« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

今は苦しくても、きっとうまくいく

すごく素敵な本に出合いましたので、ご紹介させてください。

SBIモーゲージ 常務の横山信治さんの新刊

「今は苦しくても、きっとうまくいく」

小さなキラキラとした、優しく、でも強く、温かい

エピソードがたくさん詰まった、珠玉の一冊です。

 

落語家時代に下宿していたため、公立高校に進学できないという局面で、

お母さんが情熱的に教育委員会にかけあったエピソードに

胸が熱くなりました。

 

競争心のない息子さんを叱って、あとで後悔したエピソード。

 

有名なイソップ寓話や、格言などに加え、

実際にあった出来事を惜しみなく書いてくださっていて、

読みながらたくさんの気づきをいただきました。 

 

良いこともそうでないことも含め、たくさんの経験をされていらっしゃるからこそ、

伝える言葉にも重みがあり、思いやりにあふれていました。

 

「船が転覆した時は、慌てず、自分の上から船が動くのを待てばいい」

冒頭の言葉にこめられた思い。

「すべての出来事は天の采配」

そのように思えば、腹が立つことも、嘆くことも少なくなる。という著者からのメッセージを、この本から感じました。

 

かといって、やさしさだけの本ではなく、時に厳しく、時に具体的な生き方なども含まれていて、優しく甘いキャンディーの中に、しっかりと具材の詰まった本でした。

 

どんな状況の人が読んでも、気づきと勇気をもらえる一冊です。

おすすめです。

 

| | コメント (0)

最近のお片付け状況

みなさん、こんにちは。白猫です。

久しぶりの更新です。

東京は大雪が降った印象深い冬でしたが、みなさんはお元気でしょうか。

私は寒さであまり進んでいないのですが、家の片づけを今年中に終わらせようと思い、このブログにも書かせていただきましたが、ほんの少しだけ進めています。

 

今年に入ってできたことは、古い給料明細や、終了した通帳、電気料金などの明細を処分したことです。

とっておいたものが引き出しにいっぱいでした。

それをすべてシュレッダーしました。(会社のシュレッダーを借りちゃいました。(笑)) 

通帳は何十冊にも渡り、学生時代からバイトしたものや、初の正社員のお給料、当時にしてはたくさんいただいていたボーナスなど、懐かしくもありましたが、一気にシュレッダーしてしまいました。

多分、二度と見返すこともありませんし、あとに残って私以外の人の目に触れて処分されるのは嫌ですし!

あとは、古い調味料とか、処分しました。

スパイス類は、あまり使う頻度が多くないものは、小さい瓶でそのまま放置してしまっていたのですが、思い切って全部処分しました。

 

これから手を付けようと思っているのは、たくさんある書籍です。

去年も数百冊処分したのですが、もう一歩踏み込んで処分しようと思っています

今はブックオフの店舗に申し込むと無料で引き取りに来てくださるので、すごく助かるのです。(店舗によると思いますのでお問い合わせくださいね)

あとは、子供の物でしょうか。

あっという間に大きくなってしまって、その成長についていけず、

まだまだ小さい頃のものがたくさん残っているのです。

服はほとんど人にさし上げてしまってなくなったのですが、学校の教科書も、その年ごとに捨てて行っているものの、何気ないものがどんどんたまる一方。

多分、日々の生活に追われて、ゆっくり立ち止まっていられず、子供の成長に追いついていない現状です。

一度落ち着いて、処分するものは処分していこうと思っています。

 

何しろ、すごく衝撃を受けたのですが、息子は今19歳ですが、あと10年でもう30歳!!

私が息子を生んだ年齢よりも上ではないですか

ちょっと衝撃的です。まだ幼いので気づきませんでしたが、片付ける時期かもしれないなと思ったりしています。

もちろん、現在息子自身の持ち物も膨大になってきているのもあるのですが。

 

「持ち主がいなくなれば、持っているものはすべて形だけの物になってしまう」

 

最近、母を亡くした親友がわたしに教えてくれた言葉です。

高価な着物も何十着あっても、すべて業者さんに安く引き取ってもらうしかなかったとのことでした。

お片付けも自分ではできず、すべて業者さんに委託されたとのこと。

 

持ち物はその人の人生の歴史ではありますが、他の人が受け継げるものは少ないのかもしれません。 

写真もその年齢につき数枚ずつを残して、処分していこうと思っています。

 

長々と聞いてくださって有難うございます。 

こうして書くことで弾みがつきそうで!!

それではまた☆

いつもありがとうございます。白猫

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »