« 縁が整うということ | トップページ | 生きているだけで素晴らしい。映画「あん」の感想です »

縁は雪のようなもの

皆さん、こんにちは。
白猫です。 
 
先日、「縁が整う」ということについて書かせていただきました。
 
ちょうど最近観たドラマで、縁について素敵な言葉を耳にしたので、
紹介させてくださいね。
  
私が最近はまったドラマが、「いとしのソヨン」という韓国のホームドラマです。
全50話もあるので、大長編のようですが、
見始めたら先が気になって気になって、寝る時間を削って見続けてしまいました。(笑) 
  
  
ストーリーも展開も面白く、登場人物がとても魅力的な人たちばかりで
いわゆる嫌な人が1人もいませんでした。
個性があり、葛藤があり、自分の幸せを追求しながらも、お互いのことを思いやっていく展開に、本当に感動しました。
最後、全員が幸せになれたのが、何よりハッピーエンド好きには嬉しかったです。
 
お勧めドラマです。
 
 
さて本題です。
このドラマのワンシーンに、心に残るセリフがありました。(その時にメモしなかったので、言葉そのものは記憶していないのですが、そのようなニュアンスということでご容赦ください。しかも実際のシーンやセリフと大きく違っていたらお許しください!) 
 
 
「縁は雪のようなもの。握りつぶせば溶けてしまう。
手を広げれば、鳥のように羽ばたく」
 
 
私のイメージはこんな感じです。
 
 
縁が雪のようなものだとしたら、握りつぶしたら確かに溶けてしまいますよね。
雪の良さも消えてしまいます。
 
 
でも、手のひらを広げて自由にしてあげれば、
縁は広がり、羽ばたき、さらに良い縁に繋げてくれる。
 
 
縁は変化するもの。
 
今の縁が一生の縁という訳ではなく、
自分にとって必要のない縁は遠ざかり、
必要であれば戻ってくるかもしれない。
新たな縁を連れてきてくれるかもしれない。 
 
縁は自分の希望や意思とは違う展開を見せるかもしれませんが、
意思だけで動かせない、生き物のような印象があります。
 
まさに雪のように。
 
 
今、縁があるからといって、それが当たり前だと思っていると
自然と縁が遠ざかるかもしれません。
 
縁を雪のような生き物だと思い、今いてくれることに感謝できていれば、
握りつぶしてしまうことないんですよね。 
 
 
逆に自分自身が誰かの手に縛られて、自由にしてもらえなければ
苦しい縁だと感じてその人から遠ざかりたくなります。
 
 
すべての縁は雪のように自然に降ってくるものかもしれません。
 
あるがまま、なすがままに受け入れ、手放し、
自由に生きれたら嬉しいですね。
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆
 
白猫

|

« 縁が整うということ | トップページ | 生きているだけで素晴らしい。映画「あん」の感想です »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縁が整うということ | トップページ | 生きているだけで素晴らしい。映画「あん」の感想です »