セミナー受講

はづき虹映さん出演 セミナー体験記 10/9 大阪

皆さん、こんにちは。

最近、多忙であまり更新できなくてすみません。

書きたい気持ち、書きたいことはたくさんあるのですが、気がつくといつも深夜。早く仕事に慣れて、自分の時間が作れるようになりたいです。

それを楽しみに今は目の前のことを、一生懸命頑張ります。

すっかり遅れましたが、10/9(土) 大阪でのセミナーについて、ご報告させてくださいね。

 

===========================

★磯馴勇司さん 公式ブログ http://ameblo.jp/room-serapy/

部屋を綺麗にすることで、運勢が良くなるということを伝えてくださいました。

部屋を綺麗にすることが難しいなら、せめて机の上だけでも、と知り、実行しようと思っている私です。

★ぴこたんさん 公式ブログ http://ameblo.jp/wizardpico

魔法の言葉を操るぴこさん。give and giveの気持ちで、幸せを与えてくださる講演でした。 

「私は世界で一番素晴らしい。接してくださるあなたも世界で一番素晴らしい」

この言葉が一番心に残りました。セミナー後のDVDプレゼントに人が殺到して行列ができ、郵送対応になったほどです。

 
★瀬川菜月さん  公式ホームページ http://www.ee-happiness.com

アンパンマンのキャラクターにあてはめて、自分がどのタイプかをその場で教えてくださって場が湧きました!
紅一点で華やかな場を提供してくださって感謝です。

 
★おのころ心平さん 公式ホームページ http://onocoroshinpei.com/

胸をはって悲しい気持ちにはなれない。うつむいて笑うことはできない。
人の心は身体と連動している。
そして、臓器すべてに心がある。

身体と心の関係を楽しく説いてくださった講演でした。

 

★はづき虹映さん 公式ホームページ http://hazuki-kouei.com/ 

誕生数秘学のはづき虹映さん。数字の秘密を紐とき、とても面白く教えてくださいました。

来年、2011年は4の数字の年で停滞だそうです。でも、だからこそ、今やっていることを続けること。
そして諦めないことが大事だと教えてくださいました。

本当に素晴らしい講演でした。また皆さまの講演をお聞きしたいです!

| | コメント (0)

メディアセミナー「プロの絶品! 減塩花見弁当試食会」レポート

今日はメディアセミナー「プロの絶品! 減塩花見弁当試食会」にブロガーとして招待して頂き、出席させて頂きました。

場所は八芳園。かなり以前、同僚の結婚式に訪れた以来です。懐かしい雰囲気でした。

とても雰囲気が良い会場で、外でも中でも礼儀正しいスタッフの方がお出迎えしてくださって、とっても好印象な気持ちではじまりました。

 

オープニング後、名古屋市立大学大学院 心臓・腎臓血圧内科学教授 木村 玄次郎先生の講演でした。

とても温和で素敵な雰囲気の先生で、分かりやすい説明は勉強になりました。

100311_120323

簡単にポイントをまとめます。

1、食塩の摂取量と景気のグラフは一致している。(現在は不況なので、多少減っているが、日本人は元々過剰摂取国なので、もっと減らしたい)

2、加工食品、ファーストフードに含まれる塩分を摂取すると、喉が渇いて、ソフトドリンクを飲みたくなる。ソフトドリンクには砂糖が含まれていなくても、塩分が含まれているのが危険

3、日本人の1日平均11gの塩分摂取量を6gに減らすと、薬で治療している人の延命率より、食事のみで延命する人が増える。

4、DUSH食が一番良い(野菜、果物、低脂肪乳製品 中心の食事)

5、塩分を多くとると、尿で排泄する際に血圧があがるが、DUSH食は血圧をあげずに利尿の作用がある

 

素晴らしい講演の後、つきぢ田村三代目 田村隆 氏の減塩食の説明と会食タイムでした。

100311_123353

田村さんは、とてもスピーチが上手で、笑いを含めてとても楽しく減塩食を作るポイントを教えて頂きました。

  

1、薄口しょうゆを使う

2、だし汁を中心に味付けする

3、ポイントで酢を使う

4、適度な甘味は利用する。

5、素材の味、食感を楽しむ (歯ごたえ、こんにゃく、柔らかいなど混ぜる)

6、料理全てに塩分を使わなくても、塩味のあるものと、ないものを交互に食べることで満足できる。

  

通常5gのお弁当を、今日は1.9gで作ってくださったそうです。

細心の注意をはらって作ってくださったそうですが、家庭では、秤ではかることはしなくても、直接塩をふりかけるなどしなければ、簡単に減塩食は作れそうです。

味付けに酢を利用したり、だし汁で味付けするだけで、美味しく減塩できることが分かりました。

また、昆布を水1ℓに入れて冷蔵庫に常備しておくだけで、美味しいだし汁を常備出来るそうです。このだし汁に鰹節やしょうゆを入れるだけで味も変化出来ますよね。

 

また、つきぢ田村さんでのだし汁はとっても美味。

中身は、めじまぐろ節、かつお節、真昆布だそうです。本当に美味しかった!

100311_125426 料理は申し分ない絶品でした!

一つだけ希望を言えば、やはりお刺身には醤油が欲しかったなあ。これで塩分がほんのちょっとあがっても、欲しかったのが本音でした。

こんなに美味しい幕の内は食べたことがありません。

料金は、お店で頂くと6000円だそうです。美しく栄養バランスも良く、美味なので当然でしょう。

ご馳走様でした☆

100311_124649  つきぢたむらさんのロゴはどれも可愛い☆

でんでんむしにお魚にシェル。美味しい料理だけど、ロゴは可愛らしい。

そのアンバランスがなかなか粋ですね!

いつかお店に訪れてみたいです。

 

最後に、減塩食に加えて、ウォーキングも血圧を下げる効果があるそうです。病気になる前に、予防が大事ですよね!

良い時間を有難うございました☆

皆さんの参考になれば、嬉しいです。

塩を減らそうプロジェクト

ブログネタ: 減塩なのに絶品!!プロが作る花見弁当の味を教えて!参加数拍手

| | コメント (2)

境界性人格障害 公開講座受講

みなさん、こんばんは。

今日は、都立松沢病院精神科 林直樹先生の、「境界性人格障害」についての公開講座を受講してきました。

境界性人格障害は、他の呼び方としては、ボーダーライン、境界性パーソナリティ障害などの呼び方をするようです。

なぜ境界性と呼ぶかというと、統合失調症と正常との境界に位置するからだそうです。

 

実は以前から人格障害については興味があり、色々な本を読んでいました。(職場にさまざまな人格障害に当たる言動をされる方が複数いたため、接し方を知りたくて、色々な人格障害について勉強しました)

 

今日は人格障害の中でも比較的多いと言われる、ボーダーラインについて講義がありました。

 

前半は境界性がどのような病気かについて。後半は、治療について、家族のかかわり方についてでした。

 

どのような症状があるか、簡単にまとめると、

1、見捨てられ不安が非常に強い。後追い衝動が強い

2、他人に対して、過大評価と過小評価の両極端を揺れ動くため、相手への評価が不安定で激しく、対人関係がうまく成立しない

3、自己を傷つけるような行動がある

4、感情的に不安定

5、空虚感

6、激しい怒りがあり、制御できない

7、ストレスに関連した妄想

 

以上はあくまで簡単にまとめたものですが、この中のいくつかが当てはまるとボーダーラインの可能性があるそうです。詳しくは本などで調べてみてください。(私は専門家ではないので)

 

私がそうではないかと思う人に関しては、かなり感情の起伏が激しく、妄想があるため、人を疑い、また、人の気持ちを気にしすぎて、感情が高ぶり、仕事になりません。 

激しく怒るかと思うと、泣いて謝ったり。いったりきたりしてなかなか制御できないようです。

 

まだ社会に参加できる人は軽い方かもしれません。参加できない方も多くいらっしゃるようです。家庭内での暴力や、事件を起こすなどもあるそうです。 

 

家族は、見守りつつ、時に励ましたり、注意したり、支えることも大変なようです。 

林先生がお勧めされていたのは、「BPD家族会」に参加し、共有されることをお勧めしていました。

私の職場の同僚は、やはり、ある人に頼り相談し、絶賛していたかと思うと、相手が親身になって伝えたことで腹を立て、憎しみに燃え上がり押さえきれない怒りを表したりします。

かと思うと、いつも自分ばかりが損をしている、みんな自分だけに冷たいと泣き続けて、みんなが仕事にならないなど、負担がとても大きいのですが、家族ではないため、非常に接するのが難しいのが現実です。(本当のことを言えば、もっと大騒ぎになるため、言えないのです)

 

人の心や精神はとても複雑で、周囲の愛情と、医師との連携で、改善していくのだと分かりました。

 

簡単ですが、レポートです。

重い話ですみません。読んでくださって有難うございます。

 

それではまた明日。おやすみなさい。

 

| | コメント (0)

トリシア・カエタノさんのヒーリングセッションに参加しました

昨日は、トリシア・カエタノさんの、ヒーリング集団セッションに参加してきました。
 
 
トリシアさんはとても素敵なオーラのある、本当に癒される女性でした。
笑顔がチャーミングで、時に笑いも混じり、本当に気さくで優しく、温かな心の方で、一目でファンになってしまいました。
 
 
しかも、引き寄せたのか、たまたま行きのエレベーターで一緒になり、ごあいさつできたのも、とってもラッキーでした☆
友人と一緒に参加したのですが、友人いわく、「白猫ちゃんが引き寄せたのよ! 運がいい」と言ってもらえて、その言葉でまたラッキーを2度味わった感じです♪
 
 
ところで肝心のセッションですが、あくまで私の個人的な感想ですが、海外の方のセッションは私には合わないと思いました。
 
  
理由としては、私はあまり英語は得意ではないのですが、それでも、トリシアさんの英語がとても綺麗で丁寧なため、なんとなく理解できるのです。その後に日本語の通訳の方の言葉が繋がってくるため、脳がその2つを処理するのに精いっぱいになり、瞑想が途切れてしまう感覚でした。
 
 
そういう理由で、自分の中にゆっくり浸る時間が少なくなる感じがしました。
ちなみに今回の通訳の方は、とても上手で、違和感はありませんでした。念のため付けくわえさせていただきます。あくまで2ヶ国語がきついということだけなので。
 
 
英語がネイティブに理解できるのなら、通訳の入らない個人セッションなら得るものは多いと思いますが、私の場合、日本人の方のセッションやセミナーの方があっているようです。
 
 
それが分かっただけ、参加して良かったです。
でも、トリシアさんは、とても素敵な笑顔の方でした。
 
私もあのような、癒しとオーラのある女性になりたいと思いました☆
 
読んでくださって有難う!
 
 

| | コメント (0)

問題解決セラピスト養成講座 3、4回目受講レポート

今日は、週末に受けていた心理学セミナーのレポートを書かせてください。

現在も受講中ですが、9月からはじまった、矢野惣一先生の、問題解決セラピスト養成講座を受講中です。

 

10月24日、25日は、2ヶ月目で、解決志向ブリーフセラピーと、交流分析のエゴグラムを学んできました。

 

解決志向は私がとても好む感覚です。

なぜなら、私個人がもともと、問題を抱えて同じ状態でいることが、とても苦手なタイプだからです。

さっさと解決して、明るい気分に戻りたい、せっかちタイプです。

もちろん、そうなれない人の気持ちも、とっても理解できますし、どちらにもいい部分とそうであい部分があると思っています。(私が正しい訳ではないという意味です)

 

ちなみに、何か起きた時に、どうしたら問題が解決するか、ということをまず考えるのは、どちらかというと男性の方に多いそうです。

男性か女性かで区別するつもりはありませんが、どうしても性差というのはあると思うのです。

女性の特徴としては、悩んでいる時は、解決策よりも、その悲しい感情に浸り、その気持ちを分かってほしいと思うそうです。

誰かが理解してくれれば、前を向けるんですよね。

でも、なかなか周囲に、しっかり話を聞いて、理解してくれる人がいないと、辛いかもしれませんね。

そんな時は、私個人の考えですが、自分自身を大事にして、優しくしてあげてほしいなと思います。自分で自分を理解してあげてくださいね!

 

話は戻って、昨日習ったことでとてもよかったことがあるので、このブログで共有させてください。

 

ブリーフセラピーの中心哲学3つ

 

1、うまくいっていることは、変えずにそのまま続ける

2、一度やってうまくいったら、再びそれをせよ

3、うまくいかないのであれば、違うことをせよ。うまくいかない方法を続けるな。

 

4つの発想の前提

 

1、変化は絶えず起こっていて、必然である

2、小さな変化は大きな変化を生みだす

3、「解決」について知る方が、問題と原因を把握するより有用である

4、クライエントは、彼らの問題解決のためのリソース(資源・資質)を持っている。クライエントが、(彼らの)解決のエキスパート(専門家)である。

 

いかがでしょうか。

小さな変化が、大きな変化をもたらすというのは、すごく実感として分かります。最初はまず、小さな一歩ですよね。まず、小さな小さな行動が、その人自身を大きく変えることもきっとあると思います。

 

ところで私は、すごく奇妙なセレンディピティを経験しました。

 

土曜日に上のことを学んだ翌日の、日曜の早朝、「私は良いことを、はそのまま続けているだけなんです」という声にハッとしました。

 

テレビから流れているCMだったのですが、高齢の男性が、縄跳びの世界一記録を保持していて、それを保つ理由が、何十年もゴマを食べているおかげだと、おっしゃっていたのです。 

 

矢野先生がおっしゃるには、人は、悪いことが起きると、どうしてこうなったんだろうと考えるが、良いことが起きた時、もしくは、平常の状態(つまり平安なのでうまくいっているということ)に、それがなぜなのかを、考えない。 

 

一流のスポーツ選手は、うまくいっている時にこそ、それを考えているということでした。

すごい発見です。

 

私も、うまくいかなかった時にこそ学びはあると思っていましたが、平凡な日常から何かを探そうとはあまり思っていなかったかもしれません。

 

これからは、良いことの中から、良いことに至った原因探しをして、それを膨らませていきたいと思います。

 

エゴグラムも興味深かったので、本を読もうと思っています。興味深い発見があれば、また本のブログにアップさせてくださいね!

 

読んでくださって有難う☆

 

| | コメント (2)

ピンチをチャンスにかえる☆ 本田健さん講演会レポート

9月5日、本田健さんの「ピンチをチャンスに変える質問力」セミナーに参加してきました!

初めての本田健さんのセミナーでしたが、とても得るものが沢山ありましたので、セミナーレポートを書かせていただきますね♪

2時間セミナーで得たことを、逆から書かせていただきます。(石井裕之さんの、潜在意識と付き合う方法についての本を読んだばかりなので、試してみます)

 

■ どんな問題が起きたとしても、その問題より自分の方が大きい!

 たとえどんな問題にぶつかっても、その問題より自分の存在や価値、キャパシティの方が大きいのだ。大したことない、ない! 大丈夫!

■ 本当に愛している場合、その結果がどうなったとしても、自分は自分らしく愛していけばよいと思える。結果を手放して考えられる。 

  絶対に相手からの見返りがほしい、うまくいかないと許せないというのは執着

■ 愛するとは静かに見守ること

■ 何かの行動を起こそうとすると、自分の弱点をついてくる人が必ずいる。まず、両親、子供、親友など、近い人がそれを言ってくる可能性が多い。

 → 対策としては、言われるであろうことを書きだしておく。

そのことで、大したことないと思えるかもしれない。心の準備をしておく

■ ライフワークをしている時は、自分がやっている! という感覚はなく、もっとクールに眺めることができる。その結果に自由を与えてあげたいと自然に思う。(認めてくれてもくれなくても、どちらでもOK)

■成功した10年後の自分が、今の自分にアドバイスするとしたら、何という言葉をかけてあげたいか、考える

■ ピンチに追い込まれた時こそ、自分の能力がフル回転する。新たな自分の才能が見つかることがある。

 つまり!

 ピンチになると、新しい自分を発見したり、新たな進路のドアが開いたりなど、良い展開になる。ピンチが来たら、わくわくしよう♪

■ セルフイメージが高い人は成功する! 根拠がなくてもいい。自分がどう思うかで決まる

■ お金の入る回路は複数ある方が良い

■ そしてまた最後に。

 どんな問題が来ても、自分の方が大きい!

 以上です。

 2時間が20分と思えるほど、あっという間でした。すごく深くて楽しくて、得るものが大きいセミナーに感動です。

 また、本田健さんのセミナーに参加したいです♪

 私は書くと叶う。ということを知り、実際に今年から始めているのですが、本田健さんの本を読んでから、その分かち合いの考え方にすごく感銘を受けて、今年、手帳に、

「本田健さんと会ってお話をする」

 ということを、書かせていただきました。

 昨日のセミナーの後の懇親会に誘っていただき、人見知りの私ですが(人にこれを言うと笑われますが本当です)、思い切って参加させて頂いたところ、本田健さんがいらっしゃって、直接お話しすることができました。

 書いたから叶ったのだとビックリ。何より、良い流れに感謝です。

本田健さんの分かち合いの気持ちを、生で伝えていただいたことがとても嬉しかったです。本当に素敵な1日でした!

 このブログを読んでいらっしゃる皆さんにも、その喜びを分かち合いと思い、書かせていただきました。

 「幸せは独占しなくてもたくさんある。お互いに分かち合うことで、幸せを増やして共有していこう」という考え方って本当に素敵です。

 私も人にHAPPYを伝えていきたい! と新たに決意しました。

最後に、本田健さんのお人柄を感じるかのように、オフィスのスタッフの方たちも、皆さんすごく素敵で、輝いていました☆

読んでくださって有難う♪

| | コメント (0)

ケーラーコミュニケーション PCM セミナーの体験記

こちらの記事で紹介した心理学のセミナーについて、ご紹介しますね!

 

ケーラーコミュニケーション PCM

 

私はこのセミナーを受講したことがある、というだけですが、とても良かったので、著作権に触れない範囲でお伝えします。

 

アメリカの臨床心理学者テービー・ケーラー博士が生み出したコミュニケーションモデルです。

人は生まれながらにして6つのパーソナリティタイプを持ち合わせています。

それをコンドミニアムの形で、階段型のように持っているのですが、どれがベースか、で表面的な印象が決まり、どのパターンで持っているかで、性格が決まり、今、どれを使って生きているか、で現在の心理状態や好むものがわかります。

  

自分を知ることで、自分を愛することができるようになる。

そして、人を知ることで、その人を受け入れやすくなる。

一番納得したのが、人はそれぞれ、認識パターンが違う。だから皆が一致しないのだということを知ることで、他者を受け入れやすくなることができました。

この心理学モデルは実際に体験してみると、本当に納得することばかりです。

「なぜあの人はわかってくれないんだろう」

「なぜ、私は人と違うんだろう」

「私はどうして、こういう時に落ち込むんだろう、イライラするんだろう」

と感じていたストレスが氷塊します。

 

その人それぞれによって、嬉しくなる褒め言葉も違えば、居心地よくなる部屋も違います。

また、ホッと落ちつく、自分を満たす方法もそれぞれ違うのです。

(たとえば、人とワイワイはしゃぐと楽しくなる人もいれば、一人で部屋にいるのが楽しい人もいるのです)

 

相性がいい人や苦手な人がいることも、理論的に判明しますので、スッキリします。

感覚的に生きている人も、理論的に生きている人にも、両方が納得する心理学モデルだと私は感じています。

このセミナーを受けることで、私は自分を客観的に知ることができました。自分を満たす方法を具体的に知って行動が変わりました。

 

そして、無理に人と合わせようとせず、自分と一致する部分で付き合っていくのが楽だなあ、ということを感じています。

 

もちろん、皆が同じ感想を抱いてくださるかはわかりませんので、あくまで、私の感想です。

参考になれば嬉しいです☆

読んでくださって有難う。

| | コメント (0)