« 斎藤一人さん「強運」 | トップページ | 私のちょっとしたチャレンジ »

神様のポケット

みなさん、こんにちは。

まだまだ寒い東京です。みなさんはお元気ですか?

 

先日、日経新聞で捨てkな記事を発見したので、

ぜひ、みなさんにシェアさせてください。

 

「置かれた場所で咲きなさい」という本がベストセラーになっている、渡辺和子さんのインタビュー記事です。

この本に書いてあるテーマは、

誰かが悪い、置かれた状況が悪いといわずに、自分の境遇の主人になって、自分なりに花を咲かせようと思えばいい。どうしても咲けない時は、下に下に根を張ればいい。

という、今の状況下で精いっぱい生きようというテーマです。

今回の新聞記事では、こんな素敵なことが書いてありました。

 

1、いつも笑顔を忘れないこと。

もし期待している笑顔をくれない人がいたとしたら、その時はあなたの方から微笑みなさい。微笑みを忘れている人ほど、それを必要としている人はいないのだから。

 

この言葉にすごくハッとなりました。

相手から得られなくても、自分が与えればいい。(もちろん、おしつけではなくて)

それでいいんですよね。

2、他人のことは98%信頼する。

他人を100%信頼すると、裏切られた時に辛い思いをします。だから、2%だけ、相手が間違った時の許しのためにとっておけばいいのです。

人間は不完全だと思えば、相手を許すことができます。

 

この言葉にこめられたものは、人は信頼するべきだけど、完全に信頼してしまうと、相手に期待してしまう。

相手に求めすぎないために、許す部分はとっておこう、という意味に捉えました。

 

3、神様のポケット

他人に挨拶しても、微笑みかけても、返してもらえない時もある。

すると損した気分になるかもしれません。

そんな時は、「私の微笑みは無駄になっていない。神様のポケットに入ったのだ」と思えばいいのです。

ポケットに入った分は、誰か辛い思いをしている人のために祈るのです。

そうすれば、心穏やかになります。

 

相手に与えても返ってこない分は、神様のポケットに入るという部分に、すごく穏やかな気持ちになりました。

私も人間なので、自分が好意を持って接した相手から、良いものが返ってこなければ傷つきます。

でも、それはすべて神様のポケットに入るのだと思えたら、ものすごく穏やかな気持ちになれたのです。

渡辺さんはクリスチャンですが、私にとっての神様のポケットというのは、特定の神様ではなく、人間には理解できない大いなる存在、という大きな意味に捉えています。

どんな人も皆、好意といえども受け取れるだけの受け皿がない状態の時もあると思うのです。

そんな時に受け取ってもらえなかった好意は、神様経由で、誰かの元に届くのかもしれません。

そう思ったら、この世はつながっているんだな。と嬉しい気持ちになりました。

 

今日も読んでくださってありがとう。

みなさんも風邪などひかれませんように☆

|

« 斎藤一人さん「強運」 | トップページ | 私のちょっとしたチャレンジ »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 斎藤一人さん「強運」 | トップページ | 私のちょっとしたチャレンジ »