« 何になるのかではなく、どんな人間になるのか 「賢者の書」喜多川泰さん著 | トップページ | 2015年 明けましておめでとうございます☆ »

お試しこそチャンス☆「福に憑かれた男」喜多川泰さん

皆さん、こんにちは。

白猫です。 

今日も素敵な本をご紹介させてくださいね!

「福に憑かれた男」喜多川泰さん

お父さんの古本屋さんを引き継いだ主人公には

実は福の神が憑いていました。

ところが、悪い展開しか起こらない日々。

 

あまりに悪いことばかり起こるので、すっかり落ち込みうなだれている主人公の元に

一人のお客さんが訪れるのです。  

 

そして訪れる奇跡や試練。

 

主人公は、さまざまな出来事から、本当の幸福について学んでいくのです。

 

とても読みやすい小説なので、ぜひ、みなさんご自身で読んでいただきたいです。

私があれこれネタバレしてしまうと、

ワクワクする読書の喜びを奪ってしまうので、詳細かけずにもどかしいです!! 

本文には触れないように、少しだけ気付きを書かせてくださいね。 

「人間は驚くほど急激に成長する。

それこそたった一日で、一つの出会いで、

まったく別人に変わることができるんだ」 

福の神のセリフです。 

人は驚くほどに成長する。

人を見くびってはいけないのだと思います。 

その人が変わるには、ある出会い、ある瞬間、

その人が気づけることが起これば、それで変わることが出来る。

人間にはそんな可能性がある、と人を信頼する意味を教えてくれました。 

なので、あえて誰かを変えようとして、説得する必要はないのです。

 

人生において、ステージが上がる前に、試練が訪れるそうです。

その試練は、次のステージでもやっていけるかどうかのお試しの試験。 

辛いけれど、それを乗り越えれば、新しいステージに移れます。

 

試練はつらいことのように感じるけれど、実は「お試し」なのだと思えば、

頑張れるかもしれませんよね。 

 

ただし、試練といっても、無理に直球で立ち向かう必要はなく、

その試練の意味を読み取って、自分の中で生きやすくなるように、

人のためになるように行動すればいいのだと私は思っています。

それでは、最後に福の神が憑く人はどんな人なのでしょう。

それは、その人がいるだけで周囲の人が幸せになるひと。

つまり、人のことを考え、人のことも喜び、人のために行動できる人。

 

 

そんな人に福の神は憑くそうです。

私も含め、このブログの読者さん、全員に福の神が憑いてくださいますように!

お試しがあっても、くじけず、前向きに頑張りましょうね☆

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

感謝をこめて。白猫

 

|

« 何になるのかではなく、どんな人間になるのか 「賢者の書」喜多川泰さん著 | トップページ | 2015年 明けましておめでとうございます☆ »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何になるのかではなく、どんな人間になるのか 「賢者の書」喜多川泰さん著 | トップページ | 2015年 明けましておめでとうございます☆ »