« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年ありがとうございました

いよいよ2016年も終わりです。

みなさん、今年もありがとうございました🌸

2016年はみなさんにとって、どんな一年でしたか?

記憶に残る出会いや、出来事はあったでしょうか。

みなさんにとって、2017年が素晴らしい一年となりますように。

マイペースですが、更新していきますので、
来年もよろしくお願いします🌟

読んでくださるみなさんに感謝をこめて。

良いお年をお迎えくださいね。

ありがとうございます。

白猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご縁をつなぐ不思議について

みなさん、こんにちは。
白猫です。 

暮れも押し迫ってきましたね。
 
しばらく更新できなくてごめんなさい。
 
今月は少しエネルギーが切れたようで、
やらなければならないことも遅々として進まず。
   
 
本当なら今月中に終わらせるべき課題が終わっていなくて、
年末ギリギリですが、
なんとか底力を出して終わらせよう、と決意したところです。 
   
 
ところで、みなさんもご存じだと思いますが、
東洋の暦で言うと、
一年の始まりは、2月の節分の日からです。
 
ですので、本当の「今年」の終わりには
まだ1か月くらい余裕があります。(笑)
   
 
さて、今日はご縁の不思議について聞いてくださいね。
  
 
私は以前から、人と人とのご縁を繋ぐ経験を
何度かさせていただいたことがあります。
 
 
深い意図はなく、何気にとった行動が、
後で思い返すと重要な出会いのきっかけを作らせていただいていた
というような体験です。
 
  
重要な出会いの媒介については、
直感で紹介したり、直感で一緒に食事をしたりというレベルです。 
  
  
そこからの繋がりで、ある人にとって、人生の通過点で必ず出会うべき人
(人生を思い返したとき、記すべき人)
に出会っていくのを、何度も見させてもらいました。
 
 
今年もそのような媒介の経験をしたように思います。
今年つないだご縁が、今後どのようになるかは未知数ですが、
将来に影響するご縁をつなげたのではないかな、と想像しています
 
 
人と人とのご縁は、本当に不思議です。
 
意図して何かできるようなことではなく、
決まっていたことの筋書きに、私が動かされたような体感なのです。 
 
 
ある人がこのようになりたいという希望があり、未来がある。
 
現時点では、そのために必要な人が誰かも、自覚されていません。
 
 
詳しいことは少しぼかしますが、
本当にあった話です。
 
Aさんという方が起業されました。
 
3年前のAさんは、起業など露ほども考えていらっしゃいませんでした。
 
起業する3年ほど前、
偶然、私がBさんを紹介することになりました。
 
AさんがBさんから聞いた話がきっかけで
人生の目標が絞られました。
 
その後、Aさんが努力され、
直観を大切にして行動したことで
ご縁やチャンスが整い、
Aさんは起業されることになったのです。
今も順調に進んでいらっしゃいます。
 
 
その道のりは、Aさんが意図してそうしたというより、
そのようになっていった、というような
川の流れを見ているようでした。
 
 
Aさんが起業するのはAさんの人生にとって
必要な出来事というか、決まっていたことではないかな
と私は後になって腑に落ちたのです。
 
Aさんにとって起業することが必要だったということは、
宇宙レベルで、社会としても、
起業してもらうことが必要だったのだろうと思うのです。
 
なぜなら、エゴ(自分の欲)だけでは、
良い展開は起こらないからです。
 
 
もし、私がAさんにBさんを紹介しなかったらどうなったでしょう
きっと、他の人からBさんを紹介されただろうと私は想像しています。 
 
ですので、私が重要だったと言いたい訳ではないのです。
 
一つ言えるのは、Bさんを紹介するのは私が最短のルートだったのかな
と思うのです。
 
 
その時はわからなくても、
後で思うと、自分にとって重要な出会いや、
このご縁がなかったら、今の自分はない。 
 
というようなことは
どなたでも必ず何回か経験されていると思います。  
 
 
良かったら、振り返って考えてみてくださいね!
 
不思議な偶然が重なって出会った方こそ、
人生にとって重要な人だった、ということがあると思うのです。
 
 
例えば計画的に、何かを達成したいから、
そのためにこの人に会うことが必要だと考えて、
積極的に行動する方法もあります。 
 
これは自分でターゲットを決めて、ご縁を作っていく方法です。
 
この方法は、自分の頭で考えた計画であり、
頭で考えている以上、自分の能力を超えたことは起こりません。
    
  
それよりも面白いのは、
自分で計画していないけれど、
漠然と心の中に希望や、信念、思いなどがあり、
それを心に持っていることで、引き寄せる運命やご縁です。
 
 
その出会いは、自分では想定していない、
ものすごい出会いだったりするかもしれません。
 
想像もしていなかった人生が開けるかもしれません。
 
 
縁には良い縁、悪い縁があります。  
 
  
このご縁がなければ、詐欺にあわなかった。
こんなひどい目にあわなかった。
 
 
などの悪縁もあるかもしれません。
 
 
良い縁を引き寄せるには、
やはり自分自身が良いご縁にふさわしくなるための、
最低限の努力は必要だと思います。
 
 
他にも、直感を大切にする。
直観を感じたら行動する。
 
心の中にかなえたいものがある。
熱意がある。
 
なども、
引き寄せる力を強くする一因かもしれません。
 
 
必要なご縁は必ず訪れるんだな、
と人とのご縁を媒介させてもらったことで、
しみじみ実感した、2016年の私です。
     
みなさんにとって、良いご縁が訪れますように☆
いつも読んでくださってありがとうございます。 
年内にまた更新させてくださいね!
 
白猫

| | コメント (0)

嫉妬しない秘訣 

皆さん、こんにちは。

白猫です。 

 

ふと思ったことがあるので、聞いてくださいね。

 

最近、私の周りに
 
明らかに「良いこと」が訪れている人、

「よい出会い」が訪れた人からの報告が増えてきました。

 

私は周囲の人が幸せであることで、
私の心も安定するタイプなので、
嬉しいニュースをお聞きすると、とても嬉しく、温かな気持ちになります。

 

私が人の幸せを喜べるようになったのは、
(事柄によっては、喜ぶところまでいけなくても、
過度に妬まなくいられるのは)

 
色々な体験を経ているからだと思います。  

 

プライベートな体験も書かせていただきますので、
あくまで客観的なお話しとして聞いてくださいね。

 

まず、私の成育歴が影響しています。 

私の母は感情のままに生きるタイプ。
さらに、マイナス気質でした。
  

そんな母の、
ものすごい感情の波に振り回されて育った私は、
母が穏やかで幸せなら、私も幸せになれるのに、 

と、ずっとそう思い続けて暮らしてきました。

 
何しろ、当時はこのような母ですから、
友人もいず、専業主婦だったので、
ストレスのはけ口もなく。
 
家族にぶつけるしかなかったのかもしれません。

更に母は嫉妬深かったため、
母の嫉妬に毎日のように揉まれているうちに、
嫉妬は愛情じゃない。
エゴを押し付けているだけ
、と感じました。

 

まず、自分の負担を減らしたい。

 

私の欲求の一番上の方に、
身軽でいたい、自由でいたい
という欲求があるのは、
以上のような成育歴からくるものだと私は思っています。

 
ちなみに母は60代半ばくらいから
私に対してはかなり穏やかに接してくれるようになりました。

それにも理由があるのですが、また別の機会に聞いてくださいね。
 

次に、10代後半ごろに、人は人、自分は自分、という価値観になりました。

隣の人に幸せなことが訪れて、それをうらやましいと思って妬んでも
自分にその幸せが訪れる訳ではないこと。
 

つまり、明らかなよい出来事は、個人的なものであって
人に嫉妬してもしょうがない、と線引きが出来るようになったのです。 
 

これはどうしてそうなったのかな、と思うと、
私がピアノを勉強していたからではないかな、と思っています。

 

人がどんなに上手に弾けたとしても、

それをうらやましく思っても、自分自身の腕が上がる訳ではない。

 

だとしたら、練習するしかない。

そもそも才能の差についても、感じるものがありました。

  
最初から嫉妬の感情がない訳ではなく、

たくさん持っていた私だから、
外に向けるより、自分の行動に結び付けた方が健全でいられる

という割り切りが出来たのかもしれません。

 

自然と、人は人、自分は自分と思えるようになっていきました。

 

もちろん、私も人間です。

人をうらやましいと思う気持ちもあれば、
嫉妬する気持ちも持っています。

 

ただ、そのネガティブな思いにいつまでも囚われていると、
「私が好きな私」ではいられない、と思うのです。

自分を好きでいたい、と思う気持ちの方が、
いつでも、嫉妬の感情より上回るのです。

 

そして、最近、また新たな気づきがありました。

 

身近に良いニュースが訪れるということは
私にもそのようなニュースが訪れる前触れ。
 
もしくは訪れているという証だと気づいたのです。 
 
 
なぜなら、類は人を呼ぶ、というように
幸せな人の周りには幸せな人が集まるから。
 
 
周囲にうらやましい、と思うくらい素敵な人が増えたなら
それは間違いなく、自分も同じように素敵な人になっているということ。
(抵抗があっても、そう思いましょう!)
 
 
願いがかなった、という嬉しいニュースが
たくさん届きはじめたということは、
私も、願いがかなったよ、というニュースを
人に伝える日も近いということ。
 
 
なんだか、そんな空想をしていたら、
ワクワク、嬉しくなったので、記事にさせていただきました☆
 
 
皆さんの周囲にも幸せな人が増えてきたり、

 

幸せなニュースが増えてきたら、

 

 

 

「次は私」って楽しみにしてくださいね。
 
 
そして、周囲に「私は不幸だ、あの人のせいだ」
と、人の悪口や妬みばかり言っている人たちに
もみくちゃになって囲まれているより、
 
 
少しうらやましいな、と思うくらいの
素敵な人、幸せな人、穏やかに暮らしている人たちに
囲まれている方が、
ずっと負担がなく、自分自身も幸せになれるんだ、って
想像して、実感してみてくださいね。
 
 
周囲の人10人くらいが、みんな人の妬みばかり言う人たちだったら
(実はそういう職場にいたことがあります)
本当に心が折れそうになります。 
 
 
キラキラしている人たち
キラキラしたいと思っている人たちが
周囲にたくさんいる方が、
相乗効果でキラキラ輝けることは間違いありません☆
 

 

 
皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆ 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
また近々更新させてくださいね。
白猫

| | コメント (2)

我慢しているんじゃない? 「今日もていねいに。」松浦弥太郎さん

皆さん、こんにちは。
白猫です。
 
今日はとても素敵な本と出会ったので紹介させてくださいね。 
 
「今日もていねいに。」松浦弥太郎さん
 
ていねいに生きること。
 
 
純粋に、この言葉が持つ響きが好きです。
 
 
日々、慌ただしく過ごしている私にとって
ていねいに生きることは目標でもあります。 
 
 
どんなに忙しくても、大変でも
そんな風に見えずに、爽やかに生きる 
というのも私のテーマのひとつです。 
(なかなか難しいですが!)
 
 
さて、この本は、暮しの手帖の元編集長である、
松浦弥太郎さんの
生き方の工夫のようなエッセンスのような本です。 
 
 
松浦さんの生きる上での信念、
柱のようなものを教えてくださる一冊。 
 
1つのエッセンスは3ページほど。
読みやすく、気付きもたくさん。 
 
 
共感することがたくさんあり、
さらにそれを実行していらっしゃる松浦さんについて
お会いしたことはないにも関わらず、身近に感じ
そして尊敬しました。
 
 
一部抜粋させてくださいね。
 
「毎日が自分プロジェクト」
 
自分だけの小さなプロジェクトを作るだけで、
日々が生き生きしてくる。 
 
松浦さんはおいしいハーブティを入れることや、
ギターを気持ちよく弾けるようになることなど
自分プロジェクトにされているそうです。
 
 
 
「出会う人は先生」
 
この出会いから自分は何を学べるのだろう?
そのような視点でいれば、嫌だなと思う人からも
学ぶことがあり、すべてが感謝にかわる
 
 
「与えるスケール」
 
会社や国が自分に何をくれるだろう
と待っているだけでは成長しない。
 
自分が接する人に何を与えられるのか
そのスケールが大きくなることが成長 
 
 
「嘘のしっぽ」
 
あ、これは見栄だな、嘘だな
とわかっても、あえて追及せず
さらっと受け流し忘れてしまう。
 
なぜなら、真実の追及より大切なのはその人の存在だから。
 
 
「手足をいつくしむ」
 
自分の手足を大切に。
爪を切り、クリームを塗り、大切にする。
 
差し出された手が、
例えアレルギーがあっても、作業で荒れていても
手入れしてある手は、
美しく信頼できる人だと思えます。
 
 
 
「欲張らないルール」
 
本当にほしくないものを
必要以上に欲張らない。
 
欲張りすぎると、自分の品格に影響が出てしまうから。
 
 
「自分をなくす幸せ」
 
生きていれば、人と争うことも
自己主張する必要があることもあります。
 
我欲のために生きる毎日の先に最終目的はなく、
もっと広い世界、自分をなくす幸せ がひらけています。
 
自分を知るために懸命に生き
その先に自分をなくす幸せがあるのです。 
 
 
「とことん休む」
 
生きていく最小単位は「自分」
自分以外、自分にてを差し伸べられる存在はない。 
 
辛い時は
声を上げてわんわん泣きましょう。
自分が抱えている闇そのものと向き合えば、
いつか必ず乗り越えられます。
 
松浦さんは、乗り越えられていない友人にこうおっしゃるそうです。
 
 
「泣き足りていないんだよ。どこかで我慢しているんじゃない?」
 
この言葉を読んだ時、
私の心に何かが響きました。
 
 
寝る前にワンセンテンスを読むだけで、
大切なこと。ていねいに生きるエッセンスを
思い出させてくれる一冊です。 
 
 
紹介したこと以外にも、
たくさんの素敵な気づきが詰まっていて、
私にとって宝箱のような本が増えました。
 
 
自分がすぐに実行できることもあれば、
時間がかかることもあるかもしれません。
 
そもそもピンとこないこともあるかもしれません。 
 
 
それは人それぞれなので、
無理に同調する必要はないと思います。 
 
私には私の
皆さんにはみなさんの、
 
「ていねいに生きる」エッセンスを
探すヒントにできたらいいですね。
 
 
良かったら読んでみてくださいね。 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。 
 
皆さんに素敵なことがたくさん訪れますように☆
白猫
 

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »