« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

周囲の愛に気づくには 「わたしをみつけて」中脇初枝さん

皆さん、こんにちは。白猫です。 
 
最近、小説で良い出会いの本があったのでお伝えさせてくださいね。  
「わたしをみつけて」 中脇初枝さん
 
 
簡単にあらすじです。
 
捨て子という境遇で施設で育った准看護師の弥生。
 
彼女は心の中にたくさんの諦めや空虚感、孤独感を持っています。 
  
  
色々な出来事にいちいち動揺しないように、
心にガードを作っているのです。 
  
 
過去のトラウマから、
 
「いい子」でないと捨てられてしまう
 
 
という思いがあり、本音を我慢して、
優等生として生きています。 
 
 
そんな弥生が勤務する病院に、新しい看護師長が就任しました。
 
新しい看護師長からの刺激を受け、
更にある人との出会いによって、弥生は変わっていくのです。 
   
 
そして、ある事件を通じて、弥生は人に嫌われることを恐れる自分からも
抜け出すのです。 
 
 
この本を読んで思ったのは、
捨て子であるないにかかわらず、
人は誰もが、心に孤独感を抱いているのではないか、ということでした。 
 
 
そして、人に嫌われるのではないか、という恐れも
誰もが抱いているのではないでしょうか。 
 
  
  
弥生が最後に気づいたのは、
今まで人生で出会った人たちの愛情や優しさです。 
 
 
人からの好意や愛情は、
自分で気づこうと思わなければ気づけません。 
  
  
当たり前だ、まだ足りないと思っている間は、
感謝の気持ちは生まれてこないのだと実感しました。
 
 
弥生がそのことに気づいて、
 
今までモノクロームだった人生が、
突然、人生が、愛情に満たされたパステル色に変わった瞬間を
私は本を通じて感じることが出来ました。
 
 
私自身も養女として育ち、独りよがりの孤独感でいっぱいの少女でした。
 
親や出会った人たちに感謝するより、不満を抱くことが多く、
今思うと恥ずかしい限りです。
 
 
そんな私自身が重なって、
弥生の変化に共感しました。
  
  
小説としても面白く、先が気になり一気に読んでしまいました。 
  
  
弥生が人に心を開いていく様子に、私まで嬉しくなりました。
そして、私が痛感したこと。
 
 
人として大切なものを我慢してまで、
いい子である必要はないんですよね。 
 
 
弥生の生き方から、勇気をもらえるような一冊です。
 
良かったら読んでみてくださいね。 
 
  
どの人の中にも「弥生」がいるように思います。
 
周囲の人たちの愛情ややさしさ、思いやりに気づけるかどうかは、
自分自身が、それを見ようとするかどうか
 
たったそれだけの差だと改めて思いました。 
 
愛はそこにないのではなく、ただ、見ようとしていないのだと。 
見なければ、いつまでも、自分がかわいそうでいられます。
 
誰かを悪者にすることもできます。 
 
真実を引き受けるには強さが必要かもしれません。
 
 
悪者も加害者も被害者も、本当は私の人生にはいないのだと、
自分自身の人生を引き受けた時、
 
きっと周囲に愛が満ち溢れていることに気づけると私は思うのです。
 
(もちろん、明らかに辛い思いをされている方もいらっしゃると思います。
あくまで私の実感です。ご理解いただけたら嬉しいです)
 
 
最近、図書館で予約した本がたくさん届き、
どれも面白いので、順番に紹介させてくださいね。
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆
いつも願っています。
 
白猫

| | コメント (0)

会話の主役をとられてしまうと…

皆さん、こんにちは。白猫です。 
 
今朝、明け方に見た夢がすごくリアルだったので
聞いてください。 

相手がだれかははっきりしないのですが、
私は何かを夢中で話しをしていました。
 
会話の中で
 
「それで○○さんがこう言ってね」
 
と私が何か言ったところ、
 
 
相手が「○○さん、元気? そういえば○○さんて…」
 
と、話題が○○さんのことにうつってしまったのです。 
 
 
私が話したいことに○○さんは関わっていたようですが、
○○さんの話がしたかった訳ではなく、
他に話したいことがあったようです。 
 
 
話したいことが宙ぶらりん。
 
夢の中で、そうじゃなくて…と必死で訴えようとしている私がいました。
 
 
そのもどかしさがあまりにリアルで、目が覚めました。(笑)
 
 
現実にも、こういうことってよくありますよね。
 
 
会話の登場人物や、会話に出てきた事柄に、
話題がとられてしまう経験。 
 
 
これって話す人にとっては、すごくもどかしく、
がっかりすることなのだと改めて実感しました。 
 
 
私も気をつけなければ!
 
そうそう。もう一つリアルな夢の話を聞いてくださいね。
ひと月前くらいでしょうか。 
 
 
大勢で歌を歌っているのですが(設定は不明)
 
順番にソロパートになるようでした。
 
  
私が歌おうと思った瞬間、なぜか声が出ないのです。
 
 
口をあけても、パクパク。
 
 
大きな声で歌いたいので、声が出ない! 
そのストレスで目が覚めました。 (笑)
 
この夢の理由はわかりませんが、
何か声に出したい感情があったのかな。
 
 
私は歌を歌うのが昔から好きでした。
 
 
なのに、最近は歌っていないなあと思い出したのです。 
もしかしたら、夢が、
歌うと自分を解放できるよ、と教えてくれたのかもしれません。
 
大きな声を出すと、発散できるといいますが、
歌を歌うって、それが楽しくできるから好きなのです。
 
 
皆さんも歌を歌っていますか?
 
たわいない私の夢の話を、聞いてくださってありがとうございます。
 
また近々更新させてくださいね。
皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆
 
白猫

| | コメント (2)

過去からのメッセージ「株式会社タイムカプセル社」喜多川泰さん

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

今年最初のブログは、とっても素敵な本に出会ったので、

その本を紹介させてくださいね。

「株式会社タイムカプセル社」喜多川泰さん

 
タイムカプセルという言葉に、心惹かれた私。
さらに、大好きな喜多川泰さんの本なので、二重の期待を込めて読みました。
 
 
その期待をはるかに超えた読後感でした。
 
10年前の自分からのメッセージ。
 
書いた時はそこまで思い入れがなかったとしても、
届いた時の状況で、その手紙が命を救うかもしれません。 
 
 
今回の手紙の主人公たち5名は
事情があり、10年前の住所には住んでいませんでした。
 
「届かない人たちほど、この手紙を必要としている」
 
配達員である2名にも、それぞれ人生に深いストーリーがあります。 
 
 
いわゆる10年前の手紙を読んで感動して立ち直る。 
 
そんな単純な展開ではありません。
 
 
それぞれの人生にストーリーがあるのです。
 
どんな人にも人には言えないドラマがあって、
それが人を深くし、思いやりを持ったり、他者に優しくなれたりするのだと、
読んでいて実感しました。 
 
 
辛い出来事があったからこそ、人間として深味が出てくるのですね。 
 
辛かった過去の出来事を
 
「このことがあったから幸せになれた」
 
 
と言えるように、
過去を書き換えるには、未来を良くするしかないんですよね。 
 
 
過去にこだわらず、未来を良くすることで、
当時良かったことも、悪いと思ったことさえ、
すべて、「出会って良かった出来事」に変化するということを、
しみじみ実感させてくれた一冊でした。
 
未来を良くするために必要なのは、
 
 
「勇気」と「行動」と「自分を許すこと」かもしれません。 
 
 
私ごとですが、過去を振り返って思ったのは、
本当に10年なんてあっという間だったという事実。
 
でも、10年前を思い出すと、子供はまだ小学生。 
 
そう思うとずいぶん昔のような気がします。 
 
日々のことこなしながら生きているだけで、いつの間にか時間は過ぎ
あっという間に1年、5年、10年経ってしまったような感覚です。
 
私が思うのは、
ある日すごい未来が突如訪れることはあまりなくて、
 
 
 
毎日毎日の積み重ねがそのまま未来に「連続」しているということ。 
 
 
10年後の未来は、今日の積み重ね。今日の連続です。 
そんなことに気づきました。
 
 
逆に言えば、少しずつしか人間は歩めないものだから、
少しずつ、成長していけばいいんですよね。
 
 
本書に、ある日突然、祭り上げられたように頂点に上り
突然、梯子を外された人のエピソードもありました。 
 
ビックリするような幸運は、努力や成長の裏付けがないと
人の嫉妬を浴びて、突然失うかもしれません。
 
でも、一歩一歩の成長が築いていく未来は、
だれにも壊されることはないように思いました。
 
 
さらになるほどと思ったのは、書いた時に真剣でなければ伝わらないということ。
 
10年前の自分が10年後の自分に、
真剣に伝えていないメッセージからは何も伝わってこないのです。 
つまり、今日を丁寧に生きていなければ、
未来の自分に何も伝えられないかもしれません。
 
どの人にもそれぞれに気づきや勇気をいただける本だと思いました。
読みやすい本ですので、良かったら読んでみてくださいね。
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
皆さんの5年後、10年後が幸せでありますように。
そのために、「今日」がありますように。
 
白猫

| | コメント (2)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »