« 葉書の威力 | トップページ | 縁が整うということ »

「ミス」と「効率化」と「思いやり」

みなさん、こんにちは。白猫です。 

今日は反省モードと、ワクワクと両方が入り混じっています。 

 

まず、反省モードの理由は、最近の仕事でのミスの多さ。

普通なら事前に気付ける、たわいないミスが立て続けに起こりました。
あの時見直していたら、もう少し気をつけていたら、気付けたはず。 

  

実際にそうなのですが、根本的にはそれだけではありません。

忙しいというのは事実ですが、それだけが原因ではないのです。

 

以前もこのブログに投稿したことがあるのですが、

仕事を「仕事」として捉えていると、スピードや事務処理の無駄を省くことに頭が働いて、つい心がおざなりになってしまう癖があります。

以前の投稿での気付きは、

「心をこめて仕事をしている?」

と自分に言い聞きかせながら仕事をすることで、ミスが減ったことを書かせていただきました。 

  

今もその気持ちは続いていて、以前したようなミスはしなくなったと思ったら、最近、またミスが続きました。

そして、ついに過去にしたことのない系統のミス。

それは、きっとこの会社はこうだろう」と甘く見積もったことで、起こってしまった配慮のなさです。 

つまり予想していたより、ずっとその会社の対応が早くて、それに何とひと月も気付かず落としてしまったのです。(詳しく書けなくてごめんなさい)

そのことで、目に見える重大な損失はなかったのですが、上司が何を大切にしているか、という価値観に添えませんでした。

これこそ、ミスの中で一番重大なミスです。
損失とは、目に見える損失(お金に絡むこと)より、何を求められているかに気付かないことでなくす信頼が、一番の損失だと思ったからです。

  

普段私がミスをしても、あまり注意しない上司が、翌日にもう一度、注意するくらい、上司の価値観の中で、重要度が高いことを落としてしまったのです。 

  

小さなミスは氷山の一角で、その下に大きな原因がある、と良く言われることですが、私も今回、そのことをつくづく実感しました。 

 

私の中にある、効率化(効率よくしないと回らないのは事実だけど)は、思いやりというものを排除していくようでした。 

  

私は自分に甘いので、「ミスしてもしょうがないよね、こんなに忙しいんだもの」と自分を許すことが多いのですが、今回は、自分をかばうより、「そろそろ気付かないと大変なことになる」というお知らせだと感じました。 

 

今回立て続けにミスをしたお陰で、このまま進んだら、今後起こるかもしれない、もっと大きな問題は防げたと思います。

ミスを防ぐには、「思いやり」しかないと気付きました。

また新たな気持ちで週明けからがんばります!

その後、ミスがなくなったか、またご報告させてくださいね。

 

そして、ワクワクの気持ちについて。

大好きな心理学の勉強を本当に再開しよう、と思えることがありました。
今は全く未知数なのに、なんだかとっても、ワクワクします。

色々とはじめたらまたご報告させてくださいね! 

 

それでは今日も読んでくださってありがとうございます。

みなさんにたくさんの幸せが訪れますように☆

白猫

 

|

« 葉書の威力 | トップページ | 縁が整うということ »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉書の威力 | トップページ | 縁が整うということ »