« 偶然の神様が微笑む方法 | トップページ | 残りものには福がある »

中野信子さん「科学がつきとめた 運のいい人」

みなさん、こんにちは。白猫です。 

今日も本の紹介をさせてくださいね。
 
以前から「運」や「幸福」「シンクロ」などに興味がある私。

今回、目にとまったのも運の本です。
脳科学者である中野さんが、科学的に運のいい人を検証している一冊でした。

 
科学書や研究書というより、読みやすい自己啓発本に、科学的なエッセンスが入っている本です。
 
面白かったのは科学に裏付けられていることが、私が思う運のいい人と一致することでした。
「やっぱりそうだったのか」と納得できました。
 
詳細は本を読んでいただきたいので、簡単に抜粋させてくださいね。 
 
 
1、運のいい人は自分を大切に扱う  

→ 人がその人をどう扱うかは、自分でどう扱っているかで決まる、ということ
 

 
2、運のいい人は自分が運がいいと思っている

→ 遭遇している事象は似ている場合が多い。
その事象をどのように捉えるかで違ってくる。

自分が運がいいと思っている人は、すべて良いことにとらえるので、長い年月をかけると結果が変わってくる

 
 
3、運のいい人は、おもしろいことを選ぶ

→ 何かを選択する時に、正しいかどうかで判断するよりも、おもしろさで判断した方がやる気をもって行える。

おもしろさは笑いや好奇心とも共通していて、人間の幸福度に関係してくる

 
 
4、適度なストレスがある方が力を発揮できる 

→ 人は多少のストレスがあった方が向上する

 
 
5、リスクがある方が脳が喜ぶ

→ 動物の実験でも、必ず手に入る餌より、ある時は多く入り、ある時は入らないなどのリスクがある方を好む結果に。

 
人間の脳は、少しリスクのある方が報酬系が活発に動くとのこと。
少し冒険の道を選んだ方が、夢中になって行動できるので、安心より少しの冒険を含めることで向上できる。

 
  
5、運のいい人は早寝早起き

→ セロトニン(幸せホルモン)の分泌量が増えるように、規則正しい生活をする

 
 
6、運のいい人は、誰かを助けた時にこそ、「ありがとう」という

→ 自分の行動のよしあしを判断するのは前頭前野内側部。

その部分が自分の行動を良い行動だったと判断すると、脳内の報酬系が刺激されて、喜ぶ。

つまり、人を助ける行為は、自分の脳が喜ぶ行為でもある。だからこそ、「ありがとう」の気持ちで行動すること。

 
 
7、自分だけでなく、人のためにも祈る

→ 人は自分だけの幸福より、多くの人の幸福を視野にいれる方が頑張れる。 

 
 
とても読みやすい本でした。
ぜひ、みなさんも読んでみてくださいね。 

それではまた近いうちに更新させてくださいね。
みなさんにたくさんの良いことが訪れますように。
 

|

« 偶然の神様が微笑む方法 | トップページ | 残りものには福がある »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

毎日暑いですね。

久しぶりに覗いてみました。本の紹介があったので、また読んでみようと思います。
白猫さんの紹介される本はいつも、私の心にも響くことが多いです。
今回の本も読むのが楽しみです。早速読んでみますね。

投稿: リネン | 2013年8月11日 (日) 21時23分

リネンさん、こんにちは!
お久しぶりです☆
いつも遊びにきてくださって有難うございます。 

本も早速読んで下さるのですね。
このようなコメントを頂けると、ますます本を紹介するのが楽しみになりました。
嬉しいです♪
 
リネンさんにとっても、ワクワクする本でありますように。

投稿: 白猫 | 2013年8月14日 (水) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偶然の神様が微笑む方法 | トップページ | 残りものには福がある »