« 初めての介護サービス(父のこと) | トップページ | 別れの儀式に思うこと »

他人事と思わず即対応すること

みなさん、こんにちは。白猫です。
じめじめした毎日ですね。
みなさんはお元気ですか?
 
今日は実際に私が遭遇した話を聴いてくださいね。 
 
 
つい先日のこと。
 
仕事から駅への帰り道、道路の真ん中に缶コーヒーの空き缶がおいてありました。
 
道路の真ん中に置くなんて非常識だな、と思い、頭の片隅で、
「拾ってゴミ箱に入れた方がいい」という考えがよぎりました。
 
運貯金をするのが好きな私は、通常なら拾って処理するはずでした。
 
ところがその日は「面倒くさいし、まあ、いいか」と思ってそのまま通り過ぎたのです。 
 
 
その数秒後!!
 
突然足に何か水がかかったような感触があり、
私の横を、先ほどの缶が飛んで通り過ぎていきました。
 
びっくりして後ろを振り返ると、
「ごめんなさい、間違って蹴ってしまいました」と男性がいい、
あたふたと逃げていきました。 
  
つまり、私が横目で見て通り過ぎた缶を、
後ろを歩いていた人が誤って蹴ってしまったということでした。
 
中にまだコーヒーが残っていて、
コーヒーは見事に私のスカートと足にかかったのです。
 
私はその日、薄い色のスカートをはいていました。
慌てて、持っていたウェットティッシュでスカートのシミを拭き、応急処置をしました。
 
不思議と怒る気持ちは起きませんでした。
 
それよりも、「やっぱりあの時の直感に従っておけばよかった」
という反省の気持ちが湧いてきたのです。
 
 
まず浮かんだのは、空き缶が道路の真ん中にあったら邪魔だなあ、という気持ち。
それを放置したのは、自分が通り過ぎれば関係ないから、という考えでした。
それは一瞬で起きて過ぎた感覚です。
   
 
自分さえ良ければいい、というほどのエゴもなかったのですが、
皆も自分でよけるだろう、という認識はありました。
 
そのように思った瞬間、まさに数秒後に災難が自分に降りかかるという
スピードの速さにびっくりしました。
 
 
今回の出来事は偶然と片付けてもいいのですが、
あえて私は、「自分ではない誰かが被るはずの被害を、自分が被ることもあるのだから、自分がされていやなことは、率先して対応しよう」という学びを得ました。 
 
 
もちろん、急いでいる時やできないこともありますが、
できる時はしていきたいと思います。 
 
 
私がそのことを身をもって学ぶように、教えてくれたのだと感謝しています。
 
 
コーヒーがかかるくらいなら大したことではありません。
事故に遭って気づくことに比べたら、本当に些細なことです。 
 
 
この程度の事象で学ぶことが出来て私はラッキーだな、と思いました。 
 
 
そう、加えて思ったのは、
嫌なことがあっても、そこに学びを得ることが出来れば、
怒ることもなく済むので、精神的にいいということです。
いつもそのように思えるかどうかはわかりませんが!(笑) 
 
 
それではまた更新させてくださいね。 
みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように☆
 
白猫

|

« 初めての介護サービス(父のこと) | トップページ | 別れの儀式に思うこと »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての介護サービス(父のこと) | トップページ | 別れの儀式に思うこと »