« 萩尾望都さん原画展に行ってきました! | トップページ | どうせ無理とあきらめないで 「好奇心を天職に変える 空想教室」植松 努さん »

親は子のことをいつも思っている(宇宙のシンクロを感じて)

みなさん、こんにちは。
白猫です。
 
あっという間に5月の半ばですね!
 
最近、直観の通りに行動していたところ、
引き寄せの法則で、
しばらく疎遠にしていた友人と
再度繋がることができました。
 
 
彼女との出会いは、
今から6年くらい前だったでしょうか。
 
 
セラピスト養成講座の初日に、
隣の席に座った時から
不思議と惹かれあい、仲良くしていたのですが、
彼女が実家に戻られ、私も心理学の学びから遠ざかっている間に、
自然と疎遠になっていました。
 
 
GW明けのこと。
ふいに私の脳裏に彼女のことが浮かび、
連絡をとらなくては!(いい感じのインスピレーション)と思い立ち
早速メールしたところ、
彼女はちょうど、セラピストの講座で合宿中だったとのこと。 
 
彼女も引き寄せを感じて、驚いていました。
 
 
お互いに連絡をとらない期間に、色々なことがありましたが、
メールを交換しはじめたら、時間が当時に戻ったかのよう。
 
 
先日読んだ、浅見帆帆子さんの「出逢う力」の通り、
時間を置いてまた出逢う場合、
距離感を感じないというのも納得です。
 
 
彼女との共通点はスピリチュアルと心理学が好きということ。
他にも性格的な共通点もあります。 
  
  
お互いに真剣に勉強を再開したのが同じ時期だったので、
まさにシンクロを感じました。
 
  
彼女も連絡をとらなかった時期に、
ご結婚されて幸せに暮らしていらっしゃるとのこと。 
 
 
幸せなお話を聞いて、本当にとても嬉しかったです。
 
一人ひとりが幸せであることが、
多くの人の平和に繋がっていくのだと、
私はしみじみ、思うのです。 
  
  
彼女とメールを交換しながら、
私の頭に閃いたことがあるので聞いてくださいね。 
 
 
一般的な話になりますが
親は子のためなら、何でもできると思うのです。 
 
子が学びたい、と言えば、
その道を応援してあげようと思い、
 
学費も出してくれるでしょうし、
子供にとって、プラスになる情報を耳にすれば、
最速で、教えてあげたいと思うでしょう。
 
 
もちろん、そう出来ない事情の親御さんもいると思いますが、
環境や状況が整っていれば、
やれることを全部してあげたいというのが
親心なのは共通していると思っています。
 
 
宇宙(神さま)も、私たち子供が
その人生において、進みたい方向を示したら、
何でもしてあげたい、と思う親心があると思うのです。
 
学びたいといえば、その学びに必要なお金を出してくれるでしょうし、
その子にとって良い情報があれば、
教えたいと思い、ヒントをくれると思うのです。 
  
  
私たち人間は、自分の子供の数には限界がありますが、
宇宙は私たちが想像もできないくらい
キャパが広いので、どの子も同じように見ていてくれていると思います。 
 
 
ただ、直接話しかけられないので、
私たちが自分でキャッチしていかないと、
その情報や宇宙の愛情を
「形」として受け取れないのだと思いました。 
 
 
また、これも私的にハッとなったのですが、
私自身が、思春期だった頃、
母と折り合いが悪くて、母が良いと思って言ってくれたことも
素直に聴けませんでした。
 
 
母がこうしたら、と言ったことには、
ことごとくNOを言い、
 
私が希望したことが通らないと
やはり愛されていないんだ!と
拗ねた気持ちになりました。 
 
 
受け取る気持ち、素直な気持ちがなければ、
相手の好意さえ気づくことが出来ないのは、
 
相手が宇宙でも、人間でも
同じ
 
だと思いました。
  
 
親はいつでも子供の幸せを願っている。
 
 
それをもし本当に信頼することが出来れば、
 
宇宙からのお知らせをないがしろには出来ません。 
 
 
直観や引き寄せを素直に受け取れるように、
心を柔軟に、素直な気持ちで生きていけたら
と改めて思った私です。
 
 
実は、昨日、私にとって、ある、大きな決断をしました。
 
色々と考えた末に、
与えてもらったチャンスを一度手放すことにしました。
 
また近々、聞いてくださいね。  
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
 
皆さんに素敵なことが訪れますように☆
 
 
白猫 

|

« 萩尾望都さん原画展に行ってきました! | トップページ | どうせ無理とあきらめないで 「好奇心を天職に変える 空想教室」植松 努さん »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 萩尾望都さん原画展に行ってきました! | トップページ | どうせ無理とあきらめないで 「好奇心を天職に変える 空想教室」植松 努さん »