« 縁は雪のようなもの | トップページ | ポジティブとネガティブ「心と脳の白熱教室」 »

生きているだけで素晴らしい。映画「あん」の感想です

皆さん、こんにちは。白猫です。

先週末、樹木希林さん主演 映画「あん」を見てきました。

 
http://an-movie.com/sp/

樹木希林さんだからこその、味わいある声と間に、何か大事なことを伝えてくれるのでは?と感じ、2時間、引き込まれて観ました。 

 
ハンセン病の元患者さんでもある樹木希林さん演じる徳江さんが、
生きているだけで素晴らしい、自由でいるだけで素晴らしい
ということを、しみじみと教えてくれた映画です。

樹木希林さん演じる徳江さんの言葉。
 

「私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。

この世は、ただそれだけを望んでいた。

…だとすれば、何かになれなくても、私達には生きる意味があるのよ。」 

 
毎日の生活の中で、風の音や、光、木々の香り。 
美味しいものを食べて、家族や友達と語り合い、笑うことができる。

そんなささやかな日常こそ、幸せなのですよね。 

誰かと比べることなく、自分の人生を愛すればいいのだという作品からのメッセージを受け取りました。 

また、人がこう言っていたとか、こんなうわさがあるなどに振り回されることなく、私自身の目と視点を信頼していきたいと感じました。 

人を差別するのは簡単ですが、それが真実に基づいていることなのかどうか。

また、自分や自分の家族が同じようなことをされたらどんな気持ちになるのか。 

人にするのは簡単だけど、自分にされたら辛いかどうか、置き換えて考えることも大切なのではないかと思いました。 

 

人は、自分がされた嫌なことと、自分がした良いことは覚えているけれど、
人にしてもらった良いことと、自分がした悪いことは忘れてしまう生き物だとか。
 

私もそれに当てはまるのですが、少なくともそのことを意識するだけで、生き方、在り方が変わってくると思うのです。

樹木希林さん演じる徳江さんが、小豆を見つめる目に愛情がこもっていて
あんこを作るだけでも、これだけ愛情を注ぐのか、と感動しました。

何かを作るのに、愛情をかけるのとかけないのとでは、結果が大きく違ってくる。
それは食べ物に限らず、なんでも同じだと思いました。
日常の些細な仕事の作業であっても、愛情をかけるのとかけないのとでは、出来上がりに差が出ると思いました。きっと見る人が見ればわかるはず。 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

皆さんに良いことがたくさん訪れますように。

白猫

|

« 縁は雪のようなもの | トップページ | ポジティブとネガティブ「心と脳の白熱教室」 »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

白猫さん。いつも、心に染み渡るお言葉を、ありがとうございます。
思うことがあり、以前の職場を退職し、また新しい職場で働き始めて一ヶ月が経ちました。なかなか馴染めず苦心していますが、白猫さんの文章を読むと不思議と癒やされ、以前の記事を読ませていただく中で、解決策や生きていくヒントのような有り難い言葉に巡り会えるのです。わたしの駆け込み寺のような、あたたかい拠り所です。これからも、お世話になります。ありがとうございます。

投稿: なむ | 2016年5月 5日 (木) 13時21分

なむさん、こんにちは。
お元気ですか?
 
最近新しい職場で働き始めたとのこと。
気疲れや、心労が多い時期ですね。
 
あたらしい職場が
「私の職場」だと思えるように、
なむさんがなむさんらしく、
活躍できる居場所となりますように。
 
心から願っています。
 
私のブログの言葉が、心にとまってくださるとのこと。
少しでもお役に立てたなら嬉しいです。
そのように言って下さることが
私の励みになっています。 
 
ありがとうございます。 
 
きっと、私という媒介を通じて、
そのときに必要な言葉を
なむさんご自身が
引き寄せられているのだと思います。 
 
ご自身を信頼して、一歩ずつ未来に向けて
歩いて行ってくださいますように!
一歩ずつ、一歩ずつ。
お互い、急がず行きましょう☆
 
明日もお仕事でしょうか? 
良い1日となりますように。願っていますね。
いつもありがとうございます。
 
白猫 


投稿: 白猫 | 2016年5月 5日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縁は雪のようなもの | トップページ | ポジティブとネガティブ「心と脳の白熱教室」 »