« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

ご先祖さまからのギフト

みなさん、こんにちは。白猫です。

今日は私が好きな言葉

「ご先祖さまからのギフト」について書かせてくださいね。 

  

「ご先祖さまからのギフト」

私が所属している心理学のセミナーで知った言葉です。

  

それは、誰もが「ご先祖さまからのギフト」をもらって生まれてきているということ。

  

生まれた家がお金持ち、というのは、わかりやすいギフトかもしれません。

後は、背が高いとか、足が速いとか、顔立ちが良く生まれるとか、ある才能を遺伝で受け継いでいるとか。 

 

でも、そんな風にわかりやすいギフトだけでなく、気付きにくいけれど、確かに誰もが素晴らしいギフトをもらっていると思うのです。 

 

優しい性格を受け継いでいたり、今の親の元で生まれて良かったという思える家庭だったり、今、この家で生まれていなければ得られない出会いだったり。

もしくは、苦しい思いをしたからこそ、その中にギフトがあるのかもしれません。 

 

私は、綺麗事を言いたい訳ではなく、素直に、「ご先祖さまからのギフト」はあるんだな。気付いたもの勝ちだな、と感じるのです。 

  

例えば私は、小さい頃、一人っ子で生まれたことや、親が仕事で忙しくて、あまり構ってもらえなかったことで、淋しい思いをしていました。(親は気付いていないかもしれませんが)

  

でも、その時に得たものは、読書力や文章力、音楽や思考する力が備わったことです。(誰かと比べてではなく、あくまで私の中での力です) 

 

それは一人の時間が多いことで、色々と考えたり想像したり。音楽や本にのめりこめたのも、一人でいる時間をたくさんもらえたからなのです。 

 

他にもご先祖様に感謝しないといけない、と思うことはたくさんあります。

大きな事件に巻き込まれる前に防げたことや、困った時に誰かが助けてくれることなど。 

 

それもすべてご先祖様から頂いたギフトなんだな、と思えるのです。 

 

私が昔読んだ小説で、タイトルは忘れてしまったので申し訳ないのですが、

「生まれた時に持った札(トランプの)は、人に寄って差がある。

君は生まれもった手札は決して悪くないのに、それに気付かなくて損をしている」

というようなニュアンスの言葉を読んだことがあるのです。何の本か忘れてしまって申し訳ないのですが、その言葉だけ、ずっと記憶に残っているのです。 

 

持って生まれた時の手札が、明らかに悪い人もいれば、すごくいい人もいるかもしれません。

 

でも、すごく良い手札でも、うまく扱わなければ火傷してしまうでしょう。

悪い手札でも、頭や心を使えば、良い手札に変わるかもしれません。

あるいは性格が良ければ、周囲の人が良い手札を分けてくれるかもしれません。

 

そして、普通の手札なら、普通の良さがあると思うのです。大きなものを持っていればそれなりの器が必要ですが、普通に生きていけるのは、逆にラッキーかもしれません。 

  

生まれた時の手札がご先祖さまからのギフトであるならば、それを扱う力も、やはりご先祖さまからのギフトなんだな、としみじみ感じる私です。 

 

私は中学生のころは、いい手札でさえ、悪い手札だと感じるような性格でした。自分だけが可哀そうだと思っていたこともありました。今思うと恥ずかしいです。 

 

今の私は、いただいたギフトである手札を、丁寧に大切に、もう一度生かし直したいと思っているのです。

  

今までの人生で、多く使いすぎていた部分や、乱雑に生きていた部分などを取り戻して、もう少し丁寧に大切に、周囲にも良いものをもっともっと還元して生きていきたいな、としみじみ思っているのです。

そう思うような出来ごともあったのですが、またそれは機会があれば書かせてくださいね!

  

私が一番恵まれているな、と思うのは、他の人がすごい手札を持っていたとしても、それが気にならない性格で良かったということです。 

人と比べると苦しいですから。

 

私は私の持っている手札を、もっと大切に、感謝して生きないといけない、と思えるこのごろなのです。 

 

読んでくださってありがとうございます。

 

みなさんも、ご先祖様からのギフトを大切にしてくださいね!

それではまた近々更新させてくださいね。

みなさんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆

ありがとうございます。 

| | コメント (0)

お勧めドラマ「私はラブリーガル」

みなさん、こんにちは。

暑い毎日が続きますが、みなさんお元気ですか?

  

今日は私の最近特にお気に入りのドラマを紹介させてくださいね。

 

♪私はラブリーガル♪

 

アマゾンからのあらすじ抜粋です。 ↓

モデル志望で自己チューなブロンド美人デビーは、ある日交通事故に遭い、その魂が天国の入り口に やって来る。

何の因果か、彼女の魂は、肥満体だが頭脳明晰で心優しい女性弁護士ジェーンの肉体を 与えられることに。

外見に固執していた薄っぺらなモデル人生から180度リセットされたデビー。

慣れない体型に戸惑いながらも、新たに手にした知性を武器に、法廷で大活躍。

いつしか外見とは裏腹に 、キュートな魅力が輝きを放ち始める。
 

 

元々、アメリカのラブコメや、ティーン向けドラマが好きだった私。

最近、面白いのがないので、遠ざかっていた時に偶然出会ったドラマです。 

 

アメリカのドラマが好きな理由は、悩んでいても、みんな前向きで明るい。

落ち込んでいても、笑いに変えてしまうポジティブさ。

カラッとした性格。

そして、笑顔とファッションがキュートなこと。 

 

太った女性弁護士ジェーンの体に入ったモデルのデビーは、持ち前の明るい性格と、ジェーンの優しさや頭脳をミックスして、最強のキュートな弁護士になるのです。 

毎回、色々な法廷での事件の解決が見れるのも楽しみ。 

 

そして、ジェーンを見ていると、人って外見を自分の力で変えられるんだな、と思うのです。

 

つまり、同じ外見でも、生かし方によって、こんなに魅力的になるんだなって。

 

太っているジェーンだけど、中身にデビーが入ったら、おしゃれでキュートで、そして性格の良さが外に出ているのです。

もしこれが暗くて、太っているからと適当な服を着ていたら、魅力は半減してしまうでしょう。 

弁護士だからと上から目線なら、やっぱり何か違う。

 

中身から発するオーラや魅力で、外見を変えられるんだな(見え方を変えられる)、と毎回観て感じる私です。

 

何より、観た後で、すごく元気になれる、パワーをもらえるドラマです。

今、東京MXテレビで日曜夜に放映中なので、録画してみています。

レンタルでもあるので、良かったら是非観てみてくださいね!

 

私的にとてもお勧めです☆

それではまた近々更新させてくださいね!

いつもありがとうございます。

 

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »