« 鎌倉シフォンケーキ | トップページ | 鎌倉のお勧めパン屋さん KIBIYAベーカリー/ジャックと豆の木 »

その試練は本当に必要? 劣等感から抜け出すこと

みなさん、こんにちは。
白猫です。 
 
先日のブログの記事(生まれ変わり)の続きを書かせてくださいね。 
 
 
私は人間の尊厳について思うことがあります。 
 
 
先日のブログに、つらい体験も、
魂がその経験を望んでいるから選んだ。
 
というようなことを書かせていただきました。 
 
ただし、私はつらい経験には、
必要な経験と、しなくてもいい経験の2種類があると思うのです。 
 
 
私がその2種類を見分ける方法として使っているのは、
 
 
もし私が自分の守護霊さまなら(親なら、先祖なら)
 
今の自分の行動を喜ぶだろうか
私が置かれている環境を喜ぶだろうか。
 
今、自分がされていることを悲しまないだろうか。
 
という視点です。 
 
 
つらい時、あたらしい行動を起こす時、
今の自分の置かれている環境に疑問を持った時。 
 
 
守護霊さまの視点で自分の現状や、行動、環境、体験などを
見守ってみてください。
 
 
もし守護霊さまが喜ぶと思えたら、大変なことであってもそれは進んでいいと思うのです。  
 
つらい体験も自分のため。
 
あなたを大切に思う守護霊さまや親なら、きっと応援してくれるでしょう。
 
 
仮に、自分の尊厳を傷つけてまで辛い経験をしているのなら、
守護霊さまは喜ばないと本心ではわかるはずです。 
 
だとしたら、その道から脱出するしかないのです。 
 
 
脱出というのは、縁を切る、その場所を離れるというものもありますが、
極端な行動だけではありません。 
 
 
相手のいうことをまともに受けない
 
相手のいうことに振り回されない。
 
簡単に傷つかない。
 
という防衛手段もとれます。
 
 
ただし、明らかな虐待、いじめ、モラハラなど、
大切な自分自身の尊厳を失うことを強いられていたなら、
私は、逃げることをお勧めします。
 
 
金銭的な理由や、私がいないとこの人は… 
今まで苦労してきたのだから、
 
など、思うことはあると思いますが、
劣等感や共依存について、私は斎藤一人さんの本が心に響きました。 
 
 
「地球が天国になる話」 斎藤一人さん
 
 
私はある時期、尊厳を傷つける人の下で働いていたことがあり
そこから逃げ出す時に、本書に書かれていたことで勇気をもらったのです。 
 
 
この本は私の大好きな兄がプレゼントしてくれました。 
 
事情があり、いっしょに暮らしたことはありませんが、
私にとって、宝物のような大切な存在です。 
 
 
この本に書いてあることに勇気をもらい、
兄や友人など、私を思ってくれた人たちのおかげで
苦しい状況から抜け出せたのです。
 
 
本当に感謝しかありません。
 
 
今日、私がこの記事を書こうと思ったのは、
自分の尊厳を守ることについて、
誰かが必要としているようなお知らせを感じたからです。
 
 
斎藤一人さんの本を必要としている人が、1人でもいるかもしれない、
と思って、紹介させていただきました。 
 
 
一人さんはこの本の中で、このようにおっしゃっていました。
(言葉の抜粋ではありません。私が受け取った内容をまとめています)
 
 
「プラスの言葉を使っても、あなたの劣等感がなくならないのは、
あなたの尊厳を傷つける人が、必ず周囲にいるはずです。 
 
あなたが、あなたを虐めるその人と離れられないのは、
本当はあなた自分が、あなたのことを一番虐めているということに気づいてください。
気づいたら、抜け出してください。
あなたを愛するのは、あなたしかいないのですから」
 
 
共依存は心のからくりです。
 
 
自分に負の作用を与える人のそばにいると、
劣等感が強くなり、その人のそばにいないと、
一人では生きられないような気持になっていきます。  
 
 
でも、それは錯覚です。  
 
 
離れれば、あなた自身の尊厳がよみがえり、
誰でも一人で、自分の足で立てるようになります。 
 
 
自分を好きになるという本能的な気持ちは、
自分の足で歩ける自分にならないと
実感できないものだと思うのです。  
 
 
つらいことからすぐに逃げることをお勧めしたい訳ではなく、
本当にそのつらいことは、私のためになるのだろうか。
 
と、守護霊さま、ご先祖さまの目線で
見てあげてほしいのです。
 
 
あなたがあなた自身を守ってあげてほしいのです。
 
 
私もつらい体験を乗り越えて、今があります。
 
たった1人でもこのブログの記事がお役に立てていれば
本望です。
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆
 
白猫
 

|

« 鎌倉シフォンケーキ | トップページ | 鎌倉のお勧めパン屋さん KIBIYAベーカリー/ジャックと豆の木 »

おすすめ本」カテゴリの記事

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。久しぶりに、コメントをさせていただきます。
白猫さま、このたびの記事、とても心に染み込みました。ありがとうございます。
なぐさめていただけたような、背中を押していただけたような… 安心出来ました。また、お会いしたくなりました。

投稿: なむ | 2016年3月 6日 (日) 19時04分

なむさん、こんにちは。
 
久しぶりになむさんからメッセージをいただいて、とても嬉しく懐かしくなりました!
お会いしてから、5年は経ちますね。
 
その後、お元気でしたでしょうか。
 
なむさんからコメントをいただけて、とても嬉しかったです。
 
実は、不思議なのですが、最近、ふとなむさんとお会いした屋上のカフェでのことを思い出して、お元気かな、と思っていたです。
 
そのタイミングでコメントをいただけて、びっくりしました。
 
読んでくださっているだけで嬉しかったです。
ありがとうございます。
  
なむさんの笑顔と幸せを、心から願っていますね。
お体と心を大切にしてくださいね。
 
白猫
 

投稿: 白猫 | 2016年3月 6日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉シフォンケーキ | トップページ | 鎌倉のお勧めパン屋さん KIBIYAベーカリー/ジャックと豆の木 »