのです。 
 
 
植松さんはこの本を通じて、一貫してこうおっしゃっています。 
 
  
「どうせ無理」という言葉がなくなれば、
児童虐待もなくなる。

   
 
施設や学校に訪問して、そのことに気づいた植松さん。
 
「お前なんてどうせ無理」と言われて育った子供たちが
 
抑圧された怒りのはけ口を人への攻撃にぶつけたり、
自分自身を痛めているのを見て、
 
「どうせ無理」から脱出しよう、という社会貢献活動を
本業以外にされているのです。 
   
 
この本を読んで、とても心に残る言葉がありました。
そのまま、抜粋させてくださいね。
  
 
「誰もやったことがないことを、ひとりで本気で続けていると
急にさみしくなるこもあります。
 
 
自分が小さいロケットだとして、
今めざしていることが星だとしたら、
その星に向かって飛んでいくと、
その間に専門用語や専門知識が、どんどん身につきます。 
 
 
するとまわりの友だちが、だんだん、
自分の話を理解してくれなくなります。 
 
 
ひとりぼっちになって、さみしくなっていきます。
 
 
宇宙空間の真っ暗闇の中です。
 
 
でもその真っ暗闇の中を、ずーっと飛んでいけば、
いつか星にたどり着きます。
 
 
そして星にたどり着いたら、
同じように飛んできた仲間たちと出会えます。
  
   
だから飛んだ方がいいのです。
  
  
みなさんはひとりぼっちに負けないロケットです。」 
 
 
私にとって、勇気が湧いてくるメッセージでした。
 
このメッセージを私なりに広く解釈してみました。 
 
人は成長しよう、変化しようと思った時
どうしてもそれまでの仲間と合わなくなることもあると思うのです。
 
そんな時、淋しいかもしれませんが、
一人でも行動した方がいいのです。 
 
前に進んでいった時、
成長した自分を待ってくれている
新たな場所、友がいるはず。 
 
恐れず、自分が進みたい道に
一歩を踏み出せますように。 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。 
 
皆さんに素敵なことがたくさん訪れますように☆ 
 
 
白猫
 

| | コメント (0)

限界の枠は自分を守るための枠 「大きく考えることの魔術」

みなさん、こんにちは。
白猫です。 
 
 
今日も最近読んだ本の紹介と、 
私が今感じていることを書かせてくださいね。
 
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」 (紹介したブログはこちら
の本の中に紹介されていた本です。 
 
「大きく考えることの魔術 ― あなたには無限の可能性がある」 
ダビッド・J. シュワルツ さん 
 
 
まず、タイトルが素晴らしいと思います。 
 
「大きく考えることの魔術」
 
この言葉を聞いて、
みなさんは、どのような印象を抱かれるでしょうか。 
 
 
この本で書かれていることは、 
一貫して、 
 
「自分自身を過小評価せず、自信を持ちなさい
 
未来をそんなに小さくまとめず
大きく考えなさい
 
あなた自身の未来を引き寄せているのは
あなたの考え方だけ」  
 
 
というメッセージと、
大きく考えるための具体的な考え方のヒントです。
 
 
詳しくは本書を読んでいただけたらと思うのですが、 
 
最近読んだ、植松努さんの「空想教室」という素晴らしい本にも、
本書に通じる価値観がありました。 
 
 
空想教室についても、近々記事にさせてくださいね。 
 
 
自分の能力や魅力について
枠を作らず、
 
未来についても枠を作らない。
 
枠を作らないので、
願ったことがすべて叶っていく。
 
自分がそのように信じられたなら、本当にそうなると確信できるのです。 
 
 
なのに、私も含めて、
人はなぜ、限界を作りたくなるのでしょう。
 
 
私が考えたのは、
 
「限界の枠」は、
自分が安心するために作るのでは、いうことでした。
 
 
うまくいかなかった時に傷つかないために。
 
失敗したときに傷つかないために。
 
 
つまり、
「限界の枠」は
自分を守るための枠でもあるんですよね。 
 
 
なので、自分で引き受けられないほどの
大きな挑戦をする必要はないと思うのです。 
 
 
このくらいなら引き受けられるかな、という 
失敗したときや、傷ついた時の
見込みを立てて行動をしていって、
少しずつ、限界の枠を高くしていけばいいのかなと思うのです。 
 
 
それがきっと「大きく考えることの魔術」
 
 イコール 
 
「大きく考える(自分自身の魅力、
叶うだろう未来への限界を作らない)ことは、
願い事を叶える魔術ですよ」 
 
 
ということだと受け取った私です。 
 
 
興味のある方は読んでみてくださいね。 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆ 
 
このごろ、色々と湧き出していて、
書きたいことが山積みです。 
 
 
また近々更新させてくださいね。 
いつもありがとうございます。
 
白猫

| | コメント (0)

夢は自動的にかなう 「イット・ワークス 夢をかなえる赤い本」

みなさん、こんにちは。
白猫です。
 
 
GWですね。 
お仕事の方は、お疲れさまです。
 
私はカレンダー通りの休日ですが、
それでも、お休みが多いのはとても嬉しいです。 
 
しばらく忙しかったので、
心の充電(家で読書や映画三昧! 家族や大好きな友人と会う)
をしようと思っています。
 
 
さて、今日も本の紹介をさせてくださいね。 
最近、とてもいい本と出会うので、
みなさんにご紹介したくって。
 
 
「イット・ワークス 夢をかなえる赤い本」
RHJ氏 三浦 哲さん翻訳 
 
 
 
この本を知ったのは、先日読んだ本
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」  
 
に複数の面白そうな本が紹介してありました。
本書もその中の一冊です。
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」  について紹介した日記はこちら
 
 
さて、本書が書かれたのは、1926年のこと。
 
現在存在する成功法則の本の中でも、
かなり古い本にあたると思います。
 
著者のRHJ氏は匿名の富豪家とのことで、
誰だか特定できていないとのこと。 
 
そこもまた神秘ですよね。 
 
 
そして、びっくりしないでくださいね!
 
この本の薄さ。 
日本語和訳の部分については
ページにして20ページしかありません。
 
本当に大切なことだけが、
シンプルに書かれている本です。
 
 
そして、二重のびっくりは、
左から本を開くと、
英語の原文が掲載されていること。
 
さらに翻訳のポイントが、丁寧に丁寧に
書かれています。
 
 
右から本を開くと、日本語和訳(翻訳ではなく、日本語で読みやすいように
解釈を加えて書かれていると思います)です。 
 
 
私は英語が苦手なのですが、
ポイントが書いてあるので、中学生でも、
読むことができるかもしれません。  
 
 
まだ心が柔らかい、
未来ある学生の方に、
ぜひ原文で読んでもらいたい(翻訳やポイントも掲載されていますので)
と思う本でした。 
 
 
私は、翻訳は参考にしながら、
日本語メインです。(笑) 
 
 
この本に書かれていることはとてもシンプルです。
 
シンプルな法則をもっとシンプルにしてまとめると。
 
 1、1日3回、「ほしいものリスト」を読む
 
 2、「ほしいもの」を1日の中でしょっちゅう、思い浮かべる
 
 3、人にはあなたの願望を話さないこと 
 
この法則は完ぺきで、誰もが望みをかなえられる
システムだそうです。  
 
その願い事が叶うシステムや、リストの作り方などの詳細は、
ぜひ、本書を読んでみてくださいね。
 
 
ここでびっくりしたのは、
つい先日、このブログでも紹介した本
 
 「宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」」 にも
 
願い事は人に話してはいけないと書いてあったことです。 
 
紹介した日の日記はこちら
 
 
全く違う方が書いた本に、
同じことが書いてある。 
 
 
これもまた何かの強いお知らせでしょうか!? 
 
誰にも言ってはいけないということですが、
つまり、付き合う人、いう人は選びなさい、ということだと思うのです。
 
 
言うことで、相手の気持ちを計って
遠慮してしまったり、後悔したり、
水を差されて、やっぱり無理かも、と思うことになったり。
 
 
せっかくの信念を遮ることにならないために、
自分の夢は自分で守りましょう。
 
ということだと思うのです。 
 
 
これもまさにおととい紹介した本
 
浅見帆帆子さん「出逢う力」とも共通します。
 
「出逢う力」を紹介した日記はこちら
 
 
帆帆子さんの考えでは、
直観を大切にして行動すると、どんどん夢が叶っていく。 
そのためにも、自分の波動のあう人とだけ付き合うこと。
そうしないと、エネルギーが吸い取られてしまうから。
 
ということについて、細かく細かく、
事例も含めて、書いてくださっていました。 
 
 
つまりは、自分が付き合う人、
大切なことを話す人は、自分で選ばないと、
人のエネルギーや感情というのは
思っているより強いので、
影響を受けやすい 
 
 
ということだと思うのです。 
 
 
なんだか最近、読む本、読む本が
同じ方向を示しているみたいです。
 
 
もちろん、成功法則は元は一つなので
同じことが書いてあっても不思議ではないかもしれませんが、
 
 
「願望は人に話そう」と書いてある本もたくさんあるので、
「話してはいけない」というメッセージが立て続いたのも
理由があるのかなと。
 
 
私が受け取ったメッセージとしては、
話さないようにしよう、というより
大切なことを話す人、付き合う人を選ぼう、ということだろうと
感じています。
   
本当に小さな、シンプルな赤い本ですが、
興味があれば、読んでみてくださいね! 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。  
 
また近々、私の気づきや、本の紹介をさせてくださいね。
 
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆ 
 
白猫
 

| | コメント (0)

自分を自分で守ること 「出逢う力」浅見帆帆子さん

皆さん、こんにちは。
白猫です。 
 
 
最近、浅見帆帆子さんの「出逢う力」という本を読みました。 
 
帆帆子さんの本は以前から大好きで、
特に最初の頃の本は、何度も読み返していますが、
 
今回の「出逢う力」は私にとって、
かなり印象的な一冊となりました。
 
 
 
 
この本では、自分が付き合う人を
少数精鋭(少数でなくてもいいのですが、特に好きな人だけにする)
ということの重要性について書かれています。 
 
その理由は、自分の夢を叶えるために、
直観はとても重要です。 
 
 
その直観が訪れるためには、
心ができるだけ、
良いエネルギーで満たされていることが
大切だとのことでした。
 
 
ある人と会うと、なんだか憂鬱になったり、
会った後で、モヤモヤしたり、
別れてからもしばらくその人に言われたことなど
引きずってしまったり。 
 
 
これこそ「本音が感じる違和感」で
大切なシグナルとのこと。
 
 
モヤモヤした状態でいることは、
私たちが自覚しているより、
ずっとずっと重要とのこと。 
 
 
一つの部分で「モヤモヤ」がたまると

 

他の部分の運気が落ちるのだとか。
 
 
確かに、その通りだなと本を読んで実感。
 
自分の心はとても大切なのに、
あえてマイナスの作用をする人に
気持ちを持って行かれる必要はないのですよね。 
 
 
モヤモヤする人と距離を置くことで、
どんどん良い直観が訪れてくると、
帆帆子さんも実感され、
ますます良いことを引き寄せていらっしゃるそうです。  
 
例え、今までうまくいっていたとしても、
自分が変わることで、心に変化が訪れることもあります。 
 
そんな時はその気持ちに従ってよいとのこと。
 
またお互いの波長があえば
関係が戻ることもあるのですから、
罪悪感を感じることはなく、
自然に従うのがいいのだと思いました。
 
 
私の体験ですが、
 
好きな人と会っている時はとても楽しくて、
家に帰ってからも、翌日も
そのワクワク感で、顔が笑ってしまいます。
 
 
反面、自分にとってマイナスの人
(嫉妬する人、意地悪を言う人、相性が合わない人)
と会うと、別れた後、翌日も、一週間後も
大きな出来事なら、数か月後、何年経っても、 
 
その時の出来事や嫌だな、という気持ちを思い出し、
それだけで心の元気がなくなります。 
 
 
会っている間だけでなく、
日数が経ってからも、気持ちが落ち込むなんて、
すごくすごく損した気持ちになりませんか?(笑)
 
 
ただでさえ、日々生活していれば
落ち込むこともあるし、
元気がなくなることもあります。 
 
 
せめて、選べる相手なら
自分の元気を奪う人と
会ったり、やりとりをするのをやめた方が
自分を守ることになるのだと
改めて実感しました。
 
お付き合いする人は自分で選ぶ権利があるんですよね。
 
 
帆帆子さんの言葉で、とても良い言葉がありました。
 
 
好きではない人や物と一緒にいると、
自分のエネルギーが漏れていくことになる。

自分のエネルギーを守れるのは自分だけ。  

 
「この人といると楽しい」
「この人といると、自分に自信がなくなる」
 
その本音に
素直に従うことが、

自分のためなのだと思います。

 

それは、どちらがいい悪いではなく、
上でも下でもなく、
 
単なる相性の問題なのですから、
罪悪感を抱く必要はないんですよね。
 
 
私が自分自身のことも照らし合わせて
不思議だなと思うのは、
 
洋服や、身の回りのものなど、
好きなものを選んで買うのに、
人間関係だけは、なかなか自分の本音に
従えないことがあります。 
 
それは相手があることだから。
 
あえて相手を傷つける必要はないですが、
お互いに幸せな気持ちでいるためにも、
自分の心に従う方が、
長い目で見て、良いことなのでしょう。  
 
自分の心に従うと言っても、
誰かを攻撃したり、傷つけたりする必要はなく、
ただ、素直に、自分の気持ちの通りに
選択したり、行動するだけで
そうなっていくと思います。
 
 
あくまで私の考えです。
違うと思われた方はお許しくださいね。
 
 
直観について。
書きたいことがまだありますので、
次の記事に書かせてくださいね。
 
 
皆さんにとって素敵なことがたくさん訪れますように☆ 
 
いつもありがとうございます。
 
白猫
 

| | コメント (2)

過去、現在、未来は同時期に存在している。

みなさん、こんにちは。
白猫です。 
 
 
宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」
ピエール・フランク さん著
 
を紹介しました。 
 
その続きを書かせてくださいね。
 
 
過去から現在未来は、一つの線で繋がっているのではなく、
同時期に存在しているという理論を読んで、
ものすごく、腑に落ちたのです。 
 
私はあまり数学的な人間ではないので、
理屈で説明できないのですが、
 
私の中で、これは本当のことだ、
という感覚を覚えたということでしょうか。
 
 
実は、今現在も、未来は複数存在しているのです。
 
つまり、今、この瞬間に
未来は、複数存在して、
そこで色々な事が繰り広げられているのですね。 
 
 
今、私がとった選択で、
ある未来が消えていく。 
 
ある未来がリアルになっていく。 
 
シャボン玉のようなものなのかもしれません。
 
 
今、複数の未来がゆらりゆらりと動いていて、
私がとった行動により、
ふわふわと浮いている未来が、
一つ消えたり、あるものが明確になったりしていく。 
 
 
その強くなった未来に向かって、
私は引き寄せられていくのかもしれません。
 
 
そんなイメージを、本書から受け取りました。
 
 
過去から未来に一直線につながっている訳ではない。 
 
平面で重なり合い、同時期に起きている。 
 
この発想は、
私の中で、ものすごく腑に落ちたものなのです。 
 
 
私は、時々記事にも書いているので
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
海外ドラマが好きです。 
 
見ると元気になるアメリカのドラマや、
最終的には勧善懲悪となる、韓国ドラマが特に好きなのですが、
先日見た韓国ドラマで
すごく面白いタイムトラベルのドラマがありました。 
ナイン ~9回の時間旅行~
 
 
このドラマを観ると、同じ時間、同じ時刻に、
同時期に過去も現在も未来も存在し、
お互いの行動が影響しあっているのがわかります。
 
 
もちろんドラマなのでフィクションですが、
お互いに影響しあっているのが、
はっきり画像として見えるので、
イメージしやすいかもしれません。
 
興味があったら見てみてくださいね。
 
レンタルでもあるかもしれませんし、
私は動画サービスで見ていました。
 
 
現在、過去、未来が同時期に存在しているというのは、
つまり、私の今の行動如何で、
未来の現時点が変わっていくのでしょう。 
 
 
もし未来に今の自分がいたとしたら、
世界がどんどん変わっていくのを
体感していると思うのです。
 
あれ? 今ここにいたはずなのに、
過去の私が何かやったかな
 
という感覚でしょうか。 
 
 
いい方向に動けばいいのですが、
悪い方向に動いてしまうと、
未来の自分としては、不安になり、
過去に戻って、アドバイスしたくなるかもしれません。(笑) 
 
 
未来にいる自分には、
ビクビクと心配しないで生活してもらいたいですね。
 
そのためには、現在の私の選択も大切ですし、
過去の出来事をどのように解釈して
未来に繋げるのか、ということも重要なことだと思いました。 
 
 
過去に起こったあまり良くない出来事や、
自分のことなどマイナスに思いすぎると、
そのままの考え方で、未来に進んで行ってしまいます。 
 
ずっとマイナスの延長で、人生を変えるきっかけがありません。
 
 
人に頼らず、
自分で人生を切り替えないと、永遠に今のままの延長で、
人生が続いてしまうかもしれません。 
(もちろん、今の人生に満足されているのでしたら、
大丈夫です)
 
 
過去を切り替える方法としては、
過去のよくなかったことや、
自分では選べなかった環境のことなどは、
それがあったから、こうなれた、というようにプラスに解釈したり、
 
 
自分の欠点や、マイナスのことについても、
長所に転換することで、自信がついてくるように
自分で自分を仕向けることが大切なのだと思うのです。
 
 
自分の人生の中で、
自分の物事のとらえ方を変えることこそ、
マイナスの連鎖を断ち切る唯一の方法だと私は思っています。 
 
あくまで私が感じたことを直に書かせていただいています。
もし違うなと思われた方は、お許しくださいね。
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
皆さんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆ 
 
白猫

| | コメント (0)

心からの願いは必ず叶う 「宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」」

皆さん、こんにちは。
白猫です。
 
ようやく暖かくなってきましたね。
 
もうすぐGW
少し休憩したいと思っているので、待ち遠しいです。
 
さて、今日は面白い本を借りたので、ご紹介させてくださいね。
 
 
宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」
 
ピエール・フランク さん著
 
 
 
この本は、いわゆる引き寄せの法則、
願えば叶うという、願望達成の法則が書かれているのですが、
 
スピリチュアル的なことだけでなく、
科学的な根拠も書かれていて、信憑性があります。 
 
 
願えば叶う、というのは事実だと分かっていても、
なかなか信じきれないですよね。
 
 
本書を読むと、わかりやすい言葉で科学的なことが書いてあるので
すっと入ってくるのです。 
 
驚いたのは、心臓から発する電気的活動(心電図)は
なんと、2、5メートルも周囲に影響を与えているとは!!
 
自覚もできませんし、目にも見えないので
人の心臓から電気的なエネルギーが発せられているなんて
思いもよりませんでした。
 
 
その心臓こそ、願いを叶えるための
中枢ではないかということが書かれています。
(信念と感情を電磁波に変える働きをしている)
 
 
「願い」は、心底願わないとかなわないのも、納得でした。
 
頭で考えているだけでは、心のエネルギーを活用していないということなんですね。
 
 
エネルギーは目に見えるものではないので、
感覚でしかないと思っていたのですが、
そんなことはないんだ、と腑に落ちました。
 
 
例えば、この人と会うとエネルギーがもらえる。
この人と会うと、吸い取られる気がする。
 
というのは、あながち気持ちが感じた感覚的なものだけでなく、
やっぱり事実だったのですね。
 
 
同じ種類のエネルギーの人同士が集まると
素直に居心地よいですよね。 
 
 
居心地よい人、音楽、本、言葉など、
自分の感覚を大切にして、生活することで
更に願望が叶いやすくなると書いてありました。 
 
 
イメージしてもらうとわかると思うのですが、
不安なことや、嫌なこと、心配なことが目の前にたくさんあると
楽しいことに気持ちがいきませんよね。 
 
気がかりに足を引っ張られ、
楽しいことも楽しめません。 
 
 
でも、自分の心が穏やかで、
付き合っている人も、自分が選んでみている本や映画なども
全て安心できるものばかりなら、
楽しいこと(願い事)に、安心して向かい合えると思うのです。
 
 
そういう意味で、つくづく、付き合う人も重要だなと実感しました。
 
近々、記事に書かせていただきたいと思っていますが、
浅見帆帆子さんの「出逢う力」には、人間関係だけに焦点を絞って書かれていて、
本書を読んで、さらに納得しました。
 
 
頭で、この人と付き合っている方が得かも、
というのは、居心地よさとは違いますよね。   
 
また、会うと嫌な思いをしたり、元気を吸い取られたりするのに
その些細な気持ちを、私たちは軽く扱いすぎだと思ったのです。 
 
 
例えば、どうしても選べないことはあると思うのです。 
 
家庭とか、職場とか。 
 
でも、選べる人間関係なら、自分が本当に居心地よい、
楽しいと思う人だけ、お付き合いすることがとてもとても
重要なのですね。
 
 
理性、損得、罪悪感などは一度横に置いておいて、
自分の本音で生きた方がいいのだと思いました。
 
 
また、自分の願いは、人を選んで口にすることの重要性についても
書かれています。
 
自分が話したことを、聞いた人が面白く思わないのを察知して、
遠慮したことはありませんか?
 
 
逆に馬鹿にされたり、軽く扱われたりすると、
そこまでのことでもないかも…
と思ってしまい、あきらめてしまったり。
 
 
それは誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。 
 
 
こんな素敵なことがあった、ということを話した時に、
相手が面白くない顔をすれば、
嬉しい気持ちを顔にするのは遠慮してしまいますよね。 
 
それは、波動が合わない、という一つの証拠だと思うのです。
 
 
願いごとを口にすると人がご縁を引き寄せてくれる
という法則も、あちことで耳にしますが、
やはり相手を選ぶと思います。 
 
願いごとだけでなく、自分が大切にしている思いや気持ちは、
相手を選んで口にする。 
それが自分を守ることだと思いました。
 
 
本書では、
私が一番、なるほど!!と思った気づきがあります。 
 
 
未来、現在、過去について、興味深いことが書いてありました。 
 
 
ここがすごくお伝えしたいことなのですが、 
長くなりますので、次の記事に書かせてくださいね! 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように☆
 
白猫

| | コメント (0)

より以前の記事一覧