« 感謝で心を耕すこと | トップページ | 幸せを遠ざける麻痺感情について »

問いの中を生きる

皆さん、こんにちは。
白猫です。
 
ようやく都内も春らしく暖かくなってきました。 
 
 
最近私は「問い」について考えています。 
  
 
問いというのは、いわゆる質問です。 
 
 
「どのような質問をするかで、生き方が変わる」
 
 
良く聞く言葉かもしれませんが、
 
 
何となく生きるのも人生。
何かの問いかけをもって生きるのも同じ人生。 
 
時間は同じように流れ、いつか人生も終わりの日がくるけれど、
問いを持って生きるのと、そうでないのとでは、
充実度が違うように思いました。
 
 
問いって不思議です。 
 
「こんな風に生きよう」と確固たる信念があれば別ですが、
人間って柳みたいに、ゆらゆらと揺れてしまう生き物。
 
私もあれこれ迷ったり、考えたり。 
 
 
まっすぐな道を歩くことなく、遠回りしている感じがします。
 
毎日のいそがしさに追われ、
 
気づいたらひと月が過ぎ、あっという間に1年が終わり、何年も経過していて、自分自身がビックリしているという状況です。
 
 
そんな最近、「問い」ってすごい!と思うことがありました。
 
「こうやって生きよう」と強い信念を持つのも一つだけど、
 
「問い」をもって生きるのもありかなって。
 
問いとは、なんでもいいのです。 
 
 ・ 自分らしくいるために何をしたらいいだろう
 
 ・ 自分のために時間を使うとしたら、最初に何をするだろう
  
 ・ 自分は本当は何をしたいのだろう
  
 ・ 大切にしたいことは何だろう
 
 ・ 3年後の自分のために、今何をすればいいだろう
 
 ・ 誰のために力になりたいのだろう
 ・ 今の毎日が来年も再来年も続くと想像して、どこか変えたいと思うことはある?
 
などなど。
これはあくまで一例で、「問い」はみなさん自身の中に眠っていると思います。
 
 
リルケもこんな詩を残しています。(訳を私なりに短くまとめています)
 
「若き詩人への手紙」より
 
 
「今すぐ答えを探さないでください。
 
今は、問いを生きる必要があります。         
 
そうすれば遠いいつの日か、答えを生きているでしょう」
 
 
答えを生きるのではなく、問いを生きる。
そうすれば、いつしか、答えの人生を歩くことができる。
 
 
なんで、深い話なのでしょう!
 
私が生きている間に答えを歩ける日が来るのかな?(笑)
 
 
いつも長い文章を読んでくださってありがとう。
 
 
皆さんにも素敵な問いが訪れますように。 
 
 
また近々更新させてくださいね。
 
 
ありがとうございます。白猫   

|

« 感謝で心を耕すこと | トップページ | 幸せを遠ざける麻痺感情について »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感謝で心を耕すこと | トップページ | 幸せを遠ざける麻痺感情について »