« 拒絶すると大きくなる | トップページ | 自分の人生の選択を自分でするということ 映画「リンドグレーン」 »

2020年 明けましておめでとうございます。

皆さん、あけましておめでとうございます。 
2020年。令和2年が明けましたね。

今年がみなさんにとって、素晴らしい1年となりますように。
お祈りしています。

私も楽しみながら頑張ります。

2019年は、私にとって、おそらく人生で一番忙しい1年でした。
ブログも全く更新する余裕がなく、そのままにしてしまってごめんなさい。

昨年について、軽く近況報告させてくださいね。

本業の秘書の仕事以外に、ご縁があって、副業をしながら
民間資格ですが、上位資格試験のための勉強と、
さらに、指導者になるコースを週末に受講していたため、
休日が少なく、レポートに追われる1年でした。

仕事のあと、夜も週末も少しでも時間があればレポートを書く日々。
しばらくレポートは見たくも書きたくもありません。(笑)

指導者の試験の結果はまだわかりませんが、
上位資格は無事に取得できました。
 
ところが、学びを深めれば深めるほど、
驚くくらい自分が無知であることを知る日々。

どんなに学んでも、実践しても、一生届くことのない山を前に
このまま上に進むには心もとないと自分で気づき
3月から放送大学で心理学の講座を受講もはじめました。

放送大学って、やってみてわかったのですが、
ものすごく面白いです。

基礎的な内容ではありますが、知識の土台となる部分を知ることができます。
好きな教科を好きな数だけ勉強できるのです。
特に制約もありません。

すべて自分の選択で決められます。
その裁量権が充実感を生むんですよね。

人から与えられた勉強の場は、苦痛なのに、
自分が選択した勉強の場は、幸せをもたらしてくれるのです。

大人になって幸せになるというのは、
この裁量権の部分なのでしょうね。

正直、ぼーっとする時間も必要なので、
テキストを読む時間をとるのもギリギリですが、
学びは深い湖のように、どこまでも尽きることない水があり
それがとても嬉しいのです。

ちょっと知ったら終わってしまうのでは、私のような好奇心旺盛なタイプは
すぐに飽きてしまいますから。

死ぬまで学びが続くと思うと、心が躍るようです。
私って変わってますよね。(笑)

 

プライベートでは、お陰様で両親は健在ではあるのですが、
母が足腰が悪くなり、父の面倒をみれないとのことで、
2年半前から父を引き取って、同居しています。

家庭内でも、息子と高齢の父との間で
葛藤があるなど、心ザワザワすることもありますが、
なんとか、回している状況です。

また、昨年は、お別れの1年でもありました。

私は養女として今の両親に引き取られて育てられたのですが、
まだ若いのに、兄2人のうち、上の兄が急死しました。
また、叔母の旦那さんである叔父も急死しました。
叔父も亡くなるには、まだまだ若い年齢でした。

昨年、2人の近しい親戚を亡くしたことで
命の有限性について、また、準備なく人は亡くなるのだということを体感しました。

亡くなったあと、残された人たちに、
寂しいという思い以外にも、
現実的に高齢者の介護があったり、
思うようにやりとりができなくなるような関係性であったり
そのような辛い現実が待ち受けていました。

私にも生活があり、実際に手を貸すことが出来ず、
私にできることは、葉書きを書いたり、話をしたりする以外、
祈ることしかできません。

自分のキャパを知ることは、
すべてを引き受けられないことを自分で自覚することでもありました。

自分の出来ることをするしかない。

自分以外の人は、大切な家族であっても
その人自身が、自分の人生を引き受けていくしかない

それを再確認した1年でもありました。


このような事情で、昨年は、大好きな友人たちにも会う機会が少なく、
大好きなお出かけ(散策や買い物、映画など)にもあまり行けませんでした。

大好きな洋服は時折ネットで買ったり、
たまたま買い物をしたついでに観たりする程度でしたが、
新しい洋服を着ることは、私の心の健康に直結するようです。

今年は学びと仕事を両立しながら、ワクワクするものを発見に
外に出かけていきたいです。

自分の好きな学びのためであっても、
忙しいというのは、心を亡くします。

今年は、心豊かになるような学びや仕事の方法を、
編み出していきたいと思っています。

今年はブログで気づきをシェアしながら、自分自身に定着させていきたいです。

長い近況報告を読んでくださってありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆

白猫

|

« 拒絶すると大きくなる | トップページ | 自分の人生の選択を自分でするということ 映画「リンドグレーン」 »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

白猫さん
試験合格おめでとうございます❗️さすが、コツコツ努力を積み重ねた結果ですね。やりたいことがあって、学ぶ楽しみがあるのはとても幸せだと思います。
また、お辛いことがあったとのこと。心からお悔やみ申し上げます。自分の器を知ること、自分ができることを知ることの大切さもわかる気がします。
白猫さんの近況を聞かせていただき、わたしも頑張ろうと思いました。
先行き不透明ですが、今できることをやる、大切なことを見失わないようにしたいです。
お大事にお過ごし下さいね。

投稿: ぱんだ | 2020年4月11日 (土) 21時29分

ぱんださん

こんにちは。
お久しぶりですが、ぱんださん、御家族のみなさんはお元気ですか?

コメントをいただき、とても嬉しかったです。
お返事が遅れてごめんなさい。

私は元気でやっています。
私こそ、ぱんださんが頑張っていることを思い出し、
頑張るのをやめたくなる気持ちを盛り上げてきました。

またそのことは、今度お伝えさせてくださいね。
本当に感謝しています。

ぱんださんもお気をつけてお過ごしくださいね。

いつもありがとうございます。

白猫

投稿: 白猫 | 2020年4月26日 (日) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拒絶すると大きくなる | トップページ | 自分の人生の選択を自分でするということ 映画「リンドグレーン」 »