« 過去と未来を考えない アクセプタンス&コミットメントその1 | トップページ | 悩みはあっても夢を追いかける アクセプタンス&コミットメント その3 »

悩みの渦中にいる時 アクセプタンス&コミットメント その2

皆さん、こんにちは。白猫です。

 

昨日の記事の続きです。

 

早速ですが、みなさん、船に乗っていて

突然海に放り出されたシーンをイメージしてみてください。

 

驚いでもがけば、おぼれてしまうのは想像できますよね。

 

そんな時は冷静に海に体をゆだねれば、

波と共に浮かび、漂うことが出来るのです。

(実際に体験していないのですが、理にかなったイメージでしょうか)

 

また、アクション映画などのシーンによくある、

寝ている部屋に水が流れてきて

水没させられるシーンです。

 

主役は冷静に、上の隙間にある空気の場所を探して

顔を出し、一命をとりとめ、次の手段を考えます。

 

慌てた人は水を飲んで溺れてしまいます。

 

これが現実の苦悩との対処の仕方と似ているのです。

 

アクセプタンスを和訳すると、「受容する」という意味合いになるそうですが、

苦しみをそのまま受け入れるのは、とても苦しいですよね。

 

とはいえ、苦しみの中でもがいたり、なんとかしようとすると

余計に深みにはまり、よい解決策が湧くどころか、

もっと悪い状況になることも多々あります。

 

なにより、心のためにも負荷がかかりすぎて、良いことがありません。

 

悩みの中もがくのは、海におぼれる状態と似ています。

 

苦悩の海に放り出されたら、

一度その苦悩を受け入れ、

その苦悩に身をゆだねてみるのが実は一番楽なのです。 

 

具体的には

 

1、逃げずに、戦わずに、苦悩を観察してみる

   私を苦しめているのは、本当は何なのだろう? とじっくり向き合ってみてください。

   例えば、転職がうまくいかずに苦しい場合、未来や過去を考えず、
今ここを考えてみてください。 

 実は一番心配なのは、良い仕事につけるかどうかより、
周囲の目や家族の期待、お金がなくなることが心配だったりするかもしれません。

  問題の一番の本質を把握すれば、敵を弱点を把握したのと同じで、

  少し安心できます。

 

2、静観してみる。

  ただただ、そのままじっとし、苦悩に身を委ね、苦悩と一体になってみるのです。

  落ち着いたら、作戦を練るといい案が浮かぶ可能性が高くなります。

 

3、悩みはそのまま置いておいて、それ以外のことをやる

  いわゆる、その悩みはそのままにして、
  それ以外のことに一生懸命集中してみてください。

  辛い時に心を無理に元気にしようと思っても
  人の心は簡単に、思う通りには変化してくれません。

  余計空回りして、疲れたり苦しくなったり、
  なかなかうまくいかないことで、自分を責めてしまっては逆効果です。

 

 まず、悩みはそのままそこにある、と存在を受け入れた上で、

 家の片づけをしたり、やり残してたこと(ゴミ出しや人に借りた物を返す、いらないものを処分する、周囲の人の力になれることを探して、自主的にやってみる) 

 など、いわゆる、悩み以外のことに取り組むことで、 
 気をそらしていると、
 悩みの存在が小さくなっていきます。 

 

 こうして書いていると、いわゆる悩み、問題に人格はありませんが、

 実は私たちの気を引きたくて、あれこれ問題行動を起こしてしまう人間とも似ていますよね。

 

 辛い時は余裕はありませんが、
 一度悩みを自分の子どもと思い、 

 どうして私を困らせるのかな? とじっくり話を聴いてあげてみてください。

 

 その問題が起こった、本当の原因と

 その問題が起こったことで、何が一番自分にとって困ったことなのか

 

 を、世間体とか対面ではなく、真の理由を探すのもひとつです。

 そして、その本質を受け入れてあげてください。

 

 それが自分自身の持っている答えなのですから。

 

 問題によっては、具体的な初期対処が必要なものがあるかもしれません。

 
 それはもちろん、手を打った上で、

 そっとしておくのは、心の中の不安や苦しみを
 なんとかしようとせず、そっとしておくという意味です。

 問題以外のことに集中して打ち込むことで、
 問題そのものが昇華していくのを待つのも一つです。

 

 どんな問題でも、いつか必ず何らかの形で変化していきます。

 物事は必ず移り変わり、変化していくのです。

 問題も形を変え、同じではありません。

 

 心も変化し、いつも同じではありません。

 解決方法も自分が想定していない方向から、訪れるかもしれません。

 出来ることなら、柔軟に生きられたらいいですよね。

 

 記事は続きます。

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。

 こうして、勉強したことをまとめることで、
 私自身にも生かせたらと思って書かせていただいています。

 決してできているから書いている訳ではないことを、
 ご理解いただければ嬉しいです。

 私の記事を読んで、余計に辛い思いをされたり、
 嫌な思いをされた方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。

 何分、まだまだ未熟で成長途中です。

 どうぞお許しくださいね。

 白猫

 

|

« 過去と未来を考えない アクセプタンス&コミットメントその1 | トップページ | 悩みはあっても夢を追いかける アクセプタンス&コミットメント その3 »

プチ心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去と未来を考えない アクセプタンス&コミットメントその1 | トップページ | 悩みはあっても夢を追いかける アクセプタンス&コミットメント その3 »