« 「ミス」と「効率化」と「思いやり」 | トップページ | 縁は雪のようなもの »

縁が整うということ

皆さん、こんにちは。
白猫です。 
 
今日は縁についてなるほどと思う言葉に出会ったので、お伝えさせてくださいね。
 
最近図書館で借りた本。
 
この本に「縁が整う」という言葉がありました。
 
「縁が整う」 
 
なんだかとても響きが良く、ストンと心に落ちる感覚がありました。 
 
良く私が相談を受けることの中に、
「うまくいかなかったのは縁がないのでしょうか」というものがあります。
 
私の感覚では、
「縁」というのはまさに「整う」ことなのだと思うのです。
 
ある時に整って、友達になったり、恋人として交際をはじめるけれど、
お互いの成長が違ったり、環境に変化があったり、趣味が違って来たりして、
自然と疎遠になることもある。 
 
この本では、出会いだけでなく、疎遠になることについても、
「縁が整う」という表現を使っています。 
 
つまり、出会いも縁が整うから出会うのであり
疎遠になるのも、やはり縁が整うから疎遠になるということに、
私はすごく納得できたのです。 
 
縁というのは、関係を結ぶこと。 
 
タイミングが合って、スルスルとうまくいく。
それが縁に感じます。
言葉では説明できない、感覚的に合うということもあると思います。 
 
そして、疎遠になる時も、はっきり嫌いになったり、
会いたくなくなるようない事件があって別れることは実は少なくて、
特に理由はないけれど、自然と会わなくなっていく、ということもあると思うのです。 
 
お互いの興味が変わったり、意識することが違ったりすることも、
縁が整うということなのかもしれませんね。 
人は移り変わっていくので、
色々な人の出会いがあり、色々な玉石に混じりながら、
自分の玉石も磨かれ、丸くなっていくのかもしれません。
出会うのも、はじまるのも、終わるのも、
すべてマイナスは何一つなく、自分にとって必要だから起こること。 
すべてプラスだと思えれば、ただ自分の中で
良い縁を整えるために、成長していけばいいだけのこと。
そう思うと安心します。
 
今日も読んでくださってありがとうございます。
 
皆さんに良いご縁が訪れますように☆
 
白猫
 

|

« 「ミス」と「効率化」と「思いやり」 | トップページ | 縁は雪のようなもの »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

同感です!ご縁という考え方がしっくり心の中に入ってくるようになりました。

嫌だなと思う言動をする人が職場にいて、どうしてこの人と縁ができたのかと思ってました。良く考えてみたら、反面教師的な面があったり、嫌な部分は自分の嫌なところだったり。こういうのも気づきの縁なのかなと思います。

よく拝見させていただいています。いつも新しい発見を上手に表現されていて素晴らしいです。自分の考えや思いを人に伝えることはとても難しいことだと思います。私は説得力ゼロなので(笑)見習いたいです。

投稿: ぱんだ | 2015年6月21日 (日) 21時10分

ぱんださん、こんにちは。白猫です。
いつもブログを読んでいただき、コメントもありがとうございます☆ 

ご縁という言葉、年齢を重ねるごとにしっくりくるようになりました。 

いい縁も、辛い縁も、きっと必要あって訪れるのだろうなと思えますよね。
辛い縁は、その縁の理由がわかれば、自然に卒業できるのだろうと思える私です。 
 
ぱんださん、いつもありがとうございます。
また遊びにきてくださいね。
ぱんださんにもたくさんの良いご縁がありますように☆

投稿: 白猫 | 2015年6月22日 (月) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ミス」と「効率化」と「思いやり」 | トップページ | 縁は雪のようなもの »