« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

人はなぜ、人間関係で悩むのでしょうか?

皆さん、こんにちは。白猫です。

気温が安定しない毎日ですが、皆さん、お元気ですか?

私は元気ですが、やりたいことがありすぎて、時間がどうにも足りません!!

寝る時間はこれ以上削れないし。(笑)

 

今日は人間関係について、お勧めコラムを紹介させてくださいね!

 

人との誤解やすれ違い。

職場や家庭などでおきやすいですよね。

 

私が中学生のころは、あまり仲良くないクラスだったので、揉め事も多く、私としては心労が多い学生時代でした。

今、絶対に戻りたくないのが中学時代です。(笑) 

 

ところが、大人になったからといって、揉め事やトラブルがなくなるかというと、そうでもないですよね。

大人の関係において、誤解やすれ違いがなぜ起こるのかというと、やはり相手に対しての期待が大きいというのも、理由の1つだと思います。

つまり、相手に対して、こうしてほしいという欲求があり、それに答えてもらえないとがっかりしたり、腹が立ったり。

 

欲求というのは無限に想像できますよね。

このような行動をとってほしい。この手段のほうが正しいから認めてほしい。この考え方のほうが結論に近道だから納得してほしい。先に折れてほしい。私を尊重してほしい。

などなど。

ただし、この価値観というのも千差万別で、法律に触れない限り、どれが正しいとか正しくないとか、一概に言えないと思うのです。

 

相手に対しての期待や欲求が強くなると、自分の価値観を受け入れてほしいという気持ちも強くなります。

それが、相手に変わってほしいという期待に変わります。

でも、相手が思い通りに変わることなどありません。何しろ相手にも価値観と意思があるのですから。

  

ここで面白いのが、自分の価値観を変えようと思わないことです。

相手に対しての要求はあっても、自分に対しての変更はその時点では考えない。

皆がそうであれば、お互いの心がしっくりこないのも、やむをえないかもしれません。

 

逆に、あなたはこういう性格だし、こういう価値観だから、それは変えたほうがいい、といわれても、なかなか変われませんよね。

というか、余計なお世話…と思うかもしれません。

今回のSBIモーゲージ 横山信治さんのMSNのコラムのテーマは、まさに人と自分は違う。それを意識しよう、というテーマでした。

 第2回 人はなぜ、人間関係で悩むのでしょうか

ーーーーーーーーーーーーーー

(一部抜粋)

多くの人は他人の間違いを指摘し、改善しようと苦しんでいます。

アメリカの著名な自己啓発作家のデール・カーネギーは「人を動かす」(創元社)の本の中でこう言っています。

「他人の欠点を直してやろうという気持ちはたしかに立派であり、称賛に価する。だが、どうしてまず自分の欠点は改めようとしないのか」

ロシアの作家、トルストイは「誰しも世界を変えたいと思うが、自分を変えようと思う人はいない」と言っています

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

横山さんのコラムを読むと、なぜ悩むのか、という理由がわかります。

重要なのは、自分の考えや思い込みを自覚すること、なのかもしれませんね。

 

人の価値観や行動は、その人の自由です。

もちろん、人に迷惑や影響を与える行動については、完全に自由ではないとは思いますが。

 

職場、家庭、恋人、友人関係など、その関係性において影響力は変わってくると思います。

その枠の中で、出来るだけ、お互いのことを尊重しあえたらいいですよね!

そうすれば、揉め事やストレスもかなり減ると思うのです。 

 

今日も読んでくださってありがとう。

皆さんに素敵なことがたくさん訪れますように。

| | コメント (0)

ほめ上手になるには

皆さん、こんにちは。白猫です。

人を褒めるって、簡単なようで意外と難しいですよね。

私が尊敬するSBIモーゲージの横山信治さんが、マイクロソフトのmsnのサイトで、コラムの連載をスタートされました。

 

タイトルは、「デキない男の二流の選択。その他大勢から抜け出せないのはなぜか。」

第一回目は、「人を褒めるのは、なぜ難しいのでしょう

(タイトルでリンクしてありますので、クリックしてみてくださいね)

  

読んでいただくと分かるのですが、人を褒めるには相手のアピールしていることを、見逃さないことが大事だということでした。

 

例えば、

Aさん「風邪ひいちゃったの」

Bさん「え、私も。実は昨日熱が出ちゃって大変だったの。病院に行ったらこんでいてね…(延々と続く)」

という風に話題をとってしまうと、Aさんが「大丈夫?」と心配して欲しかった欲求が満たされないので、ストレスがたまりますよね。

 

でも、話題をとってしまうのは無意識なので、日々、会話の主役が誰に気をつけていれば誰でもほめ上手になれるという記事でした。

とても面白くて、参考になりました。

 

是非、読んでみてくださいね☆

いつも有難うございます。

| | コメント (0)

とれたボタンをつけよう

皆さん、こんにちは☆

白猫です。

今日は久しぶりに予定がない日曜日でした。

大好きな友人と会っている時も、宝物のような至福の時間ですが、何の予定もない休日も、とても嬉しい私です。

平日は、いつも何かに追われている感じがしていて(笑)、予定がない休日は、本当に伸び伸びするのです。

  

今日はお昼に息子と用事があって出かけた帰りに、古本屋さんに寄りました。すごく不思議なジンクスなのですが、息子と一緒に古本屋さんによると、なぜか、私にとってプラスの本が見つかるのです。(プラスの内容というべきでしょうか)

 

購入しなかったのですが、ハワイ在住の方の書いた運気をあげる本を立ち読みしました。(タイトルも控えずにごめんなさい)

 

その本をぱらぱらと見て目にとまったのが「とれたボタンの服や、ほつれた服をそのままにしていると運気が下がる」という一文でした。

  

私はハッとなり、先ほど、ボタンがとれたジャケット2つと、裾がほつれたワンピースを繕い、更にアイロンが必要な服2着にアイロンをかけて、ホッと肩の荷をおろしました。

 

これらの服がなくても困っていなかったので、忙しさにかまけてそのままにしていたのですが、多分、心のどこかで、引っかかる部分がずっとあったようです。

本当にスッキリしました!

 

たわいないことでもやり残している事があれば、それを思い切って着手することで、心の重荷がなくなっていくのを感じました。

人生に関わらないようなたわいないことでも、どこか心の片隅に引っかかっていることってありますよね。

誰かに手紙やメールの返信を送る。電話をする。繕い物をする。電池が切れたままの家電に電池を入れ替える。などなど。

 

もし、皆さんにも心当たりがあれば、是非実行してみてくださいね! 

  

更に、今日は父の日なので、先ほど電話しました。

特に欲しい物がないようなので、せめて電話で声だけでもと思ったのです。

 

こうして、少し私の心のつかえが下りた休日でした。

さて、明日からまた1週間、頑張ります!

 

皆さんにとっても素敵な一週間となりますように。

いつも読んでくださって有難うございます。

| | コメント (2)

運命と仲良くする方法

皆さん、こんにちは!

白猫です。

またすっかり間が空いてしまってごめんなさい。

  

そして、コメントを下さった皆さま。本当に有難うございます。

私のブログを発見して、読んでくださったという言葉を聞くと、心から縁に感謝したくなります。

色々なことをシェアさせていただきたいという、モチベーションの素をいただいています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

  

今日は、お勧めの本をご紹介させてくださいね!

私の中で、運命を語るには、まずはこの本! と思うくらいお勧め本です。

  

 

天外伺朗さん「運命の法則」

 

この本は、うまくいかない時、うまく行った時など、なるほど、そういうことだったのか、という気づきをくれるスピリチュアルな一冊です。 

 

私の気づきをシェアさせてくださいね。

 

1、運が悪い時は、「運命に貸しを作っている」と考える。

ジタバタしないで受け入れると必ず幸運が訪れる。

 

2、もっとも真剣に準備した人のところに、強運が訪れる。

 

3、不運には2種類しかない。

 1)運命の流れと違う方向に進んでいる時

 2)一見不運に見えることが、大きな幸運となってやってくる兆し

 

4、運命と仲良くする方法 とは、宇宙や運命を信頼し、やってきたことにジタバタしない。流れに逆らって泳がないこと。

幸運、不運は順番に訪れるけれど、一喜一憂しないことで、自分のことが客観的に見えるようになり、幸運に有頂天にならず、不運にも落ち込み過ぎず、淡々と生きられるようになる。

 

5、出会うものすべてに感謝すること。

  

幸運というのは、準備した人のところに訪れるようになっているそうです。

良い行いをしていれば、シンクロが起こって、良いことが訪れていくのでしょうね!

また、不運だと思うことも、流れに逆らったことをしていたり、傲慢になっていたりすれば気づきとして訪れますが、そうでない場合、不運の顔をして、大きな良いことが訪れる場合があるとのこと。

   

そう思うと、生きることが怖くなくなりますよね!

自分を反省する部分があれば、反省する気づきになりますし、なければ、大きく構えていれば、きっと良いことが訪れることは間違いないのですから。

 

皆さんの参考になれば嬉しいです☆

 

それではまた近々更新させてくださいね。

いつも読んでくださって有難うございます。

皆さんに、素敵な毎日が訪れますように。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »