« 東急東横線の旅。中目黒、都立大学、自由が丘 | トップページ | 階段を登るとき »

お茶会を開いて。感謝と感激と、振り返った10数年。

みなさん、こんにちは。白猫です。


今日は冷え込む一日でしたね。 




急に寒くなってきましたので、みなさん、風邪をひかないようにお気をつけくださいね。 






さて、昨日はお茶会でした。




前回お茶会を初開催したのが約5年前。 




前回のお茶会後に仕事で大変なことに巻き込まれ、


私も相当落ち込んだり苦しかったり。 






いろいろなことを経て、今、元の私に戻ってお茶会を開くことができました。


本当に幸せな半日をいただきました。






参加してくださった方も、このブログを読んでくださっている方も、


みなさん、本当にありがとうございました。 






昨日お会いしたみなさんは、


長年私のブログを読んでくださっていたので、


私のことをよく知っていらっしゃって、以前からのお友達と久しぶりに会うような感覚で、


和気あいあいと盛り上がりました。 






私がつらかった時や大変だったとき。




当時のブログを読んで、とても心配してくださっていたとお聞きして、ああ、そうだったんだ、とハッとなりました。






直接触れることはなくても、


この世のどこかに私のことを心配したり、応援してくださっている方がいらしたこと。






だから、私はこうして、今、幸せに穏やかに暮らせているんだなと


目に見えないみなさんの思いやりを感じて、ものすごく感謝したのです。 






お茶会の瞬間は流れてしまいましたが、


あとで、そのことをしみじみと思い出し、




私は一人で生きていないんだな、と改めて感謝したのです。






私は性格的に一瞬の思い付きのパワーはあるのですが、


それが持続しないことも多く、移り気なところも多いのです。 






ホームページを立ち上げた時は、


ちょうど離婚後で頑張ろうと思っていたときに、浅見帆帆子さんの本を読んで、


すごくパワーをいただいて、ホームページを1日で作ってしまったのです。  






最初はよかったのですが、だんだんと記事を更新する頻度も落ち、


ブログに移行してからも、更新が遅くなったり、ときには半年とまってしまったり。 






その間も、ずっと私を忘れず、応援してくださった方がいたのだと感じ、


このささやかな個人ブログを続けていてよかったな、と


誰のためでもなく、私自身のために、思い、感謝しました。






昨日の夜、ホームページを立ち上げた後の自分の人生を振り返っていました。






このホームページ(ブログ)の歴史が


わたしの離婚後の人生の歴史なのです。






離婚後に秘書として派遣社員で復帰し、ご縁をいただいた職場で正社員になり


生活が安定したものの、上司や同僚の方たち、仕事の内容などで、


試練や、つらい時期がありました。






そして、息子が中2のときに私立中学になじめず、不登校を経験しました。 


未来が見えず、苦しい1年間でした。




そのときにブログを書いたり、話を聞いてくれた友人がいてくれて


何とかトンネルを抜けることができたのです。






その後、息子は中3になる前に私立中学を辞めて区立中学に戻り、


元気を取り戻し、都立高校に進学しました。


高校では、明るく元気に過ごす息子を見て一安心。






私もつらかった仕事を卒業して、フリーになって伸び伸びしたのもつかの間、


私自身の油断や傲慢さなどの隙があり、


今までの私なら遭遇しないような試練に出合いました。




初めて、心の病かも…と思うような感覚も経験しました。






でも、その苦しみや試練も、そのときに助けてくださった人たちのおかげで、


無事に抜けることができて、


今は幸せに穏やかに生活しています。






あの時、助けてくれた人がいなかったら、私はどうなっていたのか


想像もできません。 






親身になってくれた友人や、


ブログを通じて、心配してくださっていた人たちがいらしたので、


私はみんなの目に見えないパワーをいただいて


健康を取り戻すことができたのです。 






本当にありがとうございました。






わたしにとっては、一生封印したいと思うほどのトラブルの連続でしたが、


すべて自分が招いたこと。


それは事実です。 




でも、その出来事のおかげで、よいご縁をいただいたり、


人に感謝する気持ちができました。




回復に1年くらいかかりましたが、


得たことは、ものすごく大きかったです。






一番は、心底、自分自身の傲慢さや油断を知ったことです。




感謝の気持ちも、それ以前と、その後では、全く変化しました。




一度死にかけて、命をもらったような感覚(本当にそうじゃないので、そのような体験をされた方は申し訳ありません。お許しくださいね) です。




何をしてもらっても、何を見ても、ありがたいなあと感謝できるようになりました。




そのくらい、人として浅かったなあと反省もしているのです。




わたしを育ててくれた母とも、


思春期の頃のわだかまりもなくなり、とても仲良くなりました。






そして今、新しくご縁をいただいた職場も4年間が過ぎ


もうすぐ5年目を迎えます。 






本当に良い職場で仕事をさせていただき、毎日穏やかで、仕事もとても面白く、


今、人生で一番、穏やかで幸せです。






不登校だった息子も、自分の人生に夢を見つけてくれました。




今年の春に、一番行きたい学部にご縁をいただき、楽しく大学生活を送っています。 






息子とも時々話すのですが、あの時、不登校になったから、自分の夢が見つかったという話題になるのです。 






不登校だったときに、今の姿が見えていたら、なんの心配もせずにいられたけれど、


当時は未来なんて見えないので、苦しいばかり。




一生家に引きこもっているのかもしれない、と思ったり、そんなことはある訳ないと思ったり。




その繰り返しでした。






不登校からの乗り越え方は、千差万別で


どれが一番いい道かはわからないのですが、


いつか機会があれば、私の経験も一例として、


参考になるかわかりませんが、何かでお伝えできたらと思ったりしています。






息子にはものすごく、心の底から感謝しています。 




息子が元気になってくれたことが、


親として、至らないことばかりだった私、


自責で苦しむ私から、解放してくれたのですから。






昨日のお茶会でも聞かれたのですが、


いまだに息子とは仲良しで、週に1回は、一緒に洋服(古着屋さん)に買い物に行ったりしています。 




息子の趣味の一つが洋服で、私と同じなのです。






家では夜にDTVの動画サービスで、一緒にドラマを見て、


ああだこうだと好きなことを話したり。 






2人でやってきたので、結束が固いのでしょうね。






そして、息子は親子でもあるけれど、きょうだいのようでもあり、親友のような感じもするのです。 






そして、昨日しみじみと感じたのは、


一人の日記ではなく、ブログを書いているのは、


読んでくださっている方がいるという喜びです。 






何者でもない、一庶民の私のブログを読んでくださるだけでも嬉しいのに、


それに共感してくださる方がいる。 






そして、私が好きに書いていることが、誰かの心に響いてくださることがあるなんて、


それは誰のためでもなく、私の喜びになっているとのだと痛感したのです。 






誰かの役にたてる、って本当は自分の喜びなんですよね。 






なので、1人でも読んでくださる方がいる限り、




私自身のためにも、ブログは書き続けたいと改めて思った私です。 






昨日お会いした方たちは、みんな、本当に素敵な方ばかり。




お世辞でもなく、私の自己満足でもなく、本当に事実そうなのです。 






いろいろなご苦労や体験を乗り越えて、


ご自身の地や肉にされて、ご自身の足で幸せを切り開いている自立した女性の方たちに


お会いしたことで、


私自身が、すごく刺激を受けました。






もっともっといろいろとお聞きしたいという名残惜しい気持ちの中で


解散となりました。




その名残惜しさが、きっとエネルギーに代わるのでしょうね。 






今までも気分で更新していたブログですが、


これからも無理しても楽しくないので、気分であることは変わらないのですが、(ごめんなさい!)




書きたいことを思いついたら、その場で書いていこう、


と思ったのです。 






その瞬間のひらめきは、すぐに通り過ぎていってしまいます。




明日書こうと思うと、感動が薄れてしまって、たいしたことないから書かなくてもいいや、と思ってしまう私でした。






ひらめきや直観、その時々の出会い、人とのお付き合いを


大切に、丁寧に生きていこう。






と改めて感じさせてくれた昨日のお茶会でした。






お茶会に参加してくださった皆さんだけでなく、


このブログを読んでくださっているみなさんすべてに、




心からありがとうございます。 






何者でもないわたしの言葉を読んでくださるだけで、




わたしが生きているという実感を与えてくださっているのです。 






そのことに心から感謝している私です。




私が今、とても幸せでいられるように、みなさんも、心穏やかで幸せに暮らしてくださいますように。

記事を書きながら、願っています。


いつもにもまして、超長文になりました。(笑)




最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。






みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように☆




風邪などひかれませんように。




ありがとうございます。




白猫


|

« 東急東横線の旅。中目黒、都立大学、自由が丘 | トップページ | 階段を登るとき »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

白猫さん
先日は、お茶会の機会をいただきありがとうございました。
日記を改めて拝読して感じたのは、私も白猫さんと同じ頃、同じ経験をして並行して同じ時間を過ごしたということ。パラレルワールドというお話を思い出しました。不思議なご縁をいただき、改めて嬉しく思っています。
10年は長いようで、振り返るとあっと言う間のような気もします。過ごした時間は無駄な事ではなかったのですね。辛かったことも、嬉しかったことも含めて。
また、会える日を楽しみにしてます!
本当にありがとうございます。とっても嬉しいご縁でした(^^)

投稿: ぱんだ | 2015年12月14日 (月) 17時44分

ぱんださん、こんにちは。
メッセージありがとうございます。嬉しかったです。 

私は今も時々、あの日のお茶会のことを思い出して、心がほっこり温かくなるような気持ちをいただいています。 

ぱんださんが私のブログを読んでくださったのも、きっと不思議なご縁なのですね。
 
お互いに色々とありましたが、ぱんださんがおっしゃるように、すべて無駄なことはなくて、未来に繋がる必要な出来事だったのでしょうね!

またお会いして色々とお話しさせていただくのを楽しみにしています。
参加してくださってありがとうございました。 

素敵なご縁に感謝しています。
 

投稿: 白猫 | 2015年12月16日 (水) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東急東横線の旅。中目黒、都立大学、自由が丘 | トップページ | 階段を登るとき »