« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

自分が幸せになることでしか、救えない人生がある「書斎の鍵」喜多川泰さん

皆さん、こんにちは。白猫です。 

今日はとても良い本との出会いがあったので、みなさんにもシェアさせてくださいね。

「書斎の鍵」喜多川泰さん

「自分が幸せになることでしか、救えない人生がある」

帯に書かれた著者からのメッセージです。 

 

沢山の素晴らしいメッセージが込められた、愛情ある一冊です。

 

主人公は亡くなった父親から、唯一の遺産である「書斎」を譲られるのですが、

その書斎の鍵は誰かに託してあるとしか、遺言書には書かれていませんでした。

それが誰なのか皆目見当もつかない主人公。

 

偉大な父への反発心から、読書をしなかった主人公が、
最後に父の深い愛情に気づくのです。 

 

本書には素晴らしいメッセージがたくさんあるのですが、

特に素晴らしいのは、

「人の人生は才能で決まらない。幸せな人生のために必要なものは才能ではなく習慣だ」

というメッセージです。

 

才能がある人が一見、幸せになれるように見えますが、

若い頃に才能があっても、人生の終盤にうまくいかなくなる人も

この世の中にはたくさんいます。

 

一番大切なのは、「良い習慣」 本書では読書の習慣を勧めてくれています。

 

本の中に、別の本が入っているという仕掛け本で、

主人公と共に、謎を解くワクワク感で、あっという間に読める一冊です。

 

主人公が、読書を好きになれたのは、

お父さんが一番伝えたかったこと

「幸せになっていいんだよ」という愛情を受け取れたからです。

 

それは、主人公がコンプレックスに思っていることを言い訳に、

「だって、しょうがない。○○なんだから」と逃げ場を作って、

幸せになる許可をしなかったこと。

そのことに気づいて、逃げ場を解放し、前に進む気持ちになれたことで

お父さんの愛情を受け取ることが出来ました。 

 

人は自分が持っているコンプレックスや足りないものに着目し、

○○がないんだから、しょうがない。あの人は持っているからうまくいくんだ。

と思いがちです。

でも、それは、本当の原因が自分に足りないものがあるからではなく、

そう思う方が、仕方ないと思えて楽だからです。

 

その逃げ場をなくし、今の自分でやれることをやろう。

幸せになろう、と自分の人生を引き受けた時、はじめて、見えてくる世界があります。

 

人を幸せにするには、まず自分が幸せでなくてはならない。

なぜなら、自分が幸せでないと、周囲の人はその人を見ていて

苦しかったり、罪悪感を感じたり、心配だったりして、

一緒に幸せになることに躊躇してしまうからです。

 

自分のためだけでなく、周囲の大切な人のためにこそ、

まず自分が幸せになる許可を与えていいのです。

 

本の向こうに広がる膨大な宇宙。

読んだ本の数だけ、その向こう側には、自分にしか見えない宇宙が広がっています。

 

とても素晴らしい本でした。

 

是非、読んでみてくださいね。

 

それでは、今日も読んでくださってありがとうございます。

皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆

白猫

| | コメント (0)

「私の話を聞いてください」

皆さん、こんにちは。白猫です。

少し都内は涼しい日が続いています。

このまま秋になるのでしょうか。

 

昨日、素敵な詩を知りましたので、みなさんにシェアさせてくださいね!

=====================

~私の話を聞いてください~

私の話を聞いてくださいと頼むと
あなたは助言を始めます

私はそんなことを望んではいないのです

私の話を聞いてくださいと頼むと
あなたは その理由について話し始めます

申し訳ないと思いつつ私は不愉快になってしまいます

私の話を聞いてくださいと頼むと
あなたはなんとかして私の悩みを解決しなければ
という気持ちになります
 
おかしなことにそれは私の気持ちに反するのです

祈ることに なぐさめを見いだす人がいるのは そのためでしょうか 
神は無言だからです

助言したり調整しようとはしません

神は聞くだけで悩みの解消は 自分にまかせてくれます

だからあなたもどうか黙って私の話を聞いてください
 
話したかったら私が話し終わるまで少しだけ 待ってください
そうすれば私は必ずあなたの話に 耳を傾けます 

======================== 

自分の考えやアドバイスを口にするより、

まず、相手の話をきちんと聞こうとする。

 

きっとその姿勢が、信頼関係を構築していくのだと私も思いました。

自分の話しを真剣に聞いてくれる、時間を作ってくれる、というのは

とても嬉しいことですよね。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

皆さんにたくさんに幸せが訪れますように☆

白猫

| | コメント (2)

今生きている幸せを共感できる幸せ 「祝婚歌」吉野弘さん

皆さん、こんにちは。白猫です。

 
友人から、素敵な詩を教えてもらいましたので、
ご紹介させてくださいね!
 

「祝婚歌」吉野弘さん


二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい
 
立派すぎないほうがいい
 
立派すぎることは

長持ちしないことだと気づいているほうがいい
 
完璧をめざさないほうがいい
 
完璧なんて不自然なことだと

うそぶいているほうがいい
 
二人のうちどちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい
 
互いに非難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで疑わしくなるほうがいい
 
正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい
 
正しいことを言うときは

相手を傷つけやすいものだと

気づいているほうがいい
 
立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には色目を使わず
 
ゆったりゆたかに

光を浴びているほうがいい
 
健康で風に吹かれながら

生きていることのなつかしさに

ふと胸が熱くなる

そんな日があってもいい
 
そしてなぜ胸が熱くなるのか
 
黙っていてもふたりには

わかるのであってほしい
 

吉野弘さんについてのNHKの特番のHPです。
 
http://www9.nhk.or.jp/nw9/marugoto/2014/01/0130.html 

これは、夫婦だけでなく、職場でも、家族でも、友人関係でも、恋人でも。 

どんな人間関係でも当てはまると思うのです。 

相手を裁くことなく、相手を非難することなく、
正しさを追求するより、お互いが居心地良く、笑っていられる関係でいられた方が幸せ。 

最後の、

生きていることのなつかしさに、ふと胸が熱くなる。

その胸の熱くなる理由を、黙っていてもわかるお互いであってほしい。

 
このような内容の言葉に、私も胸がじんわりしました。 

友達や家族、心を分かち合う人全てが、
黙っていても、ただ、生きているだけで、こうして心を分かち合えるだけで

「笑顔でいれる今が、本当に幸せだよね」と、
感謝できる気持ちを共有できたら、
これ以上幸せなことはないと思いました。 

この詩を読んでくださる、私を含めたみなさんが、

見えない絆で、生きていることへの感謝を共有できたら、嬉しいです。 

 
今日も読んでくださってありがとうございます。

皆さんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆

白猫

| | コメント (0)

自分にパワーを貯める方法

みなさん、こんにちは。白猫です。 
今年に入って、ずっとはまっていた断舎離。

暑いので断舎離は少し中断しています。

とはいえ、今年の1月より、家の中ははるかにスッキリしました。

まだまだ手放したい服や本や雑貨などたくさんありますが、
今はようやく、家に帰ってほっとできるような空間になってきています。
(今までの状態をお見せするのが恥ずかしい!) 

 

このごろ思うのは、パワースポットの神社や場所などに行くのも気分転換になりますが、自分の住んでいる住まいや部屋が乱れていると、パワースポットに行っても一時的になってしまうかな、ということなのです。 

私の住まいも、本当を言えば、まだまだ、まだまだ、の状態ですが、帰ってほっとする、パワーを充電できる空間程度にはなっています。

 

涼しくなったら、また断舎離を再開!

楽しみながら住まいをパワースポットにしたいとワクワクしています。

 

私は自分にパワーを与えてくれるものについて、敏感です。

  

世の中で話題のニュースや出来事でも、自分にとってパワーを与えてもらえないものは、出来るだけ見ないようにしています。

人の悪口やマイナスの感情も、必要がなければ、聞かないようにしていたら、自然と耳に入ってこなくなりました。

今の私の交友関係で、人の悪口や、事実ではなく感情が入ったマイナスの出来ごとを口にする人はいません。

職場でも同じです。

 

でも、私も人間なので、興味のある事柄や、事実に基づいた話などは、一緒に盛り上がることもたくさんあります。

そこは、悪口なのか、事実なのか、人に迷惑をかけないのか、ここだけの話に出来るのか、ということが大きく左右するように思います。

 

耳に入らないことは、自分に必要ないこと。

というのが私の心の物差しでもあります。

 

そして、パワーを貯めるには、キラキラしたものを身につけたり、寝室に置いたり、大好きな映画やドラマを見たりすることで貯めていますが、他にもプラスの貯金をする方法があります。

 

それは本当に小さな良いことを実行すること。 

これはちょっとした趣味みたいなものです。

 

最近だと、イートインのコンビニで、自分の座った席ではないテーブルの上が汚れていたので、ティッシュで軽く拭いて出たことや、勤め先のビルの1階に紛れ込んでいたごみを拾ったり、訪れた郵便局で、人が落とした明細書を拾って捨てたり。 

  

誰にも見られず、そんなことをするのが楽しいのです。 

 

そして、そんな私はなぜか不思議なくらい、物を拾うようになりました。

 

この1カ月で、定期入れや、アイフォン、日傘など電車で発見して、降りた駅の案内所に届けることが続きました。 

 

私が拾うために目の前にあったのかな、と思うくらいです。(笑) 

このようなことをして、いいことがあると特に思っている訳ではないのです。

(もちろん、あれば嬉しいですが! それを期待して行動している訳ではないということです) 

 

それよりは、もっともっとシンプルで単純。

 

そのような小さな積善をした瞬間に、自分を好きになれるのです。 

小さな小さなことでも、自分を好きだなと意識できるだけで、自分にパワーを充電できるんです。

  

もしよかったら、みなさんも、何か小さな良いことが出来ないかな、と意識してみてくださいね!

そんな意識のある人のところに、ちょっとした良いことをする機会は多く訪れると思います。 

 

私は偽善者ではないので、自分が出来ないキャパの人助けをするとは言いません。むしろ、無理なことは無理なのです。

でも、誰にも見られず、小さな「良いこと」を出来ることから、はじめられたらと思っています。 

人助けやボランティアをされている人には、とても恥ずかしくて口にできませんが、私なりに無理せず、出来ることをする、というスタンスです。

  

今日も読んでくださってありがとうございます。

みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように☆

  

また近々更新させてくださいね!

白猫

| | コメント (0)

自分の中の感情を見つめること 映画「インサイド・ヘッド」

皆さん、こんにちは。

白猫です。

 

お盆も過ぎて、暑さもほんの少し緩やかになりましたが、

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 

 

先週のことになりますが、映画「インサイド・ヘッド」を観てきました。

 

アニメと思い、軽い気持ちで見始めたのですが、

思わず、涙ぐむ場面が何か所もありました。

   

ネタばれになるので、詳しくは書きませんが、

頭の中の感情「喜び、悲しみ、怒り、不安、イライラ」がそれぞれ人格を持っていて、

何かの出来事が起こった時に、それぞれが、それぞれの特性で反応するのです。

反応した感情たちが、頭の中の司令塔で指令を出すと、主人公の行動となって表れます。  

 

物語の中では、それぞれの感情が自立して、あれこれ話しながら行動していますが、

私たちの現実でも、出来ごとに遭遇することで、色々な感情が動くと思うのです。 

 

怒りだったり、悲しみだったり、喜びだったり。

   

私が最近耳にした言葉で、なるほどと思う言葉がありました。

 

「反応的に行動しない」 

  

何か物事が起こった時に、ほんの5秒我慢出来れば、防げることがあると思うのです。 

 

ほんの5秒。

 

一呼吸するだけで、後で後悔するような言葉を口にせずに済んだり、怒りを表に出さずに済んだり。 

 

反応的に行動して、後で良かったと思うことは、私の経験上あまりないのです。 

もちろん、その時々の感情に心を任せて行動するのが人間らしいと思うのですが、少なくとも、自分以外の人に影響がある行動をとったり、言葉を発言するのは、一呼吸おいて損はないと思っています。 

 

今はやりの、アンガーマネジメント(怒りのコントロール)も、やはり一呼吸置くことを推奨しているようです。

 

感情豊かに人生を送りたいけれど、すぐに反応して人にマイナスを投げつけない。 

 

そんな風に生きたいなあと思う私です。 

 

インサイドヘッドは、主人公が最後に素直に感情を表に出して、幸せになれました。そして、一つ成長しました。 

  

時に感情を素直に出すのも素敵です。(相手をむやみに傷つけないのであれば)

  

今日も読んでくださって有難うございます。

色々とシェアしたいことがたくさんあります!

また近々更新させてくださいね。

 

みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように☆

白猫

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »