« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

ワクワクすることが、使命発見の指針

皆さん、こんにちは。

今日は、私のワクワクする瞬間について聞いてくださいね。

  

私は「ワクワクする」 ということが、自分にとってプラスの方向であるという指針だと、以前から感じていました。 

  

私がカウンセラーの資格を取ろうと思った時に感じたワクワクは、私が人の話しを聞かせてもらうことで、その人が自分の心を整理して、目標を見つけ、それに向かって行動していく。

そして、その人の人生が好転していく。

 

それを間近で見れる喜びを感じたのがきっかけです。

更に、人の人生が好転して行くことに関われることへの、喜びを感じたのです。 

 

私を知る人は分かってくださるとは思うのですが、私はあまり話すことが決して得意ではないのです。

それよりも聞く方が得意でした。

 

でも、世間的には、話す人は人気があり、聞く方は地味という印象がありますよね。

私もずっとそう思っていたのです。 

だからもっと良い話題、面白い話題を提供できる人になりたいな、と考えて努力しようと思ったこともありました。

  

でも、自然とそのような考えは消えていました。

なぜなら、人は話したい生き物だからです。

だからこそ、聞く人の需要は高いのです。 

 

私は聞く力で、仕事でもプライベートでも、人から必要とされる経験をしてきました。 

なので、聞くことの威力をまざまざと実感しているのです。 

 

決して花形プレイヤーになれなくても良いのだな、と自分を承認できてから、楽に生きられるようになりました。

皆さんも、ご自身のワクワクすることのアンテナを信頼して、人と比較することなく、人生の道を発見してくださればいいな、と願っています。 

  

私自身、現在はカウンセラーとして、人の話しを聞くだけでなく、その人の持っている長所を発見し、口にして伝えること。

そして、よりよくなるためにどうしたらいいかを伝えることが楽しみなのです。 

  

人を承認することは、実は伝えている私自身が、ものすごくワクワクするのです。 

  

人の良いところを発見することは、宝を発見するのと同じです。

それを相手に伝えて、受け取ってもらえた時の喜びはとても大きいです。

更に、それを実践して、もっと輝いた姿を見せてくれた時は、もっともっと喜びが大きいのです。

 

私の天命は、人を承認すること(長所を伝えていくこと。運気をあげるアドバイスを伝えること)なんだなあ、と実感しているこの頃です。 

 

このブログを通じて、皆さんにプラスになるメッセージをお伝えできればとても嬉しいです。

 

いつも私のブログを読んでくださって有難う。

皆さんに沢山の幸せが訪れますように。

 

それではまた☆

 

 

| | コメント (0)

人を笑顔にすること  「承認」

皆さん、こんにちは。

そしてメリークリスマス☆ 

 

皆さんはどんなクリスマスをお過ごしですか? 

 

私は今夜、友人とニューイヤーズイブという映画を観に行く予定です。

どうも前評判はあまり良くないみたい…。(笑)

 

でも、ほんのり温かな気持ちになれれば、それでOKかなと思っています。 

 

そして、皆さんに是非、シェアしたい映画があるので、リンクを貼らせてくださいね。

 

「承認」という16分の映画です。ユーチューブで公開しています。

Validation(承認)日本語字幕付きフルバージョン

 

人の良いところを発見して、それを言葉にして伝えることの大切さ。

そして笑顔こそ宝石以上に輝くものだということが、ジーンと伝わってくる映画でした。 

 

皆さんも是非、見てくださいね。

そして、沢山の承認を人に与えて行きましょう☆

 

多くの人を幸せにする前に、まず、周囲の人を幸せにすること。

人を承認することで、きっと周囲も幸せになれると思いました。

 

それでは、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪

皆さんの笑顔を、いつでも願っています。

ありがとうございます☆

| | コメント (0)

幸せは連鎖で増えていくもの

皆さん、こんにちは!

すっかり寒くなりましたね。

お元気でお過ごしですか? 

  

あっという間に、12月も後半となりました。

もう、2011年が終わりだなんて、とてもとても信じられません。

まだやり残したことが沢山あるのに…、と毎年この時期に思う私です。 

  

今年を振り返るには少し早いので、それは改めて今月末に書かせていただきますね。 

  

思えば、今年のお正月に、一人で公園で夜空の星を眺めながら、色々なことを考えたことなど、ふと思い出しました。

その時には想像もしていない程、今年は激動の一年でした。

現時点では自分の将来を、はっきり形づけることはできませんでしたが、苦しいからこそ感じたのは、人の思いやりのとその温かさです。

やはり、自分の味方がいてくれることこそ、財産だと思います。  

お金は働けば稼ぐことが出来ますが、人の信頼や、良い友人を得ることは、自分の意思だけではどうにもならないと思うのです。 

  

私は決して今は何も成し遂げていませんし、人より努力しているとも言えませんし、正直、現在は何もない状態です。 

  

でも、一つだけ、良い友人が私のそばにいてくれる理由として思いつくことがあります。

  

それは、いつでも自分だけでなく、周囲の人が私以上に幸せになってくれることを、本当に心から願っているのです。 

  

もちろん、私も幸せになりたいです。

ただ、私は心から素直に思うのです。

  

幸せというのは考え方そのものだということ。

起こった出来事を、いかに良く受け取るかが、幸せの価値観を形作るもの。

 

そう腑に落ちた時、確実に、誰から見ても、それは幸せだねと思う出来事が、どんどん訪れてくれると思うのです。

 

そして、その人それぞれの幸せの形や価値観があるので、同じレースで争うようなものではないと感じているのです。

  

幸せは、奪い合いではなく、連鎖で増えていくもの。

人の幸せが増えることは、私の幸せでもあり、私が幸せになることは、周囲の人の幸せが増えることになると、そう信じているのです。 

   

その気持ちが周囲に伝わるから、素敵な人が、私の周囲にいつもいてくれるのかな、と感謝している私です。

逆にいえば、人の幸せを喜べる人しか、私の友人にはいないとも言えます。やはり、有難いなあ!

   

それでは、今日も読んでくださって有難う。

  

このブログを読んでくださる皆さんにも、沢山の幸せが訪れますように☆

心から、願っています。

そして、優しい方たちが読者さんでいてくださることを、本当に嬉しく思う私です。

 

 

| | コメント (0)

「自分」がいちばん愛しいもの  超訳~ブッダの言葉より

皆さん、こんにちは!

今週もまた新たにはじまりましたね。

素敵な1週間となりますように。 

 

実は、今年、不思議な流れで仏教に興味を持つようになりました。

 

仏教と言っても、宗教という意味ではなく、哲学という意味での関心です。

今、ブッダが流行っていますが、とても良いことをおっしゃっていると思うのです。

人間がわきまえなくてはならない指針とか、楽に生きるためのアドバイスなど仏教の原点には、ものすごくシンプルな教えが詰まっているんですよね。 

 

今年の7月のこと。

アルボムッレ・スマナサーラさんというスリランカ上座仏教長老の本を読み、講演会を聞かせて頂くチャンスに恵まれ、その迫力とオーラに圧倒されたのを覚えています。 

「怒らないこと」は名著ですので、未読の方は、是非、読んでみてくださいね。 

  

 

さて、12月5日号の雑誌 プレジデントはブッダ、聖書のことば特集でした。

すごく読みやすくて面白いので、図書館などでバックナンバーがあればチェックしてみてくださいね。 

 

その中で小池龍之介さんの超訳「ブッダの言葉」が紹介されていました。

なるほど、と思った文章があったので、転記させていただきますね。

 

私はかつて、「自分」よりも

愛しいものを探して

世界中を

求め回ったけれども、

「自分」より愛しいものは

どこにも見つからなかった。

それは他者にとっても同じこと。

人も動物も細菌も、

あらゆる生き物にとって

「自分」がいちばん愛しいもの。

生き物はみんな、ナルシスト。

ゆえに自分を愛しいと思うなら、

他の生き物を

傷つけないように。

この言葉に私はすごく共感しました。

どの人も、皆、自分の人生の主人公なんですよね。 

自分が大切なように、他の人もやはりその人自身が大切なんです。

だからこそ、出来る範囲で、相手の気持ちになって思いやりを持てたらいいなと思いながら、生きている私です。

(もちろん、まだまだの私ですが、そうありたいなと思っているという意味です)

 

それではまた。

沢山の幸せが、皆さんに訪れますように☆

| | コメント (1)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »