« 待つこと、見守ること | トップページ | ご報告していますか? »

茂木健一郎さん「感動する脳」

皆さん、こんにちは。

1週間があっという間に過ぎて、もう金曜日です。

最近、生活に色々と変化があって、一週間があっという間の私です。

新しいことを覚えることが割りと好きなため、脳を刺激されているのか、毎日楽しいです♪

(家族のことで気がかりはありますが、それは別として。

皆さん、心配してくださって有難うございました。この場をかりて、感謝申し上げます)

 

そう、この、脳に刺激を与えること。感動を与えること。色々なことに興味を持つことって、すごく重要なことだそうです。

 

今日は最近読んだ本の紹介をさせてくださいね。

とても読みやすくて面白い本でした。 

茂木健一郎さん「感動する脳」

脳科学者である茂木さんが、一般の人向けに、分かりやすく、面白く、脳について書いてくださっています。

動することをやめた人は、生きていないのと同じことである――。

これは、相対性理論でお馴染みのアインシュタインの言葉だそうです。

本の紹介文から抜粋させてくださいね。

 

 
かつて脳といえば、記憶をしたり、思考をしたりするコンピュータのようなものというのが
一般的な理解であった。

しかし、感動という感情そのものも脳と深くかかわっており、
感動が脳を刺激し、脳の働きを向上させる、というのが最新脳科学の研究でわかってきた

というのだ。まさに、アインシュタインが遺した言葉は正しかったのである。

 
では、ネガティヴな発想ばかりしていると、脳はどんな影響を受けるのか――。

ほかにも共感が脳に与える影響、意欲的な生き方が脳に与える影響など、
身近な例を引きながら最先端の脳科学を紹介してくれる。

この本を読んで分かったのは、好奇心や、知的関心、わくわくすること、楽しむこと、興味を持って生きること。

その刺激が脳を活性化させ、人生を楽しく生きることに繋がっていくということが科学的に書いてあるので(といっても、素人に分かるように読みやすく)、とても納得できました。 

さらに、皆さんも関心が高いと思うのですが、年齢より若い外見を保つのにも、脳に感動を与えることが重要だそうです☆

 

楽しく生きれて、若くいられるなら、こんなに良いことはありませんよね。

手軽に読める文庫本でしたので、興味があればぜひ☆

 

それではまた本の紹介もさせてくださいね。

いつも読んでくださって有難う。

素敵な週末をお過ごしくださいね!

|

« 待つこと、見守ること | トップページ | ご報告していますか? »

おすすめ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待つこと、見守ること | トップページ | ご報告していますか? »