« 相手が失敗した時にかける言葉 | トップページ | 寿命について思うこと »

鏡の前の主役は「自分」

みなさん、こんにちは。白猫です。
だいぶ秋も深まってきましたね。
 
今日は、私の気づきを聞いてくださいね。 
 
 
良く、人間関係は鏡だといいますよね。 
 
 
最近、再認識したのは、鏡に映るのが相手なのか、自分なのか、という意識の持ち方についてです。
 
 
以前、私は、機嫌が悪かったり、感情的な人に出会うと、いやだなと思ったり、その態度に振り回されたりしたことがありました。
 
 
つまり、相手の感情に合わせて、私も気分に変化が生まれたのです。 
 
 
今ももちろん、ゼロではないのですが、
人に振り回されなくなったのは、
 
「鏡に映るのは自分じゃなくて相手の方だ」と気づいたからです。 
 
 
例えば、相手が機嫌が悪いとき。感じ悪い態度をとるとき。
 
相手が主役なら、私はそれに影響を受けて、感情を乱されるし、場合によっては私の気持ちも落ち込みます。
 
それは相手が主役で、自分はその人の写し鏡だから、変化してしまうのです。
 
 
でも、私が主役だと意識すれば、鏡の中の人がどんな態度を取ろうとも、
私はいつも同じ温度でいればいいのだと、
腹をくくることができたのです。 
 
 
私が笑顔でいたら、相手も自然に笑顔になる。
 
私がいつも同じ温度で人に接していれば、人もそのように対応してくれるようになる。
 
私が誰に対しても、尊敬の気持ちをもって接すれば、相手も私を大切にしてくれる。 
 
 
それは、自分が主役だから、信じられるのです。 
 
発信は自分から。
 
 
私が発信することで、相手が変化するのだと、確信できたのです。 
 
もちろん、人はそれぞれの状況があり、気分が悪いときもあると思うのです。 
 
 
そのときは、その鏡を見なければいいのです。 
 
常時そのような態度の人なら、鏡を使わなければいいのです。
 
 
簡単に言えば、その相手とその時期接しないようにする、関係を持たないようにする、距離を置く、ということでしょうか。 
 
 
私が心に決めていること。
 
 
私にできる最善を尽くすけれど、それでだめなら仕方ない。
ということでしょうか。
頑張っても相手を変えることはできないので、自分がまず発信者になってみる。 
 
 
それでも、マイナスの感情がわいてしまう相手なら、
 
その鏡(人間関係)を手放してもいいのかな、と思うのです。 
 
 
とはいえ、私が鏡の主役になる、と決めてからは
人間関係で悩むことはなくなりました。
 
 
苦手な人とも、自分の意志で距離を置くというより
自然に距離が開いてしまうような感じがします。 
 
 
何より相手の機嫌に合わせて、自分が振り回されるなんて、
もったいないではありませんか。 
 
なので、鏡に映るのは、相手だ。
 
(相手から見たら私だけど)
 
と思うだけで、自分の意識が違ってきて、人に振り回されることがなくなって、
すごく心地よく生きられるようになったのです。  
人間関係って、やむをえず人の影響を受けることもありますが、
できれば、自分のペース、リズム、温度を一定にして、
あまり影響されたり、振り回されたりせずに、生きていけたら少しは気持ちも楽ですよね。
 
なので、できる限り、いつも一定の温度の私でいたいな、
そのように発信したいな、と思っているのです。(いつもできるわけではないのですが!)
 
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
みなさんの人間関係が、スムーズでありますように。
願っていますね。
 
それではまた記事を書かせていただきます。感謝を込めて
白猫
 

|

« 相手が失敗した時にかける言葉 | トップページ | 寿命について思うこと »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

今日まさに
人は鏡
だとしたら私はあんな風なの?
とか
機嫌が悪い人に振り回される事への
自己嫌悪などなど
ちょっと疲れていたので
白猫さんのお話は
あーそんな風に考えればいいのね
はっとしました
気持ちよく眠れそう

まるでおしゃべりしたような
タイミングでしたので
なお嬉しい

ありがとうございました
いよいよ日曜日楽しみです

投稿: まむ | 2015年11月15日 (日) 23時25分

まむさん、こんにちは。
いつも読んでくださってありがとうございます♪ 
 
タイミングが良かったとのこと。
それを聞いて私もとても嬉しかったです!

いつもコメントをいただいて、心が温かくなります。
 
日曜日、よろしくお願いします☆
楽しみにしています。

投稿: 白猫 | 2015年11月17日 (火) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相手が失敗した時にかける言葉 | トップページ | 寿命について思うこと »