« 2020年 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 祈り »

自分の人生の選択を自分でするということ 映画「リンドグレーン」


皆さん、こんにちは。白猫です。

今日は、昨年末に観た映画について紹介させてくださいね。


映画「リンドグレーン」

長靴下のピッピ、やかまし村のこどもたち、ロッタちゃんなどを創作した
児童文学作家のアストリット・リンドグレーンの半生について描かれた映画です。

https://eiga.com/movie/91662/


ほんの少しネタバレを含むあらすじになります。
これから観られる予定の方は、気を付けてくださいね。

 

 


あらすじ↓
ーーーーーーーーーーー
主人公のアストレットという女性は、
子どもの頃から自己主張がハッキリしていて、
人に左右されない信念を持った女性です。

若くして新聞社に勤めるのですが、その所長と不倫して妊娠してしまうのです。


その所長が離婚訴訟中で、
不倫して子供が生まれることを知られたら罪に問われるというので、
アストリットは、海外で子供を出産して、
その子を里親に預ける選択をします。

秘書として働きながら、時々子どもに会いに行く選択をするのです。
その所長を助けたい気持ちで、泣く泣く生まれたばかりの子どもを預けるのです。
それはとてもとても辛い選択でした。

子どもは里親を本当の親と思っていて、
アストリットに懐きません。

数年経ち、不倫相手の所長の離婚が成立して、
結婚しようと言われるのですが、
所長の自分勝手な行動に不信感を抱いて、
主人公は結婚しないで一人で生きていくことを選択するのです。

ここからも大変な人生になるのですが、あらすじはこのへんで。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
あらすじ終わりです。

 

 


この映画を観て私が感じたのは、
頭のいい女性でも、自分の感情に負けてしまうこともあるということ。
それが人間ですよね。


そのような間違いをしてしまいましたが、
生活ができないからといって、望まない結婚をせず、
一人で自活することを選んだリンドグレーン。


アストリットは、一度の選択の失敗に、
人生の最後まで振り回されず、
自分の意志で人生を歩くことで、自分の人生を引き受けられたのです。


成功談は後からついてくることで、
全員が有名作家になれる訳ではありませんが、
成功したことは結果論で、それを知らない時に、
人生をどう選択するか、ってとても大事だなと思ったのです。


未来がわからなくても、例え間違っても、
気づいたら途中で修正することが出来ればいいのだということ。
 
 
そして、損とか得ではなく、自分がどうしたいか、自分が大事にしている思いは何か
信念は何か、ということを軸にして決断したことは、
例えどのような結果になっても、引き受けていけるのだということ。


そのようなことを、私はこの映画から気づきを得ることが出来ました。


ホームページを開設した当時から、
私が思っていたこと。

それは、自分の人生を自分で引き受けることの大切さです。

間違っても、何度でも選択しなおせること。
そして、人のせいにしないこと。

そうすることで、人を恨むことなく、
すべての裁量権を自分で持つことが出来るからです。

 

自分で引き受けられる人生は幸せです。

誰に遠慮することも、誰に指示されることもなく、
大変でも自分で切り開いていけるのですから。

 

選択って、自分でするから引き受けられるんですよね。


人からみて損だなと思われたり、
それはどうなんだろうと思われたとしても、
自分の心に正直に選んだ結果なら、それでいいんだと私は思うのです。
(もちろん、誰かを故意に傷つけたり、不幸にすることは望みませんが)

 

人がどう思うかではなく、
自分がどうしたいか。

 

それが人生を引き受ける上で、大事なことなんだな、と再認識した私です。

リンドグレーンがえがく児童文学の主人公は、
みな生き生きとしていて、生命力にあふれ、自由です。

リンドグレーンが小説を通じて、
読者である子ども達に伝えたかったことは、
きっと、私が感じたことなのではないか、と思う私です。


今日も読んでくださってありがとうございます。

皆さんに素敵なことがたくさん訪れますように☆

白猫

|

« 2020年 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 祈り »

私らしく生きる」カテゴリの記事

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

白猫さま
お変わりないですか?
どうかご無事でいらしてくださいね。

投稿: なむ | 2020年4月24日 (金) 10時24分

なむさん

こんにちは。お久しぶりですね。お元気ですか?
実は最近、なむさんとお会いしたことを、懐かしく思い出していました。

なむさんにたくさん良いことが訪れていますように。

お陰様で、私は元気です。

なむさんとのご縁に感謝。
いつもありがとうございます。

白猫

投稿: 白猫 | 2020年4月26日 (日) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 祈り »