« 人生というガラス瓶にまず大切なものを入れよう 「自信という最上のドレスの手に入れ方」エリカ・アンギャルさん | トップページ | 才能と使命について »

「試し行動」に隠された思い。「はじめまして、愛しています」を観て発見したこと

皆さん、こんにちは。白猫です。
8月ですね。

皆さんは夏バテなどしていないでしょうか。

体調にお気をつけてお過ごしくださいね。

 

今、テレビで放映中の「はじめまして、愛しています」を楽しみに観ています。

特別養子縁組を扱ったリアルなドラマですが、

きちんとした取材を元に作成されているドラマで
真実味があります。

毎回ジーンとし、そして言葉にはならない「何か」をいただいています。

 

このドラマの中で、「試し行動」という
子供の愛情確認の表現方法を知りました。

 
ドラマを観ながら、
私自身の奥深い部分とシンクロし、
心がザワザワと波立ちました。 

 

「試し行動」とは、わざと親が困るような行動をして、

その結果、それでも親は自分を愛してくれるか、
受け入れてくれるかを、確認するための行動です。  

 

ご興味のある方は、下記の記事を読んでみてくださいね。
(朝日新聞のサイトです。
ログインしないと全文は読めませんが、途中まで読むことが出来ます) 

「家庭養護促進協会大阪事務所理事 岩﨑美枝子さんに聞く
聞き手・太田啓之さん」
 
 

「試し行動」は、本能的な行動のため、
意識しなければ、制御するのは困難なようです。  

特に子供の場合には、命がかかっている必死の行動なので
制御は不可能です。

このドラマを観て、私の思春期の反抗は
実は「試し行動」だったんだ…と
なんと今更ですが、この年齢になって初めて腑に落ちました。

 

例えば、私はお父さん子だったので
父に何をしても、多分許してくれたし、
愛してもらえる自信がありました。
これも本能的な感覚です。

ところが、父に反抗したことは一度もありません。
 

逆に母にはとても反抗していました。
恥ずかしながら、私が離婚する事態になるまで
反抗的な行動は減ってはいたものの続いていました。

反抗しても愛される自信がある父には
反抗したことがなく、

 
反抗したら、ますます嫌われるだろう母には
あえて嫌われる行動をとる。

 
母に反抗した理由は、具体的にあるのですが、
それでも、反抗せずにすむ方法もあったのに
あえて、嫌われる行動をとっていたのは
私も「試し行動」の一種をしていたのだな、
と、納得したのです。


本当にこの人は信頼していい人なのか。

どんな私でも、受け入れてくれるのだろうか。

 

他人になら、元々そこまで期待できないので、
わざと相手を困らせるような行動をとる必要もないけれど、
 
親や家族、教師や上司、恋人、もしくは親しい友人の場合には、
つい相手の気持ちを引くために
「試し行動」をとることもあるのだな、
と思いました。

 

あえて嫌われるような行動をとること。

 

それは「愛してほしい」という本能からの
行動だったのですね。

 

私は長い間、母に愛されているどころか
好かれているという実感もありませんでした。 

だから、反抗していたのですね…。

 

私の場合、母に反対されていた相手と結婚し
結果、離婚に至ったのですが、
離婚した時に、母が私を責めずに助けてくれたのです。

その時に私の長い長い反抗期も終わりました。

愛してほしい人に愛してもらえない時
(愛されていると実感できない時)
人は理性的に愛される行動をとることが出来ず、
あえて相手に嫌われる行動をとってしまう。

 

この心理的なからくりが分かっていれば、
逆に自分が「試し行動」をされる側になった時も、

理由がわかるので、
きちんと向き合うことが出来るかもしれません。

 

相手が試し行動をした時は
それに便乗してカッとなったり、振り回される前に、

「私はあなたを思っているよ」

 
と、言葉や目で、伝えることも可能です。
 

試し行動は、相手の気持ちを確認する必要や
不安がなくなれば、
その行動自体、必要となくなり、終了します。

 

以前、私がよくいただいていた恋愛の相談でも
多かったのですが、
恋愛において、
恋人を困らせる行動をしたり、すぐに別れると言ってみたり。

つい相手を困らせるような問題行動を起こしてしまうのも、
パートナーが離れていかないかどうか、
無意識に試しているのですよね。

相手に負担をかければ、
恋人やパートナーは
元は他人なので、
離れて行ってしまうかもしれないのに
制御できない。

  
それは自分の不安からくる行動なんだと
自分で自覚していれば、

悪循環から抜け出せるかもしれませんね。

 

私もたくさんの体験をして「試し行動」から
卒業しましたが、

出来るなら、相手を試したりせず
自分のことも傷つけるような行動をせず、
素直に、
ありのままの自分で生きていけたら幸せですね。

 

ドラマを観て、良い発見をいただきました。

今日も長い文章を読んでくださってありがとうございます。

皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆

白猫

|

« 人生というガラス瓶にまず大切なものを入れよう 「自信という最上のドレスの手に入れ方」エリカ・アンギャルさん | トップページ | 才能と使命について »

おすすめ本」カテゴリの記事

プチ心理学」カテゴリの記事

子供を育てる 心を育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生というガラス瓶にまず大切なものを入れよう 「自信という最上のドレスの手に入れ方」エリカ・アンギャルさん | トップページ | 才能と使命について »