« ご縁とソウルメイトについて思うこと  | トップページ | 訪れた気づきと、その意味について思うこと »

チャンスをつかむということ

みなさん、こんにちは。
白猫です。
 
大変ご無沙汰しています。
 
 
色々な気づきがあると、
ブログに書きたい!といつも思いながら、
昨年から今年にかけて、あまりに忙しくて
その時間すら作れず、あっという間に1年が過ぎてしまいました。 
 
ようやく、レポートの作成も落ち着いてきたので、
今日は久しぶりに更新させてくださいね!
  
 
あれこれ書きたいことをメモに残してあるのですが、
最近、「これはすごい引き寄せだ!」と
嬉しくなるような出来事がいくつかありました。
 
私だけでなく、お知り合いの方のことでもあるのですが、
聴いてくださいね。 
 
まず、50代後半の女性の方のお話しです。
  
 
その方は定年まであと数年というところで、
退職を決意されました。
 
理由は会社のためです。
 
その方は人材育成のお仕事をされていて、
社内で中心的な人物だったのですが、
その方に頼り切っていて、どんなに進言しても後任を育てさせてもらえなかったそうです。
 
そこで、このまま、自分がいると後進が育たないと思い、
家庭環境もそれを許したので、退職を志願されたそうです。
  
それが受理された後のこと。
その会社の親会社の重役の方とたまたまお話しする機会があり、
退職することをお伝えしたところ
本当にやりたいことは何だったのか、と聞かれたそうです。
 
 
そこでその女性の方は、ご自身の志を世間話レベルでお話しされたところ、
なんと、退職後に、親会社の人材育成の改革者として来てほしいと切望され
スカウトされたのです。 
  
 
これは、普通はあり得ないレベルのことだそうです。
  
 
その方になら起こって当然のことだと私は思いましたが、
一般的には定年退職を数年後に控えている方が、
グループ企業ではなく親会社にヘッドハンティングされることになったのですから
大抜擢です。
 
 
社会人人生の最後をかけて、人材育成に尽力されるとおっしゃっていて、
私まで胸が高鳴りました。
  
 
このことで私が感じたのは、
1、日ごろから、丁寧に生きていること
2、やりたいことが明確化していること
3、ご縁を大事に育てていたこと 
 
必要な流れで、その人が必要なタイミングで
その人を必要とし、かつ、活躍できる場に移行できるよう、
仲介した重役の人との再会があったのです。
 
不思議な流れですが、すべては必然なのだな、
としみじみ実感しました。
 
 
そして、当然のことですが、その女性の心の美しさと人間力は
本当にすばらしく、私も心から尊敬しています。
  
 
今回のヘッドハンティングは、その女性にとってもチャンスですが
実は、会社にとっても大きな財産を手に入れたのですから、
お互いにとって幸せなことだと思いました。
 
チャンスをつかむには、普段から準備が必要ですが、
パッとそのチャンスをつかむ瞬発力も大切かもしれません。
 
 
最近、私が経験したことを、少しだけ書かせてくださいね。
  
  
今持っている資格の上位資格を取得するため、
去年からスピードアップして、かなりの授業を受けてきました。
 
 
その中で、私が過去にあまり得意としていなかった、
人前でプレゼンをしたり、研修講師をしたり、という授業も受けました。
 
 
苦手だからこそ、影で色々と努力してきた成果が、少しつかめた感触もありました。
  
そんな中、ちょうどたまたま企業研修の授業を受けた際、
自分で作った研修プログラムを持ち歩いていたところ、
ご縁があってある会社の代表の方に、
プレゼンをさせていただける機会がありました。
 
  
あくまでその時はプレゼンの練習をさせてもらおう、
という軽い気持ちだったのが、
「この研修、うちの会社でやってみませんか?」とお声をかけてもらえたのです。
 
 
その時のびっくりな気持ちときたら。(笑)
 
 
本当にそのようなことを望んでいたのか?と想像すると、
実際はよくわからないのですが、
そのお話をいただいた瞬間「受けないと後悔する!」という心の声を自分でキャッチしました。
 
 
本当は文章を書いている方が好きですし、
一対一のカウンセリングの方が、
私の本領を発揮できるとずっと思っていました
 
しかし、昨年から、様々な分野の勉強をするにあたり、
一対一では限界があること。
多くの人や組織に関わっていかないと、問題は解決しないことなどを体感し、
ファシリテーションの勉強もしてきました。
 
 
そこでいただいたお話しに、私は「お願いします」とお返事しました。
 
設定されたのは、2週間後。
 
あっという間にその当日を迎え、
生まれて初めての企業研修をさせていただくことが出来ました。
 
 
仲間内で開催するワークショップでファシリテーターをしたり、
身内でのセミナーの講師などは複数の経験はありますが、
お金をいただき、依頼された公の研修講師は初めてです。
 
 
相手は初対面の社員さんたち。
そこでの反応は本当に学びになりました。 
 
やはり私が考えている方向性は間違っていなかった、という確信も持てました。
 
それは「本音での対話を大事にする」「自分らしさを大切にする」「自分主体で生きる」という
私の価値観を入れたプログラムを採用していただき、実践できたことです。 
 
 
若手社員のみなさんの最後のフィードバックで
「本当に本音なんて話せるのかな、と思ったけれど、話せてすごく良かった」
「自分が何を大事にしたいのかを確認できた」
「自分らしさを考える機会をもらえた」
 
 
などの言葉をもらえて、それが私の宝物になりました
 
もちろん、もっとこうした方が良かったということはたくさんあるので、
次回に生かしたいと思っています。
何より、私の価値観を柱にした研修プログラムを
そのまま導入してくださった、企業の代表の方の懐の広さに
感謝しかありません。
 
何しろ「自分らしさ」とは、転職したいという願望も触発する危険性があります。
そのことをお伝えしたところ、
「無理に人を縛ってもいいことはない。
社員の成長の先に転職があるなら、それはそれで応援したい」との言葉を聞き、
耳を疑い、また感服しました。
 
人は籠に入れても出ていく時は出ていきます。
その人らしさを生かすことが、会社に貢献する人材を育てることにもつながる
私の方針を採用していただき、とても嬉しかったです。
感謝の気持ちでいっぱいです。
 
私がやりたい夢は色々とあるのですが、
ここ数年、社会に貢献したいという気持ちが多くなりました。
本業以外の時間を使って、カウンセリングや研修講師などの方法を通じて、貢献していければという願いがあります。
 
 
私自身の成長のためでもあります。
 
この4月からは、カウンセラーの後進育成のためのカリキュラムにも参加します。
 
 
このブログを通じてずっと伝えてきたことを、
実際の世界でもそれを伝えたいと思い始め、
2つの思いが一つになることがこれから増えてくるといいなと思いながら、
自分の行く道を模索中です。
  
またたくさんお話ししたいことがあるので、
ブログを通じて、聞いてくださいね!
 
みなさんにとってたくさんの幸せが訪れますように☆
読んでくださってありがとうございます。白猫
 

|

« ご縁とソウルメイトについて思うこと  | トップページ | 訪れた気づきと、その意味について思うこと »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご縁とソウルメイトについて思うこと  | トップページ | 訪れた気づきと、その意味について思うこと »