« 自分を自分で守ること 「出逢う力」浅見帆帆子さん | トップページ | 直観の導き。引き寄せを感じています(途中経過) »

夢は自動的にかなう 「イット・ワークス 夢をかなえる赤い本」

みなさん、こんにちは。
白猫です。
 
 
GWですね。 
お仕事の方は、お疲れさまです。
 
私はカレンダー通りの休日ですが、
それでも、お休みが多いのはとても嬉しいです。 
 
しばらく忙しかったので、
心の充電(家で読書や映画三昧! 家族や大好きな友人と会う)
をしようと思っています。
 
 
さて、今日も本の紹介をさせてくださいね。 
最近、とてもいい本と出会うので、
みなさんにご紹介したくって。
 
 
「イット・ワークス 夢をかなえる赤い本」
RHJ氏 三浦 哲さん翻訳 
 
 
 
この本を知ったのは、先日読んだ本
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」  
 
に複数の面白そうな本が紹介してありました。
本書もその中の一冊です。
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」  について紹介した日記はこちら
 
 
さて、本書が書かれたのは、1926年のこと。
 
現在存在する成功法則の本の中でも、
かなり古い本にあたると思います。
 
著者のRHJ氏は匿名の富豪家とのことで、
誰だか特定できていないとのこと。 
 
そこもまた神秘ですよね。 
 
 
そして、びっくりしないでくださいね!
 
この本の薄さ。 
日本語和訳の部分については
ページにして20ページしかありません。
 
本当に大切なことだけが、
シンプルに書かれている本です。
 
 
そして、二重のびっくりは、
左から本を開くと、
英語の原文が掲載されていること。
 
さらに翻訳のポイントが、丁寧に丁寧に
書かれています。
 
 
右から本を開くと、日本語和訳(翻訳ではなく、日本語で読みやすいように
解釈を加えて書かれていると思います)です。 
 
 
私は英語が苦手なのですが、
ポイントが書いてあるので、中学生でも、
読むことができるかもしれません。  
 
 
まだ心が柔らかい、
未来ある学生の方に、
ぜひ原文で読んでもらいたい(翻訳やポイントも掲載されていますので)
と思う本でした。 
 
 
私は、翻訳は参考にしながら、
日本語メインです。(笑) 
 
 
この本に書かれていることはとてもシンプルです。
 
シンプルな法則をもっとシンプルにしてまとめると。
 
 1、1日3回、「ほしいものリスト」を読む
 
 2、「ほしいもの」を1日の中でしょっちゅう、思い浮かべる
 
 3、人にはあなたの願望を話さないこと 
 
この法則は完ぺきで、誰もが望みをかなえられる
システムだそうです。  
 
その願い事が叶うシステムや、リストの作り方などの詳細は、
ぜひ、本書を読んでみてくださいね。
 
 
ここでびっくりしたのは、
つい先日、このブログでも紹介した本
 
 「宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」」 にも
 
願い事は人に話してはいけないと書いてあったことです。 
 
紹介した日の日記はこちら
 
 
全く違う方が書いた本に、
同じことが書いてある。 
 
 
これもまた何かの強いお知らせでしょうか!? 
 
誰にも言ってはいけないということですが、
つまり、付き合う人、いう人は選びなさい、ということだと思うのです。
 
 
言うことで、相手の気持ちを計って
遠慮してしまったり、後悔したり、
水を差されて、やっぱり無理かも、と思うことになったり。
 
 
せっかくの信念を遮ることにならないために、
自分の夢は自分で守りましょう。
 
ということだと思うのです。 
 
 
これもまさにおととい紹介した本
 
浅見帆帆子さん「出逢う力」とも共通します。
 
「出逢う力」を紹介した日記はこちら
 
 
帆帆子さんの考えでは、
直観を大切にして行動すると、どんどん夢が叶っていく。 
そのためにも、自分の波動のあう人とだけ付き合うこと。
そうしないと、エネルギーが吸い取られてしまうから。
 
ということについて、細かく細かく、
事例も含めて、書いてくださっていました。 
 
 
つまりは、自分が付き合う人、
大切なことを話す人は、自分で選ばないと、
人のエネルギーや感情というのは
思っているより強いので、
影響を受けやすい 
 
 
ということだと思うのです。 
 
 
なんだか最近、読む本、読む本が
同じ方向を示しているみたいです。
 
 
もちろん、成功法則は元は一つなので
同じことが書いてあっても不思議ではないかもしれませんが、
 
 
「願望は人に話そう」と書いてある本もたくさんあるので、
「話してはいけない」というメッセージが立て続いたのも
理由があるのかなと。
 
 
私が受け取ったメッセージとしては、
話さないようにしよう、というより
大切なことを話す人、付き合う人を選ぼう、ということだろうと
感じています。
   
本当に小さな、シンプルな赤い本ですが、
興味があれば、読んでみてくださいね! 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。  
 
また近々、私の気づきや、本の紹介をさせてくださいね。
 
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆ 
 
白猫
 

|

« 自分を自分で守ること 「出逢う力」浅見帆帆子さん | トップページ | 直観の導き。引き寄せを感じています(途中経過) »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分を自分で守ること 「出逢う力」浅見帆帆子さん | トップページ | 直観の導き。引き寄せを感じています(途中経過) »