« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

どうせ無理とあきらめないで 「好奇心を天職に変える 空想教室」植松 努さん

皆さん、こんにちは。白猫です。
 

今日はお勧め本を紹介させてくださいね。

 

「好奇心を天職に変える 空想教室」
植松 努さん

 
「空想教室」というタイトルに惹かれて読みました。

 
 
とても素晴らしい内容に、心が震えました。
そして、多くの人に読んでもらいたい、と思った一冊です。 

  
  
植松さんは、町工場でロケットを作っています。
大会社ではなく、小さな町工場です。
    
    
植松さんが小学生のころ、
「ぼくの夢、わたしの夢」というテーマの作文に
   
   
「自分で作った潜水艦で、世界の海を旅したい」
と書いたところ、
担任の先生に呼ばれて、厳しく怒られたそうです。 
  
  
「もっと現実的な目標を書きなさい」
と注意された時、植松さんが思ったこと。 
 
 
「実現しそうなことしか、夢にしてはいけないのか」
  
「そもそも、夢とは仕事なのか」
 
「今の自分にできそうなことから選ぶのが夢なのか」
   
その疑問を持って植松さんは成長するのです。
    
   
ある大手企業に入社し、
ロケット開発に携わるものの、
ロケットに興味もなく「お金をもらって楽したい同僚」と馴染めず
退社されます。
  
  
その後、お父様の電機工場を継いで
株式会社に組織変更し、代表取締役になるものの、
ご苦労もあったようです。
  
完ぺきな社長になろうとして、弱みを見せられず、
人に厳しくなり、うまくいかなかったこともあったとか。 
 
  
このままではいけないと思い、
「ちゃんとしたふり」をやめたとたん、
運命の人、永田教授と出会ったそうです。 
 
 
そして、ロケット制作の道が開けたのです。 
 
 
植松さんはこの本を通じて、一貫してこうおっしゃっています。 
 
  
「どうせ無理」という言葉がなくなれば、
児童虐待もなくなる。

   
 
施設や学校に訪問して、そのことに気づいた植松さん。
 
「お前なんてどうせ無理」と言われて育った子供たちが
 
抑圧された怒りのはけ口を人への攻撃にぶつけたり、
自分自身を痛めているのを見て、
 
「どうせ無理」から脱出しよう、という社会貢献活動を
本業以外にされているのです。 
   
 
この本を読んで、とても心に残る言葉がありました。
そのまま、抜粋させてくださいね。
  
 
「誰もやったことがないことを、ひとりで本気で続けていると
急にさみしくなるこもあります。
 
 
自分が小さいロケットだとして、
今めざしていることが星だとしたら、
その星に向かって飛んでいくと、
その間に専門用語や専門知識が、どんどん身につきます。 
 
 
するとまわりの友だちが、だんだん、
自分の話を理解してくれなくなります。 
 
 
ひとりぼっちになって、さみしくなっていきます。
 
 
宇宙空間の真っ暗闇の中です。
 
 
でもその真っ暗闇の中を、ずーっと飛んでいけば、
いつか星にたどり着きます。
 
 
そして星にたどり着いたら、
同じように飛んできた仲間たちと出会えます。
  
   
だから飛んだ方がいいのです。
  
  
みなさんはひとりぼっちに負けないロケットです。」 
 
 
私にとって、勇気が湧いてくるメッセージでした。
 
このメッセージを私なりに広く解釈してみました。 
 
人は成長しよう、変化しようと思った時
どうしてもそれまでの仲間と合わなくなることもあると思うのです。
 
そんな時、淋しいかもしれませんが、
一人でも行動した方がいいのです。 
 
前に進んでいった時、
成長した自分を待ってくれている
新たな場所、友がいるはず。 
 
恐れず、自分が進みたい道に
一歩を踏み出せますように。 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。 
 
皆さんに素敵なことがたくさん訪れますように☆ 
 
 
白猫
 

| | コメント (0)

親は子のことをいつも思っている(宇宙のシンクロを感じて)

みなさん、こんにちは。
白猫です。
 
あっという間に5月の半ばですね!
 
最近、直観の通りに行動していたところ、
引き寄せの法則で、
しばらく疎遠にしていた友人と
再度繋がることができました。
 
 
彼女との出会いは、
今から6年くらい前だったでしょうか。
 
 
セラピスト養成講座の初日に、
隣の席に座った時から
不思議と惹かれあい、仲良くしていたのですが、
彼女が実家に戻られ、私も心理学の学びから遠ざかっている間に、
自然と疎遠になっていました。
 
 
GW明けのこと。
ふいに私の脳裏に彼女のことが浮かび、
連絡をとらなくては!(いい感じのインスピレーション)と思い立ち
早速メールしたところ、
彼女はちょうど、セラピストの講座で合宿中だったとのこと。 
 
彼女も引き寄せを感じて、驚いていました。
 
 
お互いに連絡をとらない期間に、色々なことがありましたが、
メールを交換しはじめたら、時間が当時に戻ったかのよう。
 
 
先日読んだ、浅見帆帆子さんの「出逢う力」の通り、
時間を置いてまた出逢う場合、
距離感を感じないというのも納得です。
 
 
彼女との共通点はスピリチュアルと心理学が好きということ。
他にも性格的な共通点もあります。 
  
  
お互いに真剣に勉強を再開したのが同じ時期だったので、
まさにシンクロを感じました。
 
  
彼女も連絡をとらなかった時期に、
ご結婚されて幸せに暮らしていらっしゃるとのこと。 
 
 
幸せなお話を聞いて、本当にとても嬉しかったです。
 
一人ひとりが幸せであることが、
多くの人の平和に繋がっていくのだと、
私はしみじみ、思うのです。 
  
  
彼女とメールを交換しながら、
私の頭に閃いたことがあるので聞いてくださいね。 
 
 
一般的な話になりますが
親は子のためなら、何でもできると思うのです。 
 
子が学びたい、と言えば、
その道を応援してあげようと思い、
 
学費も出してくれるでしょうし、
子供にとって、プラスになる情報を耳にすれば、
最速で、教えてあげたいと思うでしょう。
 
 
もちろん、そう出来ない事情の親御さんもいると思いますが、
環境や状況が整っていれば、
やれることを全部してあげたいというのが
親心なのは共通していると思っています。
 
 
宇宙(神さま)も、私たち子供が
その人生において、進みたい方向を示したら、
何でもしてあげたい、と思う親心があると思うのです。
 
学びたいといえば、その学びに必要なお金を出してくれるでしょうし、
その子にとって良い情報があれば、
教えたいと思い、ヒントをくれると思うのです。 
  
  
私たち人間は、自分の子供の数には限界がありますが、
宇宙は私たちが想像もできないくらい
キャパが広いので、どの子も同じように見ていてくれていると思います。 
 
 
ただ、直接話しかけられないので、
私たちが自分でキャッチしていかないと、
その情報や宇宙の愛情を
「形」として受け取れないのだと思いました。 
 
 
また、これも私的にハッとなったのですが、
私自身が、思春期だった頃、
母と折り合いが悪くて、母が良いと思って言ってくれたことも
素直に聴けませんでした。
 
 
母がこうしたら、と言ったことには、
ことごとくNOを言い、
 
私が希望したことが通らないと
やはり愛されていないんだ!と
拗ねた気持ちになりました。 
 
 
受け取る気持ち、素直な気持ちがなければ、
相手の好意さえ気づくことが出来ないのは、
 
相手が宇宙でも、人間でも
同じ
 
だと思いました。
  
 
親はいつでも子供の幸せを願っている。
 
 
それをもし本当に信頼することが出来れば、
 
宇宙からのお知らせをないがしろには出来ません。 
 
 
直観や引き寄せを素直に受け取れるように、
心を柔軟に、素直な気持ちで生きていけたら
と改めて思った私です。
 
 
実は、昨日、私にとって、ある、大きな決断をしました。
 
色々と考えた末に、
与えてもらったチャンスを一度手放すことにしました。
 
また近々、聞いてくださいね。  
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
 
皆さんに素敵なことが訪れますように☆
 
 
白猫 

| | コメント (0)

萩尾望都さん原画展に行ってきました!

皆さん、こんにちは。
白猫です。

今日は萩尾望都さんの原画展に行ってきました。

今月、5月29日まで、吉祥寺美術館で、萩尾望都さんの原画展を開催中です。



学生時代から大好きな萩尾望都さんの原画。
本当に美しくて引き込まれました。

宇宙と繋がる萩尾望都さんの世界観に、どっぷり浸ると、なかなか現実に戻れない私。

スピリチャルが好きなのは、
子供のころからだったのですね。

料金はなんと、ワンコイン。
たったの100円です。びっくり。

たくさんのカラーの絵を、直で観れて感動。

お土産に阿修羅のクリアファイルを買いました。



お近くの方は良かったら立ち寄ってみてくださいね。

ここまでお得で、たくさんの原画に触れる機会はあまりないかもしれません。

いつも読んでくださってありがとうございます。

皆さんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆

白猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白湯を飲み始めました

みなさん、こんにちは。
白猫です。   
 
最近、朝起きたら一番最初に、白湯を飲み始めました。
 
以前から、あちこちで、白湯はいい、と目にしたものの、
余裕がなくてそのままにしていました。
 
ところが、先日、やはりとある人の口から
「白湯を飲むといい」とお聞きし、
 
これは実行に移した方がいい、と直観のお知らせ。 
 
白湯は、10分~15分
鍋かやかんのふたをあけて、沸騰させ
煮詰めたものを飲むといいそうです。 
 
 
体質によって、飲む温度は変えた方がいいそうですが、
詳しいことは、本を読んでみてくださいね。
 
(ネットでも白湯 アールユーベーダで検索すると、
色々と出てきました)
 
 
ちなみに私はそこまで余裕がないので、
飲める程度に冷ましたものを、飲んで出勤しています。
 
 
私が参考に読んだ本は、
 
「白湯 毒出し健康法」蓮村誠先生
 
 
白湯は、デトックス効果があり、新陳代謝も良くなり、
肌を綺麗にしたり、体や心の調子を整えてくれるのだとか。 
 
 
本当のところ、まだ、確実に実感はないのですが、
朝一番で白湯を飲んだ時、
胃が温まり、ほんのり、心が満たされるのは確かでした。
 
 
味も色もついていない温かなお湯って、
想像している以上においしかったです!
このことは予想外でした。
 
 
ほんのり甘くて、優しい味わい。
ジュースやコーヒー、お茶のように
味がついていないものを朝一番に飲むのは、
胃にも優しいのでしょうね。
 
 
後は、三日坊主にならずに、続けられたらいいのですが!
 
 
直観のお知らせを、ないがしろにせず、
実行中です。 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
みなさんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆
 
白猫

| | コメント (0)

大きな選択をする前の自分への問い 「ザ・シークレット」のDVDを観て

みなさん、こんにちは。
白猫です。
 
 
最近、直観をすぐに行動に移すことを実践中です。
 
「ザ・シークレット」のDVDを観たという文章を、
とある本で目にして、そういえば私もDVDを持っていた、と思い出したのです。 
 
今から、3年ほど前に
当時勤めていた職場の同僚が
「ザ・シークレット」のDVDを、突然送ってきてくださって
(なぜ私を思い出して送ってくれたのかも不明です)
そのままだったことを思い出したのです。 
 
「見たほうがいい」
 
というお知らせを感じて、
昨夜観てみました。
 
 
ザ・シークレットは本を読んだことは何度かあるのですが、
(今も本棚にあります)
とりとめがなく、実行が難しく、
読んだ時にはワクワクするのに、
そのあと、忘れてしまう…という
私にとっては、抽象的すぎる一冊でした。
 
 
ところが今回、「ザ・シークレット」のDVDを観て、
今の私には、腑に落ちたことがたくさんあったのです。 
 
私が腑に落ちたことを抜粋すると
 
1、願い事を遠慮せず、本当にほしいものを具体的に書き出す
 
2、すぐに叶わなくても疑わない。むしろ願ったら忘れるくらいでもいい。
 
3、ふと思ったことは、その場で実行する。 
 
4、今持っているものに感謝することで、ほしいものが手に入る。 
 
 
などなど。
 
DVDを見て、特に私がハッとなったのは、
 今持っているものに感謝する
 
という部分でした。
 
こうして書くとあたりまえのようですが、
今持っているものに、本心から感謝しているのか、と
私自身の心に問いただしたところ、
 
いや、当たり前になっているから、目新しいものがほしくなるのでは…
と心当たりがありました。 (お恥ずかしい…)
 
 
今持っているものに感謝していないのに、
新しい良いことは、訪れることはないのです。
 
 
やはり、今あるもの(物だけでなく、過去も現在も含めて、
自分自身の周りにいてくれる人たちなど) 
に本心で感謝してこそ、
 
浄化されて、次のものが入ってくるのだなあ、と
納得できたのです。 
 
 
断捨離なども、物に感謝しながら、
整理していくからこそ、よいことが訪れるのですね。
 
 
私の家の断捨離は、約1年、お休みしているのですが、
まだまだ、手を付ける部分は残っているものの、
私にとっては居心地よい空間です。
 
 
今あるこの空間に心から感謝すると、
他のことにもどんどん、感謝の気持ちが連鎖して、
続いていく感覚になりました。 
 
 
両親のこと、家族のこと、仕事のこと、友人のこと。
今持っているたくさんの物たち。
本当に感謝しかありません。 
 
そうすると、本当にほしい物って、
案外ないなあ、と気づきました。
 
少なくとも、これからの人生で、さらにほしいものは
「物質」ではないと自覚した私です。
 
 
話は変わります。
 
詳しくは書けないのですが、
仕事上、他の方の人生を垣間見ることがあり、
しみじみと、人生の選択について思ったことあります。
 
一つの選択が、この結果につながるんだな。と。 
 
 
私ではない他の人の選択について、
どうこう言える立場でも、また何か言えるような人間でもありませんが、
でも、これだけは確信したことがあります。
 
 
その選択をするときに、
今持っているものに本当に感謝していたなら、
この方は、その選択をしただろうか? と。 
 
 
どちらを選んでも変わらないこともありますが、
明らかに大きくマイナスになる選択が、
存在するのも事実です。
 
 
どんな困難に遭遇しても、やり遂げたいことがある選択なら、
かまわないのです。 
一時的に不幸に見える状態は、
何かを成し遂げるために、必要な困難だと思うからです。
 
 
そうではなく、単純に欲や、不満からの脱出のために選択したものは、
現在の足元をきちんとみていない選択なので、
とんでもない落とし穴に落ちることもあるのです。 
 
 
私も人生で、何度もやけどを負っています。
治る怪我や、あとに残らないやけど程度で済んでいるのは奇跡です。
 
 
何かに守っていただいたとしか思えません。
 
 
私の場合、転ばないと気づけないタイプだったので、
怪我しないとわからなかったのもあるのですが、
治らないほどの大けがを負う必要は、誰もがないと思います。
 
 
選択のしようがない、
向こうから訪れる現実は受け入れるしかありませんが、
自分ができる選択なら、
 
まず、今持っているものをゆっくりと眺め、
ここまで来た経緯を考え、
一人でできなかったことを認識し、
そこまでに関わった人すべてに、本心から感謝をする。
 
 
その上で、目の前にある選択肢を眺めてみたなら、
取り返しのつかないような、
間違った選択をすることは、かなり少なくなると思うのです。  
 
 
熟考を重ね、後悔しないと確信をもって選択することは、
例えうまくいかなかったとしても、その人の人生にとって、必要な選択ですが、
 
大きな落とし穴に落ちるような選択は、
焦りや、欲、逃避のために選択していることが、
多いように見えました。
 
後は、選択する前に、
相談する人を間違っているということもあるかもしれません。
 
 
大切なものがなくならないと、
本心から有難みが身に染みることは難しいと思いつつ、
今ある想像力を駆使して
最大限、持っているものに感謝したい思った私です。
 
 
今の私が思う、大きなことを選択する前に自分に問うこと
 
1、損得だけで考えていないかどうか
(損得勘定は本心の直観を無視しようとすることがあります) 
 
2、今あることに感謝せず、もっといいことがほしいと思っていないかどうか
(感謝を軽くとらえていないかどうか。
その選択で周囲の人、そして大切な自分自身が不幸にならないかどうか)
 
 
この2点です。
 
ザ・シークレットのDVDは、抽象的ですが、
実はとてもシンプルな法則だったのですね。
 
あくまで、今の私が受け取った、情報をお伝えさせていただきました。 
 
 
長い文章を読んでくださってありがとうございます。 
 
みなさんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆
 
白猫
 

| | コメント (0)

限界の枠は自分を守るための枠 「大きく考えることの魔術」

みなさん、こんにちは。
白猫です。 
 
 
今日も最近読んだ本の紹介と、 
私が今感じていることを書かせてくださいね。
 
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」 (紹介したブログはこちら
の本の中に紹介されていた本です。 
 
「大きく考えることの魔術 ― あなたには無限の可能性がある」 
ダビッド・J. シュワルツ さん 
 
 
まず、タイトルが素晴らしいと思います。 
 
「大きく考えることの魔術」
 
この言葉を聞いて、
みなさんは、どのような印象を抱かれるでしょうか。 
 
 
この本で書かれていることは、 
一貫して、 
 
「自分自身を過小評価せず、自信を持ちなさい
 
未来をそんなに小さくまとめず
大きく考えなさい
 
あなた自身の未来を引き寄せているのは
あなたの考え方だけ」  
 
 
というメッセージと、
大きく考えるための具体的な考え方のヒントです。
 
 
詳しくは本書を読んでいただけたらと思うのですが、 
 
最近読んだ、植松努さんの「空想教室」という素晴らしい本にも、
本書に通じる価値観がありました。 
 
 
空想教室についても、近々記事にさせてくださいね。 
 
 
自分の能力や魅力について
枠を作らず、
 
未来についても枠を作らない。
 
枠を作らないので、
願ったことがすべて叶っていく。
 
自分がそのように信じられたなら、本当にそうなると確信できるのです。 
 
 
なのに、私も含めて、
人はなぜ、限界を作りたくなるのでしょう。
 
 
私が考えたのは、
 
「限界の枠」は、
自分が安心するために作るのでは、いうことでした。
 
 
うまくいかなかった時に傷つかないために。
 
失敗したときに傷つかないために。
 
 
つまり、
「限界の枠」は
自分を守るための枠でもあるんですよね。 
 
 
なので、自分で引き受けられないほどの
大きな挑戦をする必要はないと思うのです。 
 
 
このくらいなら引き受けられるかな、という 
失敗したときや、傷ついた時の
見込みを立てて行動をしていって、
少しずつ、限界の枠を高くしていけばいいのかなと思うのです。 
 
 
それがきっと「大きく考えることの魔術」
 
 イコール 
 
「大きく考える(自分自身の魅力、
叶うだろう未来への限界を作らない)ことは、
願い事を叶える魔術ですよ」 
 
 
ということだと受け取った私です。 
 
 
興味のある方は読んでみてくださいね。 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆ 
 
このごろ、色々と湧き出していて、
書きたいことが山積みです。 
 
 
また近々更新させてくださいね。 
いつもありがとうございます。
 
白猫

| | コメント (0)

直観の導き。引き寄せを感じています(途中経過)

みなさん、こんにちは。白猫です。 
 
今日は直観について、私の最近の途中経過を聴いてくださいね。
 
 
最近、読む本、読む本、すべてに共通して、
 
「降りてきた直観は、ささいなことでも実行しなさい」
 
とのメッセージが書いてあるのです。  
 
 
自分の好きな本は共通しているので、
似たようなことが書いてあって当然かもしれませんが、
 
それにしても、あまりに立て続けなので、
 
「直観が訪れたらすぐに実行すること」
 
 こそ、
 
「実行した方がいいこと」 だと実感しています。
 
そこで、目が覚めた時、ハッと思いついたことや、
突然閃いた些細なことも、できる限り実行するようにしています。 
 
 
ここ2週間で実行したこと
 
 
 ・息子が不登校だった時にお世話になった
    教育カウンセラーさんに
  お礼のお葉書を書いて投函
 (すでに退職されていて、仮に届かなかったとしても、
  書くことで浄化されたと思います)
 
 ・私の生みの母が住んでいる市にふるさと納税をするための
  下調べをした。
 (私は一度も住んでいませんが、
  ゆかりがある土地にお礼の気持ちをこめて、本年、納税する予定です)
 
 ・夕食の買い物をするスーパーは、その時の直観で
  どのお店にするか決める。
 
 ・突然顔が浮かんだ人がいたら、
  お元気ですか?と連絡をする
  (メール、メッセンジャーで一言でも)
 
 ・ゴールデンウィークに両親の家に泊まりに行く。
 (これから行ってきます♪)
 
 ・以前、お世話になったインストラクターにメールをする
   → すぐにお返事をいただきました。
      近いうちにお会いできそうです。
 
 ・直観について、友人と語りあう。
  などなど。まだありますが、
  本当に些細な、紅茶を飲むかコーヒーを飲むか
  レベルのことでも、あえて直観を意識しています。
 
 
直観の面白いところは、
実行すると、そこから次に発展していくというより、
 
感度があがって、重要な直観が下りてきた時に
受け取りやすくするための練習だと思っています。
 
 
昨日、お会いした友人がこんなことを教えてくれました。 
 
 
「小さな閃きを実行していくというのは、
直観を鍛える練習をしているのよね。
 
つまり、スポーツでもおけいこ事でも、
何でも繰り返し練習することで、どんどん上達し、
力が鈍らず、定着していくように、
 
直観を感じたら、小さなことでも実行するのは、
いつでも直観を受け取りやすくするための
ストレッチをしているような感じなのかしらね」
 
 
と言われ、ああ、本当にその通りだ!と思ったのです。
 
 
実は、上記のようなことを実行している間に、
とある嬉しい連絡が手元に届きました。   
 
 
それに続き、全く予期していない、
私自身も気づいていなかったところから
突然のご連絡が…。
 
 
あまりに立て続けなので、正直驚いています。
 
直観の訓練を実行していたので、
引き寄せの力が相当強くなったのでしょうか。
 
 
まだすべてが未確定なので、今はお話しすることができないのですが、
ひと月くらい後に、 
方向性が見えてくるのでは…と思っています。
 
 
色々と調整もあるので、
がむしゃらに行動することはできないのですが、
これが使命の第一歩ならば、
すべてがいい方向に進むはずだと思っています。
 
ですので、今後も直観に従って行動した後は、
すべて宇宙に託します。  
 
 
お話しできる段階になったら、
ブログでご報告させてくださいね。
(もし、環境が整わなかったら、またそのときもご報告させてください)
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
皆さんに素敵なことがたくさん訪れますように☆ 
 
 
また近々更新させてくださいね。 
 
感謝を込めて。
 
白猫
 

| | コメント (2)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »