« 「君と会えたから…」喜多川泰さん著 | トップページ | 何になるのかではなく、どんな人間になるのか 「賢者の書」喜多川泰さん著 »

感謝の気持ち どのくらいが正当?

皆さん、こんにちは。
白猫です。
 
人間って面白いなと感じることがありましたので、
シェアさせてくださいね!
 
 
人は、自分が人にしたことは、「すごくしてあげた」と多く見積もるのですが、
してもらったことは「大したことはしてもらっていない」
軽く見積もる生き物だそうです。
 
 
 
例えばこんなことはないでしょうか。
 
 
これだけしてあげたつもりなのに、
そこまで喜んでもらえなかった。感謝してもらえなかった。 
  ]
 
そう思って、がっかりすることは誰でも一度や二度はありますよね。
 
実は、これって心理学的にも当然のことだそうです。
 
 
それは先ほども書きましたが、
自分がしたことは相手はそこまでと思っていないのに比べ、
自分がしてもらったことは、相手が期待するほど感謝していないのが一般的だからです。
 
 
 
もし、仮に、してあげたことが正当に、きちんと感謝されたとしたら、
どのくらいの感謝が正当な量なのでしょうか。
 
 
 
 
 
心理学の本に書いてあったのですが、自分がしたと思う量の6割の感謝が返ってきたと感じたら、
それは正当に感謝をされたということだそうです。
 
 
つまり、ほとんどが、してあげたことの3割程度しか、相手は「してもらった」と思っていないのかもしれませんね。
 
もしかしたら、もっと少ないかもしれません。
 
 
してもらったことすら、気づいていないか、
してくれていることは、当たり前だと思われていることも多いにありますよね。
 
 
 
 
私も母に家事をしてもらっていたころは、
ご飯を作ってもらっても、掃除してもらっても、
洗濯してたたんでもらっても、全部当たり前でした。 
 
 
正直、恥ずかしながら、当時の私は母への感謝はゼロです。
6割返っても正当なのに、0ですから、母と折り合いが悪くても当然です。
 
 
当時の私は、学生だったり働いていたりと所属している場は違うものの、
自由に時間を使って遊んでいるのですから、母が面白く思わず、
やきもちを焼くのも当然だったと今では思うのです。
 
 
 
 
なので、皆が、「なんだか感謝されていない」「してあげて損した」と思うのは、
してもらった人が自覚していないのですから普通なのかもしれません。
 
 
 
 
さて、この事実を知っていれば生かすことができますよね。
 
 
 
 
人に何かしてもらった、ありがたいな、と感じた時は、
自分が感謝している気持ちの倍の感覚で、
お礼を伝えたらちょうどいいのかなと思うのです。
 
 
 
普通にお礼を伝えると相手にとっては6割なのですから、
その倍の量の気持ちを伝えるつもりで、
きちんと言葉と態度で表せたらいいなと思うのです。
 
 
 
 
そして、自分が何かしてあげた、と思った時は、
自分がしたくてしたのだから、あげた、ではなく、させてもらったのだ
と思い、自分で自分をほめて忘れるのが、
自分のためにも一番健康的だと感じます。
 
 
 
相手の反応はなるべく気にしないようにするのも秘訣かもしれません。 
 
 
逆にいえば、「してあげた」と思うくらいなら、
最初からしない方がいいのかなと思うのです。
 
 
「させてもらった」「してあげたかったからしたのだ」という
自分主体の行動であれば、不満もあまり湧きませんよね。
 
 
 
でも、やっぱり不満が出るようなら…。
 
それは自分の器を越えた行動をしているのだと私自身が感じるのです。 
 
 
人が何と言おうと、自分の器に収まるだけの行動にとどめておくのも、
お互いのためかもしれません。
 
 
相手からお礼が欲しいかどうか、という部分が、
自分の中での目安というか、測りみたいなものかもしれません
 
 
 
自分の世界だけで納得できない時点で、自分のキャパを超えているのだと思います。
 
それは人から見て多くても少なくても、その人自身のキャパでいいと思うのです。
無理をすれば、人間関係も破たんします。
 
 
自分がしている行動が明らかにキャパオーバーであり、負担なのに、
それが当たり前になっている関係性であれば(家族間や職場、サークルなど)、
 
 
アイメッセージで、
「私はこのことについて、一人では抱えきれないと感じています。どうしたらいいか一緒に考えてもらえないでしょうか」と伝えるのも一つです。
(くれぐれも、感情的になって相手を責めたりするのはご法度です)
 
 
私が所属している勉強会で、率先して幹事をしてくれる人がいます。
自分の時間を割いて、皆のために手配したり、お金を立て替えたり、
意見をまとめたり、連絡のメールを流したり。 
 
 
プライベートな時間をたくさん使ってくださって、本当に頭が下がります。 
 
私ができることは、なるべく早く返事のメールを返すことと、
心から感謝することだけです。 
 
 
 
きっと幹事をしてくださっている方は、
皆にたくさんお礼を言ってもらいたいとか、
何かの見返りを期待しているとかではないと思うのです。 
 
 
 
でも、もし、「こんなにしてあげているのに」というものを醸し出したとしたら、
メンバーも居心地悪くなるかもしれません。
この方からはそんなことは一切感じませんので補足しておきますね) 
 
 
 
やはり使命を持ち、自分のキャパでしてくださるからこそ、
お互いに負担にならないんだと思います。 
 
 
 
 
そして、やっぱり何かしてくれたことは当然と思わず、
できる範囲で協力する(返事を早目にするとか、何か手伝えることがないか聞く → 自分ができる範囲での手伝い) 
のがいいのかなと私は感じています。
 
 
今日も長い文章を読んでくださってありがとうございます。
 
皆さんにたくさんの良いことが訪れますように。
いつもありがとうございます☆ 
 
白猫

|

« 「君と会えたから…」喜多川泰さん著 | トップページ | 何になるのかではなく、どんな人間になるのか 「賢者の書」喜多川泰さん著 »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

いつも勉強になります。
これでまたひとつ「幸せ」に気づけそうです。
ありがとうございます。

投稿: いろは | 2014年11月19日 (水) 18時00分

いろはさん。
 
こんにちは。いつも読んでくださってありがとうございます。
コメントとても嬉しかったです。
励みになります。

これからもよろしくお願いします。白猫

投稿: 白猫 | 2014年11月20日 (木) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「君と会えたから…」喜多川泰さん著 | トップページ | 何になるのかではなく、どんな人間になるのか 「賢者の書」喜多川泰さん著 »