« コメントありがとうございます☆ | トップページ | 入社1年目から使える「評価される」技術 横山信治さん »

苦手な人を克服する方法

みなさん、こんにちは。

また1週間が始まりましたね!

今週も良い1週間でありますように。

 

今日は苦手な人と、今までよりもうまくいく方法についてお話させてくださいね。

あくまで私の意見ですので、参考にしていただければ嬉しいです。

 

私は、苦手な人、いやだなと思う人と、今までよりも仲良くなるには2つの方法があると思っています。

2つ以外にも方法はあるかもしれませんが、私の経験、知識ではこの2つが突出している方法だと思っています。 

 

それは、

1、接触頻度を多くする

2、周囲の人にその人のことを褒める

 

この2つです。

 

1、接触頻度を多くする

苦手な人、好きではない人とは、自然と本能で距離を置きたくなりますよね。

特に仲良くならなくてもいい、嫌われてもいい相手なら、距離を置くのが一番です。

でも、どうしても逃げられない職場などの関係、家庭内で、この方法はすごくうまくいきます。

もっと仲良くしたいのに、なんだか誤解が多い関係。

その人たちとうまくいくためには、接触回数を増やすのが一番です。

  

接触回数というのは、苦手な気持ちを抑えて、あえて近づいていくことです。

 

近づいて名前を呼んで挨拶する。

たわいないことでも話かける。

メールする。

電話する。

 

など。

苦手だと向こうからその人が来たら、サッと違う道を選ぶところですが、あえて近づいて挨拶する。

わからないことがあったら、臆せず話しかけて聞いてみる。

特に用事がなくても、質問や、たわいないことを話題にメールしたり、話しかけたりする。

などなど、すべての頻度を増やしてください。

 

苦手だから無意識に距離を置いてしまうけれど、あえて意識して近づいていくのです。

人は、接触回数が増えると、親しみがわいてきたり、相手のいいところを見つけやすくなるといわれています。

嫌いな人と付き合わなくてすむのならいいのですが、いがみあうのが心の安定に良くない状況なら、ぜひ、思い切って近づいてみてください! 

 

ここで、私の友人の実話です。

苦手だと思っていた上司と、ここ1年、距離を置いていたそうなのですが、最近、思い立って2人で食事に行ったとのこと。

そうしたら、思いがけず、自分のことを良く思っていないのでは…と懸念していた上司から、「あなたがいてくれて良かった。心強い。他の人では変えられない」という言葉をいただいたとのこと。

それを聞いて、私もものすごく嬉しかったのです!

もちろん、食事の席で仲良くなっても、仕事の場では相変わらず厳しいかもしれません。でも、仲良くなる時間を共有していれば、多少のことは流せるようになるかもしれませんよね。

少なくとも友人は、食事に行って良かったと言っていました。

 

家族でも同じです。

何名か家族がいれば、なんとなく苦手な人がいるものです。

私は母とあまり相性が良くなくて、昔はとても仲が悪かったのです。

ここ10年くらい、私は母と近場の温泉に行ったり、食事に行くなど自分から誘うようになりました。

それからぐっと喧嘩することがなくなり、心が通じ合うようになりました。

たったそれだけのことですが、人は接触回数を増やすことで、自然と心を開いていくものだと思うのです。

思い切って試してみてくださいね!

 

2、周囲の人に、その人のことを褒める

 

褒めるってすごいパワーがあります。

誰でも褒められたら嬉しいですよね。

  

直接褒められても嬉しいですが、苦手な人に直接話しかけて褒めるのは、結構勇気がいります。

何か下心があるのでは? と、疑われるかもしれませんし。

  

そこで、その人の耳に入る、入らないは意識せず、周囲の人にその人のことをさりげなく褒めてみてください。

具体的に褒めることがポイントです。

「いつも素敵な服を着ているよね」

「気配りができて素敵だよね」

「厳しいけれど、的を得ていてすごいなと思う」

「頭がよくてうらやましい」

「活発なところが私にはないので、すごいなと思う」

 

などなど。

そんなことを、周囲の人に話してみてください。

必ず、本人の耳に入ります。(すべてではないかもしれませんが、いくつかは必ず耳に入るでしょう)

 

私もそうですが、「あの人があなたのこと褒めていたよ」って伝えてもらえると、すごく嬉しいですよね。

褒めてくれた人に好感を抱くのは自然な気持ちです。

会社内、学校でこの方法はものすごく有効です。

 

家族のような少人数であっても、本人ではなく、他の家族に褒めることで伝わると結構効果があるんですよ。

  

この2つの方法を使って、私はほとんど苦手な人がいなくなりました。

苦手だなと思ったら、思い切ってどんどん質問したり、話しかけたり、褒めたり、共通点を見つけて笑いかけたりして、懐に入っていくことで、気に入ってもらえたり頼りにしてもらえるようになってきました。

とはいえ、どうしても無理な相手であれば、あきらめることも必要です。

ただ、職場では、できれば苦手な人がいない方がスムーズに仕事ができるので、もし気持ちが向いたら試してみてくださいね。

  

長い文章を読んでくださってありがとう。

みなさんにたくさんの素敵なことが訪れますように☆

|

« コメントありがとうございます☆ | トップページ | 入社1年目から使える「評価される」技術 横山信治さん »

コミュニケーション力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コメントありがとうございます☆ | トップページ | 入社1年目から使える「評価される」技術 横山信治さん »