« 辛いトンネルから抜けた時  | トップページ | 悩みの渦中にいる時 アクセプタンス&コミットメント その2 »

過去と未来を考えない アクセプタンス&コミットメントその1

皆さん、こんにちは。

白猫です。

 

あっという間に9月も半ばになりました。

あれ、あれ、と思っている間に…。過ぎる速さに全くついていけていない私です。

 

大きなレポート提出は締切日にギリギリ間に合ったのですが、

燃え尽きたまま一週間が経ってしまいました。

 

今回学んだのは認知行動療法ですが、本当に興味深く、

知っていれば誰であってもプラスになると確信できる療法です。

 

信念(ビリーフ)の書き換え、自動思考の存在に気づくことは、

知識として知っているだけでも、誰にとっても

お得な内容だと目から鱗の連続でした。

 

今、途中まで記事を書いています。

記事をまとめたら、アップさせてくださいね!

 

今日は認知行動療法という幅広い治療法の中から、

今、話題のマインドフルネスを含んだ、

アクセプタンス・コミットメントセラピーの

ほんのほんのさわりのエッセンスだけご紹介させてください。  

 

とてもいい思考法なので、このことは先にみなさんにお伝えしたい!と

思ったのです。

 

私もまだまだ勉強中なのですが、

えらい先生が書くものより、もしかしたら勉強途中の私が書くものの方が

分かりやすい可能性もあるかも、と思い、僭越ですが書かせてくださいね。

もし違うところがあれば教えてください。私も書きながら学びを深め、定着させていただいています。

 

今、はやりのマインドフルネスは、認知行動療法のひとつの療法で、

「今、ここ」に注目する手法です。

 

人間が落ち込んだり、不安になるのは、

どういう時だと思いますか?
 

それは、過去や未来を考えた時です。

 

過去のことを考えると後悔が湧いてきたり、

うまくいかなかったことを思い出して落ち込んだり、

未来のことを考えると、不安になったり。

 

つまり、過去と未来を考えなければ、

人間は多くの悩みを手放すことが出来るのです。

 

「今、この瞬間」に注目することはとても生きやすくなることなんですよね。

 

とはいえ、悩みは消える訳ではないですし、

辛い苦悩の中にいれば、色々なことを考えてしまうのも事実です。 

 

そんな時、呼吸法や瞑想をすると心が落ち着き、

リラックスする効果があります。

ウォーキングをしたり、音楽を聴いたり、歌を歌うなど、

皆さんにあった方法でリラックスされるのがいいと思います。

 

簡単な瞑想方法について、紹介させてくださいね。

 

ゆったりと椅子に座り、軽く目を閉じてみてください。

呼吸していることに意識を向けて、苦しくも辛くもない

楽な呼吸をしてみてください。

 

心が穏やかになったら、目の前に川が流れているとイメージしてみてください。

 

その流れの中に、悩みや問題、食べ物のことなど、

あれこれと浮かんで、流れていきます。

 

そのひとつひとつに反応せず、

「ああ、そこに問題があるな」

「こんなことを私は思ったんだな」

 

と、客観的に俯瞰して、ただただ、そこにあることを認識するだけに留めるのです。

 

「ひとつひとつに反応しない」

 

専門の先生がたくさんいらっしゃるのに

私が書くのも僭越ですが、マインドフルネスは、
簡単に一言にすると、私にとってはそのようなイメージです。

 

物事を俯瞰してみること。

客観的になること。

すぐに反応しないこと。 

 

「私って駄目だな」と仮に思ったとしても、

「私って駄目だな、と私は思った」というように

私は思った、という言葉を後ろにつけてみてください。

 

たったそれだけで、問題と距離を置くことができます。 

瞑想しながら、浮かんできたことを、客観的に

自分のことではないように、

「ただ、そこにある」と捉えることが出来ると、

心が穏やかになることを、少しでも体感していただけたらと思います。

 

とはいえ、過去や未来を考えなくても、

俯瞰してみることが出来たとしても、

実際には現実の悩みや苦悩は消えてはくれません。

 

今、この瞬間にある悩みに着目すれば、ちっとも楽になりません。

 

そんな時、どうしたらいいのでしょう。

 

長くなったので、次の記事に続きますね。

 

いつも読んでくださってありがとうございます。白猫

 

|

« 辛いトンネルから抜けた時  | トップページ | 悩みの渦中にいる時 アクセプタンス&コミットメント その2 »

プチ心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辛いトンネルから抜けた時  | トップページ | 悩みの渦中にいる時 アクセプタンス&コミットメント その2 »