« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

夢は自動的にかなう 「イット・ワークス 夢をかなえる赤い本」

みなさん、こんにちは。
白猫です。
 
 
GWですね。 
お仕事の方は、お疲れさまです。
 
私はカレンダー通りの休日ですが、
それでも、お休みが多いのはとても嬉しいです。 
 
しばらく忙しかったので、
心の充電(家で読書や映画三昧! 家族や大好きな友人と会う)
をしようと思っています。
 
 
さて、今日も本の紹介をさせてくださいね。 
最近、とてもいい本と出会うので、
みなさんにご紹介したくって。
 
 
「イット・ワークス 夢をかなえる赤い本」
RHJ氏 三浦 哲さん翻訳 
 
 
 
この本を知ったのは、先日読んだ本
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」  
 
に複数の面白そうな本が紹介してありました。
本書もその中の一冊です。
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」  について紹介した日記はこちら
 
 
さて、本書が書かれたのは、1926年のこと。
 
現在存在する成功法則の本の中でも、
かなり古い本にあたると思います。
 
著者のRHJ氏は匿名の富豪家とのことで、
誰だか特定できていないとのこと。 
 
そこもまた神秘ですよね。 
 
 
そして、びっくりしないでくださいね!
 
この本の薄さ。 
日本語和訳の部分については
ページにして20ページしかありません。
 
本当に大切なことだけが、
シンプルに書かれている本です。
 
 
そして、二重のびっくりは、
左から本を開くと、
英語の原文が掲載されていること。
 
さらに翻訳のポイントが、丁寧に丁寧に
書かれています。
 
 
右から本を開くと、日本語和訳(翻訳ではなく、日本語で読みやすいように
解釈を加えて書かれていると思います)です。 
 
 
私は英語が苦手なのですが、
ポイントが書いてあるので、中学生でも、
読むことができるかもしれません。  
 
 
まだ心が柔らかい、
未来ある学生の方に、
ぜひ原文で読んでもらいたい(翻訳やポイントも掲載されていますので)
と思う本でした。 
 
 
私は、翻訳は参考にしながら、
日本語メインです。(笑) 
 
 
この本に書かれていることはとてもシンプルです。
 
シンプルな法則をもっとシンプルにしてまとめると。
 
 1、1日3回、「ほしいものリスト」を読む
 
 2、「ほしいもの」を1日の中でしょっちゅう、思い浮かべる
 
 3、人にはあなたの願望を話さないこと 
 
この法則は完ぺきで、誰もが望みをかなえられる
システムだそうです。  
 
その願い事が叶うシステムや、リストの作り方などの詳細は、
ぜひ、本書を読んでみてくださいね。
 
 
ここでびっくりしたのは、
つい先日、このブログでも紹介した本
 
 「宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」」 にも
 
願い事は人に話してはいけないと書いてあったことです。 
 
紹介した日の日記はこちら
 
 
全く違う方が書いた本に、
同じことが書いてある。 
 
 
これもまた何かの強いお知らせでしょうか!? 
 
誰にも言ってはいけないということですが、
つまり、付き合う人、いう人は選びなさい、ということだと思うのです。
 
 
言うことで、相手の気持ちを計って
遠慮してしまったり、後悔したり、
水を差されて、やっぱり無理かも、と思うことになったり。
 
 
せっかくの信念を遮ることにならないために、
自分の夢は自分で守りましょう。
 
ということだと思うのです。 
 
 
これもまさにおととい紹介した本
 
浅見帆帆子さん「出逢う力」とも共通します。
 
「出逢う力」を紹介した日記はこちら
 
 
帆帆子さんの考えでは、
直観を大切にして行動すると、どんどん夢が叶っていく。 
そのためにも、自分の波動のあう人とだけ付き合うこと。
そうしないと、エネルギーが吸い取られてしまうから。
 
ということについて、細かく細かく、
事例も含めて、書いてくださっていました。 
 
 
つまりは、自分が付き合う人、
大切なことを話す人は、自分で選ばないと、
人のエネルギーや感情というのは
思っているより強いので、
影響を受けやすい 
 
 
ということだと思うのです。 
 
 
なんだか最近、読む本、読む本が
同じ方向を示しているみたいです。
 
 
もちろん、成功法則は元は一つなので
同じことが書いてあっても不思議ではないかもしれませんが、
 
 
「願望は人に話そう」と書いてある本もたくさんあるので、
「話してはいけない」というメッセージが立て続いたのも
理由があるのかなと。
 
 
私が受け取ったメッセージとしては、
話さないようにしよう、というより
大切なことを話す人、付き合う人を選ぼう、ということだろうと
感じています。
   
本当に小さな、シンプルな赤い本ですが、
興味があれば、読んでみてくださいね! 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。  
 
また近々、私の気づきや、本の紹介をさせてくださいね。
 
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆ 
 
白猫
 

| | コメント (0)

自分を自分で守ること 「出逢う力」浅見帆帆子さん

皆さん、こんにちは。
白猫です。 
 
 
最近、浅見帆帆子さんの「出逢う力」という本を読みました。 
 
帆帆子さんの本は以前から大好きで、
特に最初の頃の本は、何度も読み返していますが、
 
今回の「出逢う力」は私にとって、
かなり印象的な一冊となりました。
 
 
 
 
この本では、自分が付き合う人を
少数精鋭(少数でなくてもいいのですが、特に好きな人だけにする)
ということの重要性について書かれています。 
 
その理由は、自分の夢を叶えるために、
直観はとても重要です。 
 
 
その直観が訪れるためには、
心ができるだけ、
良いエネルギーで満たされていることが
大切だとのことでした。
 
 
ある人と会うと、なんだか憂鬱になったり、
会った後で、モヤモヤしたり、
別れてからもしばらくその人に言われたことなど
引きずってしまったり。 
 
 
これこそ「本音が感じる違和感」で
大切なシグナルとのこと。
 
 
モヤモヤした状態でいることは、
私たちが自覚しているより、
ずっとずっと重要とのこと。 
 
 
一つの部分で「モヤモヤ」がたまると

 

他の部分の運気が落ちるのだとか。
 
 
確かに、その通りだなと本を読んで実感。
 
自分の心はとても大切なのに、
あえてマイナスの作用をする人に
気持ちを持って行かれる必要はないのですよね。 
 
 
モヤモヤする人と距離を置くことで、
どんどん良い直観が訪れてくると、
帆帆子さんも実感され、
ますます良いことを引き寄せていらっしゃるそうです。  
 
例え、今までうまくいっていたとしても、
自分が変わることで、心に変化が訪れることもあります。 
 
そんな時はその気持ちに従ってよいとのこと。
 
またお互いの波長があえば
関係が戻ることもあるのですから、
罪悪感を感じることはなく、
自然に従うのがいいのだと思いました。
 
 
私の体験ですが、
 
好きな人と会っている時はとても楽しくて、
家に帰ってからも、翌日も
そのワクワク感で、顔が笑ってしまいます。
 
 
反面、自分にとってマイナスの人
(嫉妬する人、意地悪を言う人、相性が合わない人)
と会うと、別れた後、翌日も、一週間後も
大きな出来事なら、数か月後、何年経っても、 
 
その時の出来事や嫌だな、という気持ちを思い出し、
それだけで心の元気がなくなります。 
 
 
会っている間だけでなく、
日数が経ってからも、気持ちが落ち込むなんて、
すごくすごく損した気持ちになりませんか?(笑)
 
 
ただでさえ、日々生活していれば
落ち込むこともあるし、
元気がなくなることもあります。 
 
 
せめて、選べる相手なら
自分の元気を奪う人と
会ったり、やりとりをするのをやめた方が
自分を守ることになるのだと
改めて実感しました。
 
お付き合いする人は自分で選ぶ権利があるんですよね。
 
 
帆帆子さんの言葉で、とても良い言葉がありました。
 
 
好きではない人や物と一緒にいると、
自分のエネルギーが漏れていくことになる。

自分のエネルギーを守れるのは自分だけ。  

 
「この人といると楽しい」
「この人といると、自分に自信がなくなる」
 
その本音に
素直に従うことが、

自分のためなのだと思います。

 

それは、どちらがいい悪いではなく、
上でも下でもなく、
 
単なる相性の問題なのですから、
罪悪感を抱く必要はないんですよね。
 
 
私が自分自身のことも照らし合わせて
不思議だなと思うのは、
 
洋服や、身の回りのものなど、
好きなものを選んで買うのに、
人間関係だけは、なかなか自分の本音に
従えないことがあります。 
 
それは相手があることだから。
 
あえて相手を傷つける必要はないですが、
お互いに幸せな気持ちでいるためにも、
自分の心に従う方が、
長い目で見て、良いことなのでしょう。  
 
自分の心に従うと言っても、
誰かを攻撃したり、傷つけたりする必要はなく、
ただ、素直に、自分の気持ちの通りに
選択したり、行動するだけで
そうなっていくと思います。
 
 
あくまで私の考えです。
違うと思われた方はお許しくださいね。
 
 
直観について。
書きたいことがまだありますので、
次の記事に書かせてくださいね。
 
 
皆さんにとって素敵なことがたくさん訪れますように☆ 
 
いつもありがとうございます。
 
白猫
 

| | コメント (2)

過去、現在、未来は同時期に存在している。

みなさん、こんにちは。
白猫です。 
 
 
宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」
ピエール・フランク さん著
 
を紹介しました。 
 
その続きを書かせてくださいね。
 
 
過去から現在未来は、一つの線で繋がっているのではなく、
同時期に存在しているという理論を読んで、
ものすごく、腑に落ちたのです。 
 
私はあまり数学的な人間ではないので、
理屈で説明できないのですが、
 
私の中で、これは本当のことだ、
という感覚を覚えたということでしょうか。
 
 
実は、今現在も、未来は複数存在しているのです。
 
つまり、今、この瞬間に
未来は、複数存在して、
そこで色々な事が繰り広げられているのですね。 
 
 
今、私がとった選択で、
ある未来が消えていく。 
 
ある未来がリアルになっていく。 
 
シャボン玉のようなものなのかもしれません。
 
 
今、複数の未来がゆらりゆらりと動いていて、
私がとった行動により、
ふわふわと浮いている未来が、
一つ消えたり、あるものが明確になったりしていく。 
 
 
その強くなった未来に向かって、
私は引き寄せられていくのかもしれません。
 
 
そんなイメージを、本書から受け取りました。
 
 
過去から未来に一直線につながっている訳ではない。 
 
平面で重なり合い、同時期に起きている。 
 
この発想は、
私の中で、ものすごく腑に落ちたものなのです。 
 
 
私は、時々記事にも書いているので
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
海外ドラマが好きです。 
 
見ると元気になるアメリカのドラマや、
最終的には勧善懲悪となる、韓国ドラマが特に好きなのですが、
先日見た韓国ドラマで
すごく面白いタイムトラベルのドラマがありました。 
ナイン ~9回の時間旅行~
 
 
このドラマを観ると、同じ時間、同じ時刻に、
同時期に過去も現在も未来も存在し、
お互いの行動が影響しあっているのがわかります。
 
 
もちろんドラマなのでフィクションですが、
お互いに影響しあっているのが、
はっきり画像として見えるので、
イメージしやすいかもしれません。
 
興味があったら見てみてくださいね。
 
レンタルでもあるかもしれませんし、
私は動画サービスで見ていました。
 
 
現在、過去、未来が同時期に存在しているというのは、
つまり、私の今の行動如何で、
未来の現時点が変わっていくのでしょう。 
 
 
もし未来に今の自分がいたとしたら、
世界がどんどん変わっていくのを
体感していると思うのです。
 
あれ? 今ここにいたはずなのに、
過去の私が何かやったかな
 
という感覚でしょうか。 
 
 
いい方向に動けばいいのですが、
悪い方向に動いてしまうと、
未来の自分としては、不安になり、
過去に戻って、アドバイスしたくなるかもしれません。(笑) 
 
 
未来にいる自分には、
ビクビクと心配しないで生活してもらいたいですね。
 
そのためには、現在の私の選択も大切ですし、
過去の出来事をどのように解釈して
未来に繋げるのか、ということも重要なことだと思いました。 
 
 
過去に起こったあまり良くない出来事や、
自分のことなどマイナスに思いすぎると、
そのままの考え方で、未来に進んで行ってしまいます。 
 
ずっとマイナスの延長で、人生を変えるきっかけがありません。
 
 
人に頼らず、
自分で人生を切り替えないと、永遠に今のままの延長で、
人生が続いてしまうかもしれません。 
(もちろん、今の人生に満足されているのでしたら、
大丈夫です)
 
 
過去を切り替える方法としては、
過去のよくなかったことや、
自分では選べなかった環境のことなどは、
それがあったから、こうなれた、というようにプラスに解釈したり、
 
 
自分の欠点や、マイナスのことについても、
長所に転換することで、自信がついてくるように
自分で自分を仕向けることが大切なのだと思うのです。
 
 
自分の人生の中で、
自分の物事のとらえ方を変えることこそ、
マイナスの連鎖を断ち切る唯一の方法だと私は思っています。 
 
あくまで私が感じたことを直に書かせていただいています。
もし違うなと思われた方は、お許しくださいね。
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
皆さんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆ 
 
白猫

| | コメント (0)

心からの願いは必ず叶う 「宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」」

皆さん、こんにちは。
白猫です。
 
ようやく暖かくなってきましたね。
 
もうすぐGW
少し休憩したいと思っているので、待ち遠しいです。
 
さて、今日は面白い本を借りたので、ご紹介させてくださいね。
 
 
宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」
 
ピエール・フランク さん著
 
 
 
この本は、いわゆる引き寄せの法則、
願えば叶うという、願望達成の法則が書かれているのですが、
 
スピリチュアル的なことだけでなく、
科学的な根拠も書かれていて、信憑性があります。 
 
 
願えば叶う、というのは事実だと分かっていても、
なかなか信じきれないですよね。
 
 
本書を読むと、わかりやすい言葉で科学的なことが書いてあるので
すっと入ってくるのです。 
 
驚いたのは、心臓から発する電気的活動(心電図)は
なんと、2、5メートルも周囲に影響を与えているとは!!
 
自覚もできませんし、目にも見えないので
人の心臓から電気的なエネルギーが発せられているなんて
思いもよりませんでした。
 
 
その心臓こそ、願いを叶えるための
中枢ではないかということが書かれています。
(信念と感情を電磁波に変える働きをしている)
 
 
「願い」は、心底願わないとかなわないのも、納得でした。
 
頭で考えているだけでは、心のエネルギーを活用していないということなんですね。
 
 
エネルギーは目に見えるものではないので、
感覚でしかないと思っていたのですが、
そんなことはないんだ、と腑に落ちました。
 
 
例えば、この人と会うとエネルギーがもらえる。
この人と会うと、吸い取られる気がする。
 
というのは、あながち気持ちが感じた感覚的なものだけでなく、
やっぱり事実だったのですね。
 
 
同じ種類のエネルギーの人同士が集まると
素直に居心地よいですよね。 
 
 
居心地よい人、音楽、本、言葉など、
自分の感覚を大切にして、生活することで
更に願望が叶いやすくなると書いてありました。 
 
 
イメージしてもらうとわかると思うのですが、
不安なことや、嫌なこと、心配なことが目の前にたくさんあると
楽しいことに気持ちがいきませんよね。 
 
気がかりに足を引っ張られ、
楽しいことも楽しめません。 
 
 
でも、自分の心が穏やかで、
付き合っている人も、自分が選んでみている本や映画なども
全て安心できるものばかりなら、
楽しいこと(願い事)に、安心して向かい合えると思うのです。
 
 
そういう意味で、つくづく、付き合う人も重要だなと実感しました。
 
近々、記事に書かせていただきたいと思っていますが、
浅見帆帆子さんの「出逢う力」には、人間関係だけに焦点を絞って書かれていて、
本書を読んで、さらに納得しました。
 
 
頭で、この人と付き合っている方が得かも、
というのは、居心地よさとは違いますよね。   
 
また、会うと嫌な思いをしたり、元気を吸い取られたりするのに
その些細な気持ちを、私たちは軽く扱いすぎだと思ったのです。 
 
 
例えば、どうしても選べないことはあると思うのです。 
 
家庭とか、職場とか。 
 
でも、選べる人間関係なら、自分が本当に居心地よい、
楽しいと思う人だけ、お付き合いすることがとてもとても
重要なのですね。
 
 
理性、損得、罪悪感などは一度横に置いておいて、
自分の本音で生きた方がいいのだと思いました。
 
 
また、自分の願いは、人を選んで口にすることの重要性についても
書かれています。
 
自分が話したことを、聞いた人が面白く思わないのを察知して、
遠慮したことはありませんか?
 
 
逆に馬鹿にされたり、軽く扱われたりすると、
そこまでのことでもないかも…
と思ってしまい、あきらめてしまったり。
 
 
それは誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。 
 
 
こんな素敵なことがあった、ということを話した時に、
相手が面白くない顔をすれば、
嬉しい気持ちを顔にするのは遠慮してしまいますよね。 
 
それは、波動が合わない、という一つの証拠だと思うのです。
 
 
願いごとを口にすると人がご縁を引き寄せてくれる
という法則も、あちことで耳にしますが、
やはり相手を選ぶと思います。 
 
願いごとだけでなく、自分が大切にしている思いや気持ちは、
相手を選んで口にする。 
それが自分を守ることだと思いました。
 
 
本書では、
私が一番、なるほど!!と思った気づきがあります。 
 
 
未来、現在、過去について、興味深いことが書いてありました。 
 
 
ここがすごくお伝えしたいことなのですが、 
長くなりますので、次の記事に書かせてくださいね! 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように☆
 
白猫

| | コメント (0)

素敵な和紙風ハガキ わぶみ 郵便局にて

皆さん、こんにちは。
白猫です。

今日はオススメの和紙風ハガキをご紹介しますね。

わぶみ






和紙のようにザラザラした感謝で、
色は綺麗なピンクです。

切手代込みで60円とお得な値段。

インクジェットには向かない、手書き向けです。

割と大きめの郵便局なら置いてあるのでは、と思うのですが、なかったら取り寄せてもらってくださいね。

温かな思いが伝わるようなハガキで、
お気に入りです。

週に一度はハガキを書いている私にとって、
素敵なハガキとの出会いは、とても嬉しいことなのです。

良かったら皆さんも、
ふと思い出した方がいれば、
おハガキを書いてみてくださいね。

きっと喜ばれると思います。

今日も読んでくださってありがとうございます。

皆さんにたくさんの素敵なことが、訪れますように。
白猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目黒川の桜

目黒川の桜を見てきました。

満開を過ぎて
散っている姿も綺麗でした。

川が天の川のようでした。

桜は小さくピンクで
精一杯の様子が夢と元気をくれます。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

潜在意識の答え 「夢は、紙に書くと現実になる!」

皆さん、こんにちは。白猫です。
 
今日は最近読んだ本で、良い本があったので、ご紹介させてくださいね。
 
 
「夢は、紙に書くと現実になる!」
 
ヘンリエッタ・アン・クロウザー さん 
 
 
手で文字を書くって、実はすごいことなのだと再認識した一冊です。 
 
 
最近はパソコンに向かってキーボードを叩いたり、
スマホや携帯で文字を打つなどに押されて、
手書きで文字を書く機会は、各段に減っていますよね。 
 
この本では、文字を書くことで夢が叶ったり
問題が整理される効果について、
実例と共に紹介されています。 
 
 
例えば、進むべき方向がわからない時、
早朝に起きて、毎朝15分、
ひたすらノートに文字を書くと良いとのこと。
 
書くことは何でもいいのです。 
 
 
今、この瞬間に眠いとか、辛いとか、
どうしたらいいかわからないとか
 
 
その時の思いのまま、
ただ、ただ、2週間毎朝書き続けると
 
ふとある瞬間に、
ハッとなるようなメッセージを手が書いてくれるそうです。
 
 
書き続けているうちに、
自分の潜在意識の奥にある答えを、
ペンを通じて、教えてくれるとのこと。
 
 
私もやってみよう!
と思いました。
 
 
他にも上司とうまくいかず、
仕事にモチベーションを落としていた女性が
不安な気持ちをひたすら、書き続けました。
 
 
書き続けているうちに、
自分が本当に何について不安に思っていたのかがわかり、
 
他にも、自分の価値についても再認識して、
自信を持てるようになったのです。 
 
その変化に勇気づけられました。
 
 
書く内容が変化していく過程も、
詳しく書かれているので、
書くことの力をリアルに感じました。
 
 
他の実例も興味深く、
未来のパートナーに手紙を書いて、
実際にそのような人と出会った人や、
 
思い通りの(それ以上の)
家を手に入れた人もいました。
 
 
体験談はどれも説得力があります。
 
 
手を動かして書き続けることで、
潜在意識から答えが得られるのでしょうか。
 
もしくは、宇宙と繋がれるのでしょうか。
 
原理はわかりませんが、
理屈抜きで、手で文字を書くというのは
良い効果があるようです。
 
 
あくまで、私の想像ですが、
手を動かすというのは、無心に近い状態になり、
普段隠れていた本当のことが、
表に出てきやすくなるのかもしれません。
 
 
私もやってみようと思いました。
 
皆さんもよかったら、手の動きに任せて、
今の自分の思いを、ただただ吐き出してみませんか? 
 
 
私も書くことで、何か変化や面白い発見があったら、
紹介させてくださいね。
 
 
また、この本に何冊か興味深い本が紹介されていました。
 
本の中で紹介される本をたどっていくのは、
冒険のようで、大好きなのです。
 
 
今、そのうちの2冊を、図書館で予約して取り寄せ中です。
 
良い本でしたら、このブログで紹介しますね!
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
 
みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように☆
白猫

| | コメント (2)

夢からのメッセージ(途中経過)

みなさん、こんにちは。 白猫です。  

 
先日の日記に書かせていただいた、
   
寝る前に、宇宙に質問してから寝ると、
朝、起きた後で、メッセージが訪れる

ということを日曜日と、月曜日の2日間、試してみました。 

 

すごく面白いです。

 
  
まず、月曜日のこと。
  
朝起きた後、寝ぼけた頭で歯磨きをしていたら、
ふと、とある人の顔が浮かびました。
  
1年くらい前に、1度だけワークショップでお会いした方の顔です。
  

ワークの途中で、私が、

「最近、ものすごく忙しくて、心が忙殺されている。

どこかで心を整理したい」と言ったところ、
  
その方が、

「九頭竜神社に行くといいよ」
  
とおっしゃってくださったのを
思い出したのです。 
  

九頭竜神社は、箱根にある、有名な神社ですが、
少し行きにくい場所にあるようです。

私はまだ訪れたことが一度もありません。

 

頭の中で、その神社のことを忘れることはなかったのですが、
実行に移さないまま、一年が経ち。
  

月曜日の朝にふと思い出した、その言葉。
  

「私の心が楽しい方に動いたから、これは間違いなくメッセージだ!」

と思いあたり、
行動的な年上の、私が姉のように慕う友人に
早速メールで「九頭竜神社に行きましょう」とお誘いをかけました。
 

「予定を合わせていきましょう」と速攻の返事。

お仕事も趣味もたくさんあって、
忙しい人なので、すぐに予定が合わないかもしれませんが、
春のうちに行けたらいいなあ。

と願いつつ、まずは、友人にメールをしたことで、
一歩、実行への足掛かりにしたことにホッとしつつ。
 

今朝、火曜日。
 

夢の中でのこと。

いつも行く映画館のロビーが、なぜか、ジャズレストランに。
 

ジャズのピアノとジャズシンガーが歌う中、
私は音楽の良さを思い出していたのです。
 

1日は24時間しかなくて、
やりたいことがありすぎて、
ぼんやりする時間も必要だし。
 

そんな私が忘れていた、音楽を楽しむ時間。 

 
それもきっと、今の私に必要だというお知らせなのでしょう!

通勤の往復で、音楽を聴くことにしました。

 
1年くらい前までは、音楽を聴きながら通勤していたのですが、
イヤホンが壊れて、そのままになっていたのです。

なければないで、特にいいかな、と思ったりして。

でも、ほんのちょっとの時間でも、音楽を聴くことで、
気分転換になるかもしれません。  

そんな気づきも、ワクワク。
 

さて、明日の朝は、どんな気づきが訪れるのかな。 

 
それが楽しみで、眠るのも起きるのも楽しみです!!

(朝起きるのが楽しみなんて、嬉しい副産物です。(笑))
 

メッセージって、思いこみ、意味のないものだ、と思えば、
もしかしたら意味はないのかもしれません。
  

でも、心がワクワクしたり、楽しそうと思ったり、
見逃せないシグナルを感じたりしたら、
実行に移して損はないと思うのです。 

 
帆帆子さんの本にも書かれていたのは、
その小さなシグナルを実行するかどうかの差で、
1つ1つは小さい行動でも、
あとで、大きな差になってくる。 

 
とありました。

本当にその通りだなあ、と思うのです。 

 
少なくとも、小さなワクワクを行動に移すことは、
心にハッピーを積み重ねることですから、
 

「あ、ワクワクを感じる」

「やってみたら、楽しかった」

「誰かに教えよう」

 
と、楽しみが倍増していくのが面白いです。
想像するだけで、楽しくなります♪  

この気持ちこそが、幸せを積み重ねることそのものかもしれません。

 

それではまた面白いメッセージがあったら、聞いてくださいね。

 

九頭竜神社にも、5月か6月になるかもしれませんが、
行ってきたらブログにアップさせてください。 

 
今日も長い文章を、読んでくださってありがとうございます。 
 
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆
 
白猫
 

| | コメント (2)

休息日の気づき すべて、必要な時に、必要なことが起こる

みなさん、こんにちは。
白猫です。 
4月ですね。
 
東京は桜が見ごろです。みなさんのお住まいではいかがですか?
桜が咲くと、ようやく春が来たんだな、と嬉しい気持ちになります。
 
私は半年間の研修を2つ、
昨年の秋から受講していたのですが、
 
そのうちの一つが、先週の日曜日で終了。 
 
ホームワークもあって、大変だったので、
かなりホっとしています。 
 
とはいうものの、せっかく弾みがついている今なので、
学びをさらに続けたい!という意欲もわいてきています。 
 
私は、好きなことを学ぶのが楽しいのです。
 
もちろん、好きなこと限定です。
ニガテな科目は、以前から何度読んでも、頭に入らず、通り過ぎていくばかり…です。(笑)
 
 
今週末は、自分のための休息日。
なんの予定も入れずに、家でゆっくり過ごしました。
 
 
自分だけの時間は本当に必要です。
 
 
一人になる時間が増えるほど、満ち足りてきます。
 
そして、好きな人とだけ会うことが、エネルギーの源になるのです。
 
 
この週末も本を何冊か読みました。
 
みなさんにもご紹介したいので、近々更新させてくださいね。
 
1冊は浅見帆帆子さんの、「出逢う力」という本です。
昨年から読みたかったのに、本当に余裕がなくて、ようやく読むことができました。 
そして、今、読むべき本だったのだな、と昨年読めなかった訳もわかりました。
 
 
「すべて、必要な時期に、必要なことが起こる」
 
本にもそのように書いてあって、なるほど、と納得です。
 
 
この本に書いてあった言葉で、すごく心に残ったことが、
 
「寝る前に、宇宙に質問をしておいて、目が覚めた瞬間に、答えが降ってくるので、
それを、うやむやにせず、実行に移すこと」
 
とあって、今夜から早速試してみようと思っています。
 
 
面白い結果が出たら、みなさん聞いてくださいね。
 
 
本の内容についても、また近々紹介させてくださいね。
 
 
他にも、文字を書くことで、直観がひらめくようになる内容の本も読んだので、
この本もぜひ、紹介したいです。 
 
 
週末の夜に、みなさんとお話ししたくて、たわいない内容の日記です。 
 
 
読んでくださってありがとうございます。  
 
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆ 
いつもありがとうございます。
白猫

| | コメント (2)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »