« ランダムウォークのススメ | トップページ | まさにピンチはチャンス☆ 映画「ジャージー・ボーイズ」を観て »

「人生逆戻りツアー」泉ウタマロさん著

皆さん、こんにちは。白猫です。 

 

今日のおすすめ本は、当ブログの読者のリネンさんから教えていただいた本です。

「人生逆戻りツアー」 泉ウタマロさん著

早速図書館で予約して読ませていただいて、

すごく良かったのでご紹介させてくださいね!

 

主人公のクロードは64歳でふとした事故が原因で亡くなります。

そして、天国へ…。 

 

天国で待ちかねていた天使たちと、今世の主要な場面に逆戻ることになります。

その主要な場面で、天使たちが伝えたかったメッセージ。

自分の人生だけでなく、配偶者イレーヌの人生も一部リンクしていて、その人生の分岐点にも立ち会うことが出来るのです。 

 

クロードはスーパーに勤めていて、それを楽しみと思える人物ではなく、
本当は画家になりたかったのに、苦しみながら仕事を続けていた人物です。

もちろん、スーパーの仕事が天職の人もいらっしゃると思いますが、
クロードにとっては、家族を養うため、平凡な毎日の変化が怖いという理由で、
苦しみながら勤め続けてきたのです。

 

人生を遡っていく間に起こる出来事は、すべて、
ロバートの夢を思い出させるための出来事ばかりでした。

 

でも、ロバートはそれに耳をふさいで、真実の声を聞かないまま、
64歳で亡くなるのです。 

エピソードを主人公と一緒に体感しながら、
スピリチュアルのメッセージを受け取っていきました。

 ・ 宇宙と神さま、そして私たち一人一人の人間は、元はすべて一つである。

 ・ 神さまは私たちであり、私たちも神さまの一部

 ・ 人は使命(やりたいこと)があって生まれてくる。
  そのことに気づくために、直観のお知らせを受け入れるだけの心の窓を開いていよう

 ・ 人生は何歳になっても遅くない。その年齢になってようやく気づくメッセージがある

 ・ 一見悪いように思える出来事も、人生を変えるきっかけとなる出来事かもしれない

などなど。

他にも受け取ったことはたくさんあります。

 

私たちは全員、神様から愛されている存在なんだなあ、

としみじみ実感できた一冊です。

 

物語で読みやすく、そして、夢物語とは思えないリアル感。

 

60歳を過ぎて絵本作家になった奥さんのイレーヌのおばあちゃんや、
40歳を過ぎて、クロードとの離婚を経て、モデルになったクロードの奥さんイレーヌ。

そして、自分の叶えたかった夢に、今世の死後、人生逆戻りツアーの時にようやく気付いたクロード。

 

私が一番、この本でビビッときたのはこのメッセージでした。

 

人が音楽や美術、スポーツなどの世界を通じて、感動したり、興奮したりする時。

(例えば、錦織さんのテニスの試合をみて興奮したり、好きなアーティストのコンサートを見て感動して泣いたり、鳥肌がたったり)

人は奇跡の瞬間に自分自身の中にある神性を直観的に思い出す。

高いお金を払ったり、人混みの中に出かけてまで、その興奮を求めようとするのは、忘却の淵に沈む自分自身の力を思い出したいからなのだということ。 

 

とても読みやすいのに、すごく大きなメッセージの詰まった一冊でした。

 

教えてくださったリネンさん、本当にありがとうございました。

私の中で大切な本の一つとなりました。

皆さんもよかったら読んでみてくださいね!

皆さんの中に眠る希望や、無邪気だった子どもの頃にやりたかったこと、
なりたかったことを、皆さんが思い出してくださいますように。

本書の意図と違うかもしれませんが、私は夢を本業にしたり、もしくはそれで有名にならなくてもいいと思うのです。

その人自身が楽しいと思えることを発見して、そのことにつかう時間を人生で持つことが出来れば、それで十分、素晴らしいことだな、と感じました。

 

それではまた近々更新させてくださいね。

いつも読んでくださってありがとうございます。

白猫

|

« ランダムウォークのススメ | トップページ | まさにピンチはチャンス☆ 映画「ジャージー・ボーイズ」を観て »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランダムウォークのススメ | トップページ | まさにピンチはチャンス☆ 映画「ジャージー・ボーイズ」を観て »