« 宝くじに当たったら という空想 | トップページ | 選択の重要さに気付かせてくれた本 「選択の瞬間」デビー・フォード »

中谷彰宏さん「セクシーなお金術」

みなさん、こんにちは。白猫です。
 
先日、お金と運について、少しだけ書かせていただきました。 
 
その時に読んでいた本が、中谷章宏さんの「セクシーなお金術」という本です。
今日は少しだけ、そのことについて書かせてくださいね。
 
 
中谷さんは終始、お金を持ったことで運を落としてはもったいない、ということを書かれていて、すごく納得しました。
 
 
あくまで私の受け取った解釈ですが。  
 
お金をたくさん持つこと = 運がいい という訳ではないとのこと。
 
 
お金があっても、心からその人といることを楽しいと思ってくれる人がそばにいなければ、お金があっても楽しく使えない。 
 
その通りだと思いました。 
 
 
人を傷つけたり、嫌な思いをさせてもらったお金で、居心地よい人生が送れることはないですよね。うん。
 
 
また、なるほど!と思ったのは、
 
自分が働いている内容より、給料の方が安いと思ったらラッキーだそうです。 
 
 
なぜなら、その足りない分は、宇宙に運として貯金しているからだとか。 
 
 
これについてはすごく納得納得。
 
 
なぜなら、出し惜しみしてお給料以下の仕事をしなければ、
それって、得しているとはいえませんよね。
 
 
確実に評価は下がりますし、精神論で言っても、能力の出し惜しみなんて、長い目で見たら大きな損だと思うのです。 
 
 
もし、一生懸命仕事をして、お給料がその仕事量より少なかったとしても、その差額分を、運として貯金しているとしたら。
 
 
なんだか、すごくすごくラッキーなことですよね。 
考えるだけで、ワクワクしてきます♪ 
 
私も出し惜しみせずに、仕事していこうと、改めて思いました! 
 
 
 
私自身、運の良さ(人の好意)に助けられて、生かしてもらっているのを実感しています。 
 
中谷さんがおっしゃることは、事実だと思うのです。 
 
 
他にはお金の使い道として、貯金より本を読んだり、勉強したりする自己投資とのこと。
 
 
お金はなくなるけれど、自己投資につかったお金は誰も盗めないから。
 
また、自己投資したお金は、お金を生んでくれるから、ということでした。 
 
それにも納得です。 
 
 
後、衝動買いは、その衝動買いした瞬間に、役割を終えているとのこと。
買ったものに価値がある訳ではなく、衝動買いした楽しい躍動感こそ、
その役割であり、プレゼントなのだから、物自体は役割を終えている、とのことでした。 
 
 
すごく分かる気がします。 
 
値段はともかくとして、衝動買いしたもので、そのまま使わないものって確かにありますよね!
 
 
後は、お金を持っているからこそ、貸さなければ「持っているのに貸さない」と言われますが、持っていなければ貸さなくても恨まれないとのこと。 
 
 
持っているからこその弊害もあるんだなあ、と私にはあまり持っていないので(笑)実感としてわからないことも納得できました。 
 
 
私が本書を通じて、一番感じたのは、
 
 
この世には、お金と運という2つの別の貯金があって、お金は数えられたり目に見える実感しやすい財産だけど、運は目に見えない財産。 
 
でも、人生を支えてくれるのは、もちろん、お金もなくてはなりませんが、運も大きな財産であるということに、改めて気付かせていただきました。
 
読みやすく気づきがある本です。
目について、手にとったのですが、読んでラッキーな気持ちになれた1冊でした。
 
 
それではまた近々更新させてくださいね!
いつも読んでくださって有難うございます。
 
みなさんにたくさんの良いことが訪れますように☆

|

« 宝くじに当たったら という空想 | トップページ | 選択の重要さに気付かせてくれた本 「選択の瞬間」デビー・フォード »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝くじに当たったら という空想 | トップページ | 選択の重要さに気付かせてくれた本 「選択の瞬間」デビー・フォード »