« 色とりどり 鎌倉野菜の市場 | トップページ | 鎌倉シフォンケーキ »

魂がその経験を求めている

みなさん、こんにちは。白猫です。
 
突然ですが、皆さんは生まれ変わりを信じますか?
 
私は根拠がある訳ではないのですが、
生まれ変わりを信じています。 
 
 
理屈ではなく、輪廻転生の考え方が自然のように感じるのです。 
 
 
生まれ変わりについて書かれている本はいくつかありますが、
私がお勧めするのは、飯田史彦先生です。
 
 
 
 
「生きがいの創造」 飯田史彦先生との出会いは、
今から10数年くらい前だったと思います。
 
 
「自分で親を選んで生まれてきている。
そう思えて楽になった」
 
 
私に本をプレゼントしてくれた友人
以前の職場で知り合った、今でも大好きで尊敬する方)が、
このように私に言って、本を渡してくれました。   
 
 
不可抗力だと思っていた、生まれた家や親とのかかわりは、
実は生まれる前に自分で選んでいた。 
 
 
そう思えた時、私自身の囚われていた心が解放された気がしました。
 
 
飯田史彦先生は、元福島大学経済経営学類の教授で
色々な体験を経て、生まれ変わりや、
スピリチュアルの研究をされて、それを本を通じて伝えてきた先駆者の方です。
 
 
与えられたものに我慢して生きる人生、と思うより、
 
自分でこの家を選んで生まれてきた、と思えたことで
私自身が、自分の人生を引き受けられたのです。 
 
 
そして、実際にその通りだと思うのです。
 
 
与えられた人生だと思うより、自分で選んで生まれてきた。
 
スタート時点は皆それぞれ違うけれど、
その後、どのように展開していくは、自分自身にかかっている。
 
 
そう思えた方が、腹をくくれると思うのです。
 
 
飯田先生の本は信奉者にならなくても、
一読の価値はあると思います。
 
ご興味のある方は読んでみてくださいね。 
 
 
他にも、最近読んだ生まれ変わりについての本について、紹介させてくださいね。 
 
「生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる」 池川明先生
 
 
産婦人科医師の池川先生が書いた本。
 
飯田史彦先生の本についても、紹介してありました。
 
 
本書で特に心に残ったフレーズは
 
「たとえ幸せになれない縁であっても、魂はその経験がしたいと思っていた」
 
というようなニュアンスのフレーズです。 
 
 
私たちは、意識として、人間関係での出来事を、
幸せ、不幸せでとらえがちです。
 
 
特に恋人や夫婦、親子など、親密度の高い人たちの葛藤は激しいものもあり、
こんな縁ならいらなかった、と思うようなこともあると思います。
 
 
仮に辛い縁だったとしても、
実は魂がその経験を望んでいた
 
 
そう思うと、すべて受け入れられる感じがします。 
もちろん、あえて苦しい思いや辛い思いをする必要はないのです。 
 
 
もう、こんな経験はしたくない。と自分でわかった時は、
同じ経験からは卒業です。 
 
 
魂が「卒業していいよ」というサインを出してくれたら、
あとは、自分がキャッチするだけ。 
 
 
このことについては、もう少し書きたいので、
また改めてブログで書かせてくださいね!
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
 
みなさんの幸せを願っています。
 
 
白猫
 

|

« 色とりどり 鎌倉野菜の市場 | トップページ | 鎌倉シフォンケーキ »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色とりどり 鎌倉野菜の市場 | トップページ | 鎌倉シフォンケーキ »