« 我慢しているんじゃない? 「今日もていねいに。」松浦弥太郎さん | トップページ | ご縁をつなぐ不思議について »

嫉妬しない秘訣 

皆さん、こんにちは。

白猫です。 

 

ふと思ったことがあるので、聞いてくださいね。

 

最近、私の周りに
 
明らかに「良いこと」が訪れている人、

「よい出会い」が訪れた人からの報告が増えてきました。

 

私は周囲の人が幸せであることで、
私の心も安定するタイプなので、
嬉しいニュースをお聞きすると、とても嬉しく、温かな気持ちになります。

 

私が人の幸せを喜べるようになったのは、
(事柄によっては、喜ぶところまでいけなくても、
過度に妬まなくいられるのは)

 
色々な体験を経ているからだと思います。  

 

プライベートな体験も書かせていただきますので、
あくまで客観的なお話しとして聞いてくださいね。

 

まず、私の成育歴が影響しています。 

私の母は感情のままに生きるタイプ。
さらに、マイナス気質でした。
  

そんな母の、
ものすごい感情の波に振り回されて育った私は、
母が穏やかで幸せなら、私も幸せになれるのに、 

と、ずっとそう思い続けて暮らしてきました。

 
何しろ、当時はこのような母ですから、
友人もいず、専業主婦だったので、
ストレスのはけ口もなく。
 
家族にぶつけるしかなかったのかもしれません。

更に母は嫉妬深かったため、
母の嫉妬に毎日のように揉まれているうちに、
嫉妬は愛情じゃない。
エゴを押し付けているだけ
、と感じました。

 

まず、自分の負担を減らしたい。

 

私の欲求の一番上の方に、
身軽でいたい、自由でいたい
という欲求があるのは、
以上のような成育歴からくるものだと私は思っています。

 
ちなみに母は60代半ばくらいから
私に対してはかなり穏やかに接してくれるようになりました。

それにも理由があるのですが、また別の機会に聞いてくださいね。
 

次に、10代後半ごろに、人は人、自分は自分、という価値観になりました。

隣の人に幸せなことが訪れて、それをうらやましいと思って妬んでも
自分にその幸せが訪れる訳ではないこと。
 

つまり、明らかなよい出来事は、個人的なものであって
人に嫉妬してもしょうがない、と線引きが出来るようになったのです。 
 

これはどうしてそうなったのかな、と思うと、
私がピアノを勉強していたからではないかな、と思っています。

 

人がどんなに上手に弾けたとしても、

それをうらやましく思っても、自分自身の腕が上がる訳ではない。

 

だとしたら、練習するしかない。

そもそも才能の差についても、感じるものがありました。

  
最初から嫉妬の感情がない訳ではなく、

たくさん持っていた私だから、
外に向けるより、自分の行動に結び付けた方が健全でいられる

という割り切りが出来たのかもしれません。

 

自然と、人は人、自分は自分と思えるようになっていきました。

 

もちろん、私も人間です。

人をうらやましいと思う気持ちもあれば、
嫉妬する気持ちも持っています。

 

ただ、そのネガティブな思いにいつまでも囚われていると、
「私が好きな私」ではいられない、と思うのです。

自分を好きでいたい、と思う気持ちの方が、
いつでも、嫉妬の感情より上回るのです。

 

そして、最近、また新たな気づきがありました。

 

身近に良いニュースが訪れるということは
私にもそのようなニュースが訪れる前触れ。
 
もしくは訪れているという証だと気づいたのです。 
 
 
なぜなら、類は人を呼ぶ、というように
幸せな人の周りには幸せな人が集まるから。
 
 
周囲にうらやましい、と思うくらい素敵な人が増えたなら
それは間違いなく、自分も同じように素敵な人になっているということ。
(抵抗があっても、そう思いましょう!)
 
 
願いがかなった、という嬉しいニュースが
たくさん届きはじめたということは、
私も、願いがかなったよ、というニュースを
人に伝える日も近いということ。
 
 
なんだか、そんな空想をしていたら、
ワクワク、嬉しくなったので、記事にさせていただきました☆
 
 
皆さんの周囲にも幸せな人が増えてきたり、

 

幸せなニュースが増えてきたら、

 

 

 

「次は私」って楽しみにしてくださいね。
 
 
そして、周囲に「私は不幸だ、あの人のせいだ」
と、人の悪口や妬みばかり言っている人たちに
もみくちゃになって囲まれているより、
 
 
少しうらやましいな、と思うくらいの
素敵な人、幸せな人、穏やかに暮らしている人たちに
囲まれている方が、
ずっと負担がなく、自分自身も幸せになれるんだ、って
想像して、実感してみてくださいね。
 
 
周囲の人10人くらいが、みんな人の妬みばかり言う人たちだったら
(実はそういう職場にいたことがあります)
本当に心が折れそうになります。 
 
 
キラキラしている人たち
キラキラしたいと思っている人たちが
周囲にたくさんいる方が、
相乗効果でキラキラ輝けることは間違いありません☆
 

 

 
皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆ 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
また近々更新させてくださいね。
白猫

|

« 我慢しているんじゃない? 「今日もていねいに。」松浦弥太郎さん | トップページ | ご縁をつなぐ不思議について »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

白猫さん、こんばんは。

まさに最近、周りから立て続けに嬉しい報告を受けたところです。
聞いた瞬間は、こちらまでとても嬉しくなり祝福したのですが、家に帰ると、それに比べて私は〜‥と考えてしまい、こんなこと考えるなんて、心から祝福してない証拠じゃないか⁈と自分を責めてモヤモヤしていたところでした。

白猫さんの、類は友を呼ぶの言葉が心に響きました。
周りが幸せなのは、自分の幸せでもありますね。

投稿: あみ | 2016年12月 7日 (水) 21時34分

あみさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
素直なお気持ちを書いてくださって、嬉しかったです。
  
まさにあみさんがおっしゃる通り、
私も、人と比べて落ち込んでしまったり、
人のことを心から喜べない時に、
私の心が狭いなあと思う瞬間があります。
 
それでもやっぱり周囲が幸せな方が、私は嬉しいのです。 
 
共感してくださって嬉しかったです。
 
優しいあみさんにたくさんの幸せが訪れますように☆
白猫

投稿: 白猫 | 2016年12月 8日 (木) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我慢しているんじゃない? 「今日もていねいに。」松浦弥太郎さん | トップページ | ご縁をつなぐ不思議について »