« ポジティブとネガティブ「心と脳の白熱教室」 | トップページ | 自分にパワーを貯める方法 »

自分の中の感情を見つめること 映画「インサイド・ヘッド」

皆さん、こんにちは。

白猫です。

 

お盆も過ぎて、暑さもほんの少し緩やかになりましたが、

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 

 

先週のことになりますが、映画「インサイド・ヘッド」を観てきました。

 

アニメと思い、軽い気持ちで見始めたのですが、

思わず、涙ぐむ場面が何か所もありました。

   

ネタばれになるので、詳しくは書きませんが、

頭の中の感情「喜び、悲しみ、怒り、不安、イライラ」がそれぞれ人格を持っていて、

何かの出来事が起こった時に、それぞれが、それぞれの特性で反応するのです。

反応した感情たちが、頭の中の司令塔で指令を出すと、主人公の行動となって表れます。  

 

物語の中では、それぞれの感情が自立して、あれこれ話しながら行動していますが、

私たちの現実でも、出来ごとに遭遇することで、色々な感情が動くと思うのです。 

 

怒りだったり、悲しみだったり、喜びだったり。

   

私が最近耳にした言葉で、なるほどと思う言葉がありました。

 

「反応的に行動しない」 

  

何か物事が起こった時に、ほんの5秒我慢出来れば、防げることがあると思うのです。 

 

ほんの5秒。

 

一呼吸するだけで、後で後悔するような言葉を口にせずに済んだり、怒りを表に出さずに済んだり。 

 

反応的に行動して、後で良かったと思うことは、私の経験上あまりないのです。 

もちろん、その時々の感情に心を任せて行動するのが人間らしいと思うのですが、少なくとも、自分以外の人に影響がある行動をとったり、言葉を発言するのは、一呼吸おいて損はないと思っています。 

 

今はやりの、アンガーマネジメント(怒りのコントロール)も、やはり一呼吸置くことを推奨しているようです。

 

感情豊かに人生を送りたいけれど、すぐに反応して人にマイナスを投げつけない。 

 

そんな風に生きたいなあと思う私です。 

 

インサイドヘッドは、主人公が最後に素直に感情を表に出して、幸せになれました。そして、一つ成長しました。 

  

時に感情を素直に出すのも素敵です。(相手をむやみに傷つけないのであれば)

  

今日も読んでくださって有難うございます。

色々とシェアしたいことがたくさんあります!

また近々更新させてくださいね。

 

みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように☆

白猫

|

« ポジティブとネガティブ「心と脳の白熱教室」 | トップページ | 自分にパワーを貯める方法 »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポジティブとネガティブ「心と脳の白熱教室」 | トップページ | 自分にパワーを貯める方法 »