« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

浅草の水上バス

浅草から水上バスで、日の出桟橋まで行きました。
水の上で、風と太陽を受けて、すごく元気をもらいました。

日常と違う場所に行くのって、すごくリフレッシュしますね!

ちなみにこの記事はiPhoneのアプリからの投稿です。
写真を投稿しやすくなりました!
嬉しいな☆

1368422550686.jpg

1368422552362.jpg

1368422553432.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェ ムルソー

日曜日に友人と浅草に行って来ました!

隅田川沿いにある、すごく素敵なカフェ。

窓辺がオススメです。

カフェムルソー

http://cafe-meursault.com/

日常を忘れられる空間でした。

1368422192856.jpg

1368422194693.jpg

1368422196118.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「ベストキッド」から学んだこと

みなさん、こんにちは。白猫です。

今日で連休も終わりです。

久しぶりに家に連続でいたので、本当にゆっくり過ごせました。

何より、家の中がスッキリしました。

まだ本が積み重なっていたり、服が重なっていたり…と気になることはあるものの、家に風を通せて良かったです。(ってどんな生活しているのか心配されちゃいますね。(笑))

 

今日の夜、レンタルで借りたDVDを息子と一緒に観ました。

ジャッキー・チェンが師匠役をした、リメイク版「ベストキッド」 です。

ストーリーはオリジナルと同じなのですが、新しいベストキッドも、すごく良かったです!

 

ウィル・スミスの息子である、ジェイデン・スミスの身体能力も高くて、めきめきしなやかに強くなっていく姿に見入ってしまいました。

ジャッキー・チェンも渋い師匠役が似合っていました。

簡単にあらすじをお伝えすると、転校先の学校でカンフーを習っているボスグループにいじめられているところを、ジャッキー扮する、管理人さんに助けられ、カンフーを教えてもらうことになるのです。

練習は本当に地味な地味なものばかり。

うんざりする主人公ですが、師匠の真意が伝わり、それからは真剣に練習するようになりました。

万里の長城や、山の奥にあるお寺などのシーンは、ものすごく綺麗で圧巻。

最後にカンフーの大会で、ボスグループと対峙するのです。

 

この映画の見どころは、もちろん、主人公がどんどん強くなっていくシーンや、師匠との心の繋がり、ママや女友達との交流などですが。

 

観終わって感じたのは、「素直に吸収する心」がとても大切だなということでした。

 

もちろん、なんでもかんでも素直に信じればいい訳ではなく、「この人の言うことは奥が深い。信じられる」と思ったら、その人の言葉、その著者の本に書いてある言葉は、素直に信じて実行したらいいのだなあと思ったのです。

 

カンフーで言うなら、相手方の生徒さんたちは、大切な心の持ちようを習わなかったので、それが痛切に勝負に出てしまいました。

心の持ちようがあってこそのテクニックなのですよね。

 

この映画を観終わった後、息子がすごい名言を口にしたのです。

「心涼しきは無敵なり」 だねと。

誰の言葉か聞いたら「バキ」という漫画のセリフだとか。

 

すごく心に残った名言だったのでネットで調べてみたところ、この漫画のセリフも、桜井章一さんというプロの雀士の「心温かきは万能なり」という言葉が語源かも…というエピソードが掲載されていました。

 

どちらにしても、心穏やかに、客観的に、冷静に、感情に左右されずにいられれば、ことを制することができるのだろうなあ、と感じた私です。

 

なかなか難しいことではありますが。

 

それでは今日も読んでくださって有難うございます!

みなさんにたくさんの素敵なことが訪れますように。

 

明日からまた頑張りましょう☆

| | コメント (0)

起きることはすべて正しい と思うけれど…

みなさん、こんにちは。白猫です。

GWも後1日で終わり。

みなさんはいかがお過ごしですか?

お休み中もお仕事の方は、お疲れ様です。

  

私は、GWの前半に、母と日帰りでお風呂に行ったり、美味しいものを食べに行ったりしました。

母も高齢になってきて、私より数倍パワフルな母ではありますが、やっぱり行ける時に一緒に出かけられたらと思っています。

他には、辞めた職場で仲良くしていただいた先輩の女性と、数か月ぶりにお会いすることができました。

殺人的に仕事が忙しい様子。充実を超えて、ミスを連発してしまうほど、消耗しているようでした。それでも、愚痴にならず、それも何かの理由があるからと受け入れている姿、心底尊敬します。

私など、本当に楽をさせてもらっているなあと、自分の恵まれた職場の境遇に感謝の言葉しかない気持ちです。

  

さて、今日はようやく、散らかっていた家の中を、少しだけ片付けました。

いかに散らかっていたか、片付けても片付けても、物があふれています。

それでも、ほんの少し片付けただけで、スッキリしました。

いらないものも段ボール1箱にまとめました。

日中、仕事をしていて家にいないので、窓を開けて風を通すだけですごく気持ちがいいです。

布団も干せて嬉しいです。

  

仕事がある日も充実していて楽しいのですが、休日は命の充電のような感じがします。

 

これから、いつも気になっていて会いたいけれど、なかなか会えない友人に、後でメールしてみよう、と思っています☆

 

さて、最近、尊敬する方とお話していた時に、こんな言葉をお聞きしました。

「今起こっていることは、すべて、自分の行動が引き寄せている結果だと思うのです。「起こっていることはすべて正しい」という言葉は、まさしく本当だと思うんですよ」

  

この言葉は何度耳にしても、新たな気持ちで受け止める、私にとって真実を掴んでいる言葉の1つです。

この言葉は、まさに心からその通りだと思うのです。

それは、人をみていると良く分かるのです。

 

そのような言い方をしたら、相手が今回のような態度に出ても当然だなと思ったり。

 

陰で誰かを悪く言ったら、たとえ相手に伝わらなくても、耳にした人たちの信頼が落ちるだろうなと思ったり。

 

彼女はいつも一生懸命やっているから、上司に抜擢されるのは当然だと思ったり。

 

大変な職場なのに、彼女はいつも感謝の気持ちを忘れないから、職場ですごく大事にされているのは当然だなと思ったり。

  

このように、私から見て、他人のことは、本当にその通りすべて分かるのです。

起きていることはすべて正しい。

何かいやなことにあったり、不本意なことが起きた時、もちろん避けられない災難などは別にして、やはり自分の行動が、その出来事を引き寄せているんだな、とその人だけでなく、全体像を見ていると分かるのです。

   

でも、自分のことはどうでしょうか。

 

私自身のことを振り返ると、起こっていることはすべて正しいと思いながらも、だからといって、いつの行動もすべて、自分に納得し、いつでも良いことが起こるような行動ができているか、というと、恥ずかしながらNOなのです。

 

後でこうすれば良かったな、と気づける時はいいのですが、気づけないこともきっとたくさんあります。

そんな時、周囲の人が私を許してくれているから、なんとか無事に生きていけるのだと感じています。

 

また、私自身、しまった、失敗した、と思うことがあったとしても、自分のことだとつい自分に甘くなってしまいます。

「だって、このようにしなければならなかったから」と、自分にとって有利な言い訳がいつでも頭に浮かぶのです。

「だから、しょうがなかった」という落ちになるのがいつものこと。

 

そうしないと生きていけないというのも、やはり言い訳なのかもしれません。(汗)

  

自分のことって、本当に厳しく見れないものです。

人は、自分の行動と起こっているすべてのことを、他の人に見せることで、何かを教えてくれているのだと思うのです。

あえて見せなくても、見えてしまうというのも含めて。

 

だとすると、私の行動も、起こっていることも、きっと人から見たらすべてお見通しかもしれません。

そう思うと、自分に甘く、ついつい自分に有利にもっていきたくなる私が恥ずかしかったり。でも、そうしないと生きていけないなあと、そんな自分を許すしかなかったりね。

 

もともと、何ごとも完ぺきにはできませんが、2割の甘えを許しつつ、8割は、誠実に心をこめて生きられたらいいな、と思う私です。

  

といいつつ、それさえ、もうちょっといいかなと甘えの気持ちが出てしまうのですが…。

恥ずかしいです。

 

それでは今日も長い文章を読んでくださって有難うございます。

残る休日が、素敵な1日となりますように。

 

私も、ラスト1日、やることリストを片付けていきたいと思います。

また近いうちに更新させてくださいね!

いつも有難うございます。

| | コメント (4)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »