« 選択の重要さに気付かせてくれた本 「選択の瞬間」デビー・フォード | トップページ | いいことが起きるには準備が必要。悪いことが起きるには原因がある »

ハガキを書くこと。文字を書くのは瞑想と同じ効果

みなさん、こんにちは。

白猫です。

 

私は以前、何人かの方から、成功する人はハガキをまめに書く、とお聞きしたことがあります。

 

以前お会いした人の中で、名刺交換した人には、必ずハガキを書いてお送りしている、という人が複数いらっしゃいました。

直筆のハガキをお送りする人は、そこから良いご縁が繋がっていく方だと思います。 

 

ただ、私の場合、面倒くさがりなので、いいと聞いてもなかなか実践できませんでした。

  

ところが最近、またもや「ハガキを書くと良い」ということを耳にする機会がありました。

なぜか今回は心のフックに引っかかったのです。

 

「このまま流してはいけない

心にとまったことは実践してみよう!」

 

そう思って、先週、2名の方にハガキを書いてみました。

その時、書きながら、ふと目が潤んだのです。

 

1つはいただき物のお礼で、もう1つはご機嫌伺いのハガキです。

泣くような内容ではありません。

 

ただ、なぜか、直筆の文字を書くことで、心が穏やかになり、何とも言えない感謝の気持ちが湧いてきたのです。 

 

思いだせば、パソコンがない時代、私は日記を書いていました。

友達と往復書簡をしていたこともありました。

 

携帯メールが出来るようになってから、私はほとんど、手紙を書くこともなくなったのですが、本当は、手で書く方が、ずっと心がこもるのですよね。 

 

私は時折、長い手紙を書くことがあります。

書いていると無心になり、瞑想に近い効果が得られるような感じがします。

瞑想について語る実績は持っていませんが、心が穏やかになり、自分のエゴが消えて、心が安定してくる感じがするのです。

  

パソコンのキーボードをたたく時には得られないものを、文字を書く時に得られるような気がします。 

 

毎日ハガキを書くとか、名刺交換した人全員にハガキを書く、というと、とてもハードルが高いので、私はまず、1週間に2枚、ハガキを書くことにしました。 

 

1枚は決めている人がいます。

もう1枚はその時、その時に思い浮かんだ人に書こうと思っています。

(好意の重要度ではなく、あくまで、パッと思いついた方ということです) 

 

1枚決めている人というのは、私の実母です。

 

私は生まれてすぐに養女として、今の両親に引き取きとられました。

他に実の親がいると正式に知ったのは大人になってからですが、薄々小学校の時から気付いていました。

子どもの感覚は侮れませんね。

ちなみに実母と育ての母は姉妹です。

 

遠方に住んでいるため、ほとんど会うことはない実の母です。

実の父は今から20年以上も前に亡くなっています。

 

育ててくれた母(普段、母と呼んでいるのはこの母のことです)と思春期の頃は折り合いが悪く、苦しいことも多かった私は、自分の出生について、素直に受け入れられないこともありました。 

 

でも、綺麗ごとを言うつもりはないのですが、今の私は、どちらの母にも心から感謝しています。 

 

なぜなら、産んでくれた母がいなければ、こうして私が色々なことを体験することが出来なかったこと。

産んでくれた母が私を手放してくれなければ、私は東京で恵まれた学校生活を送ることが出来なかったこと。

 

育ててくれた母はとてもとても厳しく、私にとっては愛のない躾ばかりの冷たい親だと感じていましたが、私の教育にはお金を惜しまず、誰に見せても恥ずかしくない娘にするという親の愛情を、今となっては心から感謝しています。 

 

母はあまり教育を受けることが出来ず、単身で東京に出てきた、男勝りの女性でした。

たくさん、恥ずかしい思いや悔しい思いを繰り返し、私にはそのような思いをさせたくない、と思ってくれていたのでしょう。

 

母はまだ元気なので、時々会って、都内の温泉に連れていくことも出来ますが、産んでくれた実母が、今年脳梗塞で倒れたとの知らせが入ったのです。

 

7月に会いに行ったのですが、言語に不自由がなくて心から安心したものの、右手右足が不自由で、自由に食べたり飲んだりも出来ない状態でした。

もちろん、歩けず、立っていることもできません。 

 

私はどのような出来ごとでも、起きた時にショックはあまり受けないタイプなのですが(以前、緩和ケア(亡くなる時前に過ごす場所)の病院に勤めていたので、何事も驚かず、動じずというのが職業的に多少なりとも身についています)

でも、その時に感じたショックや悲しみはない訳ではないので、段々と後になり、じわじわと苦しくなってくるのです。 

 

実母宅に訪れる前に送ったお菓子や水ようかんなど、あまり喜んでいる様子はなく、一緒に訪れた、私の母や叔母が送ったジュースや果物もそこまで喜んではいませんでした。

 

それも当然で、自分でジュースにストローをさすことも出来ず、メロンを切ってもらわなければ食べることもできす、かといって、家族に切ってほしいと頼みづらい状況です。 

 

お世話になっている立場では、あれをしてほしい、これをしてほしいと甘えるのも難しいようでした。(同居しているご家族が悪いという意味ではありません。遠慮をするのは自然なことです)

水ようかんでさえ、ふたをあけてもらわなければ食べられないのです。

病気になってからは、食べることも飲むことも自由にならないことで、段々とその欲求も少なくなっているように見えました。 

遠方に住んでいる私に何が出来るだろう。

何を送っても、きっとそこまで喜ばないだろう。

そう考えた時、ふと思いついたのがハガキを書くことです。 

封書では、切ってもらって、中から手紙を出してもらわなければ、読むこともできません。読み返したくても、なかなか難しいと思うのです。 

 

ハガキなら、誰にも頼まず読むことが出来ます。

 

普通の人であっても、封書はちょっと重い感じでも、ハガキなら、パッと見て、保管しても、捨てても、どちらでも気軽に出来る、とても良いツールですよね。

  

毎日送ると掲げて、段々と出来なくなっていくよりは、週に1回と決めて、継続していけたらいいな、と思っています。

 

そう思ったら、なんだかワクワクしてきて、ハガキを買ったり、郵便局で、シール状になった切手を見たり。 

うんうん。幸せな気持ちです。 

 

ハガキそのものの良さもありますが、それだけでなく、文字を書くと瞑想と同じような効果がある、ということを、再確認させてもらった最近の私です。 

文字を書くことには、脳に密接な関係があるような気がします。

ウォーキングをすると、βエンドルフィン(快楽ホルモン)やセロトニン(幸せホルモン)が出るといいますが、文字を書くことでも、同じような心の浄化作用と、脳に良いホルモンが出ているように思いました。

 

文字を書くと穏やかになり、内省できるように感じました。

 

また、続けていけたら、ブログでお話させてくださいね!

ここで公言したので、さすがに挫折はしないと思っていますが。(笑)

 

今日も読んでくださってありがとう。

  

みなさんにもたくさんの素敵なことが訪れますように☆

それではまた近々更新させてくださいね!

ありがとうございます。

白猫

|

« 選択の重要さに気付かせてくれた本 「選択の瞬間」デビー・フォード | トップページ | いいことが起きるには準備が必要。悪いことが起きるには原因がある »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

辛かった思い出をこうして公にされたことは、とても勇気がいることですし、きっと覚悟を決めてご自分が抱えていらっしゃることに向き合っていく信念をお持ちなのだと思いました。

私は白猫さんのような気持ちになることができず、親兄弟が亡くなった今も、色々考えます。これからどういう心構えで生きていけばいいのとか。

葉書をいただいたら、すごく嬉しいし、お母様の生きる励みになると思います。白猫さんが今、決心されたことがきっかけになって、良い方向に進むことを心から祈っています。

投稿: ぱんだ。 | 2014年9月14日 (日) 21時05分

ぱんださん、こんにちは。
いつもありがとうございます☆
 
メッセージありがとうございます。
すごく嬉しかったです。 

ぱんださんに承認していただけて、とても心強かったです。 

公にしたのは、大げさな意味ではないのですが、今が人生の節目のような気がして。

人生で何度か、「今、新たな展開の時期なんだな」と感じる時があったのですが、今年もそんな1年になるような気がして!

ハガキは今週も投函できました☆

ぱんださんはとても自分に正直な方だと思います。
誠実に努力しながら、いつでも前を向いて歩いていらっしゃいます。
そんなぱんださんがブログを読んでくださっていると思うと、私も頑張ろうと思えます。
 
長い間、読者でいてくださってありがとう。
心から感謝しています。
 
これからもお互い、頑張りましょう!

ぱんださんに素敵なことがたくさん訪れますように。
これからもよろしくお願いします。白猫

投稿: 白猫 | 2014年9月20日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選択の重要さに気付かせてくれた本 「選択の瞬間」デビー・フォード | トップページ | いいことが起きるには準備が必要。悪いことが起きるには原因がある »