« モヤモヤからの脱出、成功しました!(近況報告) | トップページ | この世にルールはひとつしかない「運命の約束」アラン・コーエンさん »

宝物のような思い出 過去と未来をつなぐ今

みなさん、こんにちは。
白猫です。 
 
7月ももう半ばですね。
毎日暑いですが、みなさんはお元気でお過ごしですか?
 
 
約20年ぶりにピアノを再開したことがきっかけで、
学生時代や、卒業してからの出来事を
リアルに思い出すようになりました。
 
楽しかった日々。
いつも笑いが絶えない友人たち。
 
 
詳しくは書けませんが、 
あまりに傲慢で恥ずかしいこともたくさんしてきました。
 
その後の人生で、私が遭遇した様々な出来事は、
当時私がしてきたことに、
気づきなさい、というメッセージだったのだと
感じています。
 
したことに比べたら、到底及びませんが、
ごめんなさい、と心の中で手を合わせました。
 
 
ずっと前だけを見て、
あまり後ろを振り返ることがなかった私。
 
 
振り返らなかったのは、
 
未来は前にしかない。
過去を振り返って、
立ち止まる余裕はない。 
 
 
毎日を生き抜くのに精いっぱい。
だから、振り返らない。 
 
過去を見たって戻れないんだから。 
 
 
そんな心境だったからだと思います。 
 
 
ところが、このところ、何気なく過ごす日常で、
20歳前後のことを良く思い出すのです。 
 
それも、ずいぶん前のことではなく、
つい最近の出来事のように、
リアルにまざまざと、色彩をもって蘇ってくるのです。
 
 
子どものころにピアノを指導してくださった先生方のことや
本格的に指導してくださった先生のこと。 
 
言葉や表情、声までも、リアルに蘇ってきています。  
 
私に対して、注意してくれた言葉も
愛情からのものだったのだな、と今では良く分かります。
 
 
せっかく勉強する場を与えてもらっていたのに、
それに感謝せず、
毎日、遊ぶことに夢中だった私。  
 
 
もう故人になった先生方に
一度だけでもいいのでお会いして、
直接お礼とお詫びをしたい気持ちでいっぱいです。
 
 
当時は、遊ぶといっても、友だちと電車がなくなるぎりぎりまで話したり、
学校近くの美味しいお店で食事したり、
ワイワイと本当にたわいなく笑顔で過ぎていく日々でした。 
 
あの日々は、かけがえのない
青春の思い出です。
 
みなさんの中にも学生時代の思い出が
良いこともそうでないことも、色々とあると思います。
 
 
私には、今もかけがえのない大切な友人が数名いますが、
実は当時、大好きな親友がもう1人いました。
 
 
本当に仲が良くて、卒業してからも10年ほど
密接な関係は続いていました。  
 
 
美人で華やかなKちゃん。
私は彼女といるといるだけで、心華やぎました。
 
 
彼女の笑顔の裏にある
誰にも話せない重い現実を聴いた時、
それを話してくれたことがとても嬉しかったのです。
 
 
私も当時誰にも言えなかった養女であることや
そのことで辛い思いをしてきたこと
(親が悪いということではなく、私自身の問題です)
を話し2人で泣きました。
 
 
人には笑顔の後ろに
誰にも言えないことを抱えているのだな、
ということを20歳にして、初めて知ったのです。
 
 
彼女とは、色々とあって自然に疎遠になり、
今では完全に音信不通です。
 
 
きっと元気に活躍されていることと思い、
それを願っています。 
 
 
私が彼女とまた復縁したいのかと言われると
実は望んでいないのです。 
 
 
あの青春の日々は、私にとって宝物です。
 
それはあの時だけの思い出で十分幸せなのです。
 
思い出すと、切ないくらい、嬉しくてワクワクして
心が華やぎます。 
 
でも、それは今、継続していなくても、
十分、心の中に存在してくれるだけで、
私にとって宝物なのです。 
 
 
関係が今、続いていなくても、
そのときに存在したことを大切にできるだけで、
ずっと宝物でいてくれるのです。 
 
 
その宝物が、これからの私の人生に
勇気をくれる存在になるのだと感じています。 
 
 
みなさんにもそんな宝物のような日々は
人生のどこかで1つか2つはお持ちでしょうか。 
 
 
友人、恋人、家族。 
 
 
特別な存在との特別な日々は、
それが継続していなくても、
宝物だと認識するだけで、
キラキラと光を放ち、まぶしいくらいになるのです。 
 
 
宝物は、心の中で存在し続けてくれるだけで
十分なのかもしれません。
 
 
なぜなら、やはり人は、前を向いて歩いていくしかないのですから。
 
 
とはいえ、私は、ずっと忘れていた過去のことを、
これからは恐れずに見つめなおすことができそうです。 
 
 
それは、もう前だけを見て走らなくてもいい、
と自分に許可ができたから。 
 
 
過去の私自身や、
過去の出来事と、
きちんと向かい合いながら、
これからの私は前を向いて歩いていける。 
 
過去を振り返ると、前を向いて歩けなくなるのでは。
そんな不安をようやく手放せたように思います。
 
 
ようやく、それを言葉にできるくらいには
自信を持てたので、
記事にさせていただきました。
 
 
たわいない私の思い出を聞いてくださってありがとうございます。 
 
みなさんにもたくさんの幸せが訪れますように☆
 
白猫
 
 

|

« モヤモヤからの脱出、成功しました!(近況報告) | トップページ | この世にルールはひとつしかない「運命の約束」アラン・コーエンさん »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

書き出してくれてありがとうございます。白猫さんの温かい気持ちがよくわかりました。お気持ちを表現されるのが上手ですね。

最近、私もよく昔の事を思い出します。年のせいかしら(笑)すごく昔の思い出ではなくて、子供たちが小さかった頃のこと。毎日大変で、早く大きくなって!なんて思っていましたが、あんなに可愛くて、自分のことを大好きでいてくれたかけがえのない日々でした。

心の奥深くにある宝箱みたいに、時々取り出して、眺めたり、手に取ったりするだけで幸せな気持ちになれる思い出の箱。

過去が愛おしくなると、今も大切に思えるのは不思議ですね。みんな繋がっているのですものね。

投稿: ぱんだ | 2016年7月12日 (火) 18時09分

ぱんださん、コメントありがとうございます☆
 
ぱんださんもお子さんが小さかった頃の思い出を、時々取り出して味わっていらっしゃるんですね。
 
共感してくださって嬉しかったです。
 
子供が小さいころをは、それを楽しむ余裕はなかったけれど、今思い返すと、未熟な親の私を全身全霊で愛してくれる愛おしい存在でした。
思い出すと胸が熱くなります。
 
過去が愛おしくなると、今も大切に思える。 
 
本当におっしゃる通りです。
すべて繋がっているんですよね。 
 
過去も今も両方とも、大切にしたいと改めて思いました。

ぱんださん、ありがとうございます♪

投稿: 白猫 | 2016年7月13日 (水) 13時39分

白猫さん、こんにちは!

とても素敵なお言葉が溢れていますね。
忙しい日々の中で、ふと白猫さんの文章に出会い、心癒される気持ちになりました。

私も高校を卒業してから10年近く日々を過ごした仲の良い友人がいましたが、結婚してからはお互いの生活の違いのためか疎遠になっております。

でも、若かったあの時テニスやスキーに一緒に出掛けた彼女との思いでは心の中にしっかりとあります。

いろんな事を一緒に体験でき、毎日を楽しく過ごせたのは彼女のおかげです。

疎遠のままでもしっかりと心に思い出があるので、いいんだと思えて、少し心の中が軽くなりました。

ありがとうございます。

投稿: リネン | 2016年7月18日 (月) 11時44分

リネンさん、こんにちは。 

私の記事に共感してくださって、
ありがとうございます。 
 
私もリネンさんのコメントを読ませていただいて、
そういえば、私も彼女とスキーやテニスをしたことを
改めて思い出しました。 
 
2人で旅行にも行きました。
 
懐かしく、キラキラした思い出です。 
 
ずっと継続している人との関係も意味がありますが、
宝箱を開けた時だけ輝く宝石のような思い出も
私にとって生きる力になるんだな、と
思えるようになりました。 
 
どちらも大切で、素敵なことですよね。 
 
リネンさん、ありがとうございます。白猫

投稿: 白猫 | 2016年7月19日 (火) 12時22分

色々と検索している中で、ここにたどり着きました。
これも何かのご縁かと思いコメントを残します。

僕も、最近、20歳前後頃の彼女の声のトーンまでも想い出すことが多くあります。50を過ぎてからこのようなことになるとは、ある意味で驚きです。

別の女性と結婚しまたが、その彼女と結婚していれば、こんな感覚にはならなかったのかとも思いますが…。これも縁が整わなかった結果だと受けとめています。

今思い出しても切なくなりますが、本当にいい想い出です。
家族とはまた違った、僕の心の中の宝物です。
彼女に恥ずかしくない男になろうと頑張った結果、今の自分があると思っています。

たまには昔を振り返っても、後をみてもいいですよね。

いつか彼女に話せる時が来たら、「mitsukoありがとう。君が居てくれたから僕は頑張れたんだ」と伝えたいですね。

妻が聴いたら怒るでしょうけど…。

長文失礼しました。

投稿: まも | 2016年7月20日 (水) 21時00分

まもさん、はじめまして。
 
そして、大切な宝物をシェアしてくださって
ありがとうございます。
 
読ませていただいて、
私の心の中も、
切なく、そしてキラキラした思いで満たされました。 
 
誰もが心に持っている
大切な宝物。
 
「縁が整わなかった」
 
とても奥ゆかしい響きの言葉ですね。
 
結婚までは至らなかったかもしれませんが、
今のまもさんになるために
必要な重要なご縁だったのでしょうね。
 
大切な宝物を、この場でシェアしてくださったことに
心から感謝します。 
 
まもさんのこれからの幸せを
お祈りしていますね。
 
よろしければ、また遊びに来てください☆
 
ありがとうございます。白猫

投稿: 白猫 | 2016年7月21日 (木) 10時05分

ご返事ありがとうございます。

またよらせていただきます。

投稿: まも | 2016年7月21日 (木) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モヤモヤからの脱出、成功しました!(近況報告) | トップページ | この世にルールはひとつしかない「運命の約束」アラン・コーエンさん »