« 気づきについて | トップページ | 流れとタイミングを計るということ »

自己責任についての気づき

みなさん、こんにちは。

今日は父の日でしたね。

私は逆に父から、ケーキや食材などの差し入れをもらってしまいました。

聞いても何もほしいものはない、っていう父。

私が喜んでいる顔を見るのが、父にとっての喜びのようです。(おこがましいけれど、父だから許されるかな)

親子ってありがたいなと感謝でいっぱいの私です。

お父さん、ありがとう☆

 

さて、先日の女子会で感じたことの続きです。

自己責任ってこういうことだったのか、という私の気づきを聴いてくださいね!

 

自己責任というと、悪かったのは自分だと思うことや、自分に反省するべき点があったという意味が大きいですよね。 

  

今回、私が気付いたのは、「自己責任って、自分を動かす鍵は、自分が持っている」ということなのです。 

 

参加者のA子さんの体験を聞いてくださいね。

家族のことで落ち込むことがあった時に、偶然、浅見帆帆子さんの本を読んだそうです。

悪いのは周りだ、私には何もできない。何も変える力がなくて、ただただ、辛い状況を耐えるしかないんだ、と思っていた時に、本を読んで、

「もしかして、悪いのは私だったの?」とハッとなったそうです。 

 

それからA子さんは、周囲に親切にする、前向きになる、笑顔になる、マイナスのことを考えずに、プラスの行動をとる、などなど。

実行したところ、周囲が変わってきたそうなのです。何より自分自身が元気になれたそうです。

人に期待していた時は、どうしてこの人は自分に何もしてくれないんだろう、思っているような行動をとってくれないんだろうと、不幸のど真ん中にいる自分を嘆いているだけだったそうです。

でも、自分が変わることで、辛い状況を作っていたのは、自分自身の気持ちだったと引き受けられたそうです。 

 

A子さんが気付いたのは、「ただ周囲が与える運命のままに生きるしかないと思っていたけれど、そんなことはない。自分で自分の人生を変えることができるんだ」ということだったのです。

 

私はそれを聞いてハッとなりました。 

  

「自己責任って、自分で自分を動かす鍵を持っているのは自分だ」ということなんだって。

 

これってすごくないですか?

だって、自分を動かすことができる鍵を、他の人が持っていたら、自分は何もできませんよね。考えることも行動することも、選択することもできない。

 

まして、人が与えてくれた運命(道)を歩くことしかできなかったら、辛いですよね。

たまたま良い道を歩かせてもらえるかもしれないけれど、急に悪い道になるかもしれない。そうしたら、道を作った人のせいにするしかない。

それってすごく苦しいし、誰かのせいにするのって、自分にとってもすごくマイナスです。

 

自分はいつまでも変わらずに、人に期待し続けることもできるけれど、それを手放して、自分で自分ができることを考えることもできる。 

そうすることでたとえ周囲が変わらなかったとしても、周囲に期待し続ける辛さから脱出することができますよね。 

 

自分を変えることができる鍵を自分が持っている。

自分のゼンマイを巻くことができるのは、自分自身だけなんですよね。 

  

それが自己責任なんだなあと思えたのです。

誰が悪いとかいいとかじゃなくて、自分を動かすことの責任を自分が持っているってことなんだなって。

   

書いていることは、あくまで私の考えですので、これも私が正しいということではないのです。どうぞよろしくお願いします。 

 

今日も長い文章を読んでくださって有難う。

みなさんにとって素敵な1週間となりますように☆

 

|

« 気づきについて | トップページ | 流れとタイミングを計るということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気づきについて | トップページ | 流れとタイミングを計るということ »