« ほんわかヒーリングリスト | トップページ | 母への葛藤と感謝の気持ち »

しょうがないこともある

皆さん、こんにちは。白猫です。
いよいよ年の瀬ですね。
 
 
今日もふと思い浮かんだ気づきを聞いてくださいね。
   
数年前のことですが、自転車の籠の中に定期券入れを落としたまま
仕事に行ったことがありました。
(なくしたと思いがっかりしていたら、自転車の籠に入っていたのです)
   
1日放置していても、誰もとらなかったなんて、
本当に日本は安心できる国民性だなとその時、感激しました。
 
 
同じ時期に、買ったばかりのサンドイッチを入れたまま、
他のスーパーで買い物して出てきたら、サンドイッチがなくなっていました。
(私の無防備さが原因です)
 
 
定期券はあったけれどサンドイッチがなくなっていた。
 
 
もちろん、タイミングとか場所とか時間とかにも関係あると思いますが、
当時思ったこと。
 
サンドイッチを盗んだ人は、
お金に余裕がない状況でお腹がすいていたのかな? と想像したのです。
 
 
あくまで空想の世界なので、事実はわかりません。
 
ここでは事実は確かめようもないのですが、
私が当時のことを思い出して、ふと浮かんだ言葉は、
 
  
「しょうがないこともある」  
 
   
  
私もこのようなブログを書いているにも関わらず、
後で思い出すと恥ずかしいようなこともたくさんしていますし、
若気の至りで、不義理もたくさんしてきました。
  
  
今の状態だったら出来ることが、あの時は余裕がなくてできなかった。
 
今の私ならこうしたのにな、と思うことでも、
過去に戻ってやり直せません。
 
 
時間が未来にしか動いていかない事実の中で、
今の私にできること。
 
 
してしまったことが消えないのであれば、
したことの事実を忘れないこと。
 
 
毎日を、できるだけ誠意をもって生きること。
 
それしか今の自分にはできることはないのかなと思っています。 
「あのときはしょうがなかった」
ということは、だれにでもあると思うのです。
 
 
逆に言えば、私がそうしてしまったように、
人に何かされた過去についてのマイナスの思いなども、
 
「○○さんも、あの時はしょうがなかったんだよね」と思うようにすることで、
私自身が楽になれるのです。
 
人はいつも正しくは生きられないものですから。
   
   
レ・ミゼラブルのジャン・ギャバンが、
お腹が空いてパンを1切れ盗んだことと、
オレオレ詐欺の常習犯が、
罪もないお年寄りからお金をとるのではまったく意味が違います。
 
  
ジャン・ギャバンがパンを盗んだのは、しょうがないことだと思うのです。
 
 
もちろん、すべての過失や、わざとではなくても人を傷つけてしまったこと。
わかっていても、その選択するしかなかったこと。 
 
 
そんな数々のことでさえ、ジャン・ギャバンほどの苦しみの中で、
パンを一切れ盗んだことと、同じ価値ではないかもしれません。
 
レベルの差はあるかもしれませんが、
やっぱり、そのときの自分にとっては
「しょうがなかった」としか言えない過去もあると思うのです。
 
 
もし自分の中でそんな過去があったなら、
反省して、自分自身の中できちんと整理をして、謝って。 
 
しょうがなかったと自分を許して、前に進むことが生きることだと思うのです。
 
 
人のことも同じように、心の中で許して、
過去の記憶の中に墓標を立てて、
そして前を向けたら心が楽になれるかもしれません。
 
  
もちろん、しょうがないでは済まないこともこの世の中にはたくさんあります。
もし私の文章が気に障られたら、お許しくださいね。
 
 
年の暮れに、自分も人も許せたらいいなと思い、書かせていただきました。
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
良いクリスマスをおすごしくださいね。
みなさんにたくさんの幸せが訪れますように。
白猫

|

« ほんわかヒーリングリスト | トップページ | 母への葛藤と感謝の気持ち »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

白猫さんに、平和の祈りをシェアさせて下さい。抜粋ですが。

憎しみのあるところに愛を

いさかいのあるところにゆるしを

分裂のあるところに一致を

疑惑のあるところに信仰を

誤っているところに真理を

絶望のあるところに希望を

闇に光りを

悲しみのあるところによろこびをもたらすものとしてください

メリー・クリスマス❣️幸せな日でありますように(o^^o)

投稿: ぱんだ | 2015年12月25日 (金) 18時01分

ぱんださん、こんにちは。

平和の祈りを私のためにプレゼントしてくださってありがとうございます。

嬉しいです。

おかげで素敵なクリスマスの夜を過ごすことができました。
ぱんださんも穏やかなクリスマスの夜だったでしょうか。
 
いつもありがとうございます。白猫

投稿: 白猫 | 2015年12月26日 (土) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほんわかヒーリングリスト | トップページ | 母への葛藤と感謝の気持ち »