« たくさん与えて、たくさん受け取るということ | トップページ | 幸せな出来事が増える方法 »

言ってみないと分からない

皆さん、こんにちは。

今日から11月がはじまりますね!

 

気がついたら、もう11月。今年も、残りたったの2ヶ月です。

本当に、瞬きするようにあっという間だった2011年。

残り2ヶ月、大切に過ごしたいです。 

 

まだ今年を振り返るには早いですが、2011年、皆さんにとってどんな1年でしたか?

 

私にとって2011年は、多分、一生忘れないくらい、ものすごく印象深い1年でした。

2010年もかなり動きが激しい1年だったのですが、それにも増して、2011年は、色々とあった1年でした。

まさに山あり谷あり。

前半は苦しく、後半は、その苦労がバネになり、良い展開になってきています。

 

前半で身も心も消耗してしまうことがあり、もちろん、誰のせいでもなく、それが運命の流れだったと思うのですが、ここ10年来、記憶したことのないくらい、自分に対して落ち込み、苦しくて食事も食べれなくなり、誰とも会えなくなりました。

(一瞬、痩せましたが、また元に戻っちゃいました! (笑))

 

そんな時期に会うことが出来たのは、大好きな親友を含む、数人だけ。

でも、その人たちのお陰で、元気になり、道が開けました。

  

元気になってきた時期から、良い出会いが繋がり、私の活動範囲も新たな方向に広がりました。

また、辛いことがあったからこそ、以前より深く付き合える人も現れました。

 

数年前には知り合っていなかった人と、深い話しをしていたり、人とのご縁から新たなチャンスをいただいたり。

本当に全てのことは人のご縁から繋がっているのだな、としみじみ実感し、感謝している私です。

すべての事を大切にしたいです。 

 

そして、つくづく思うのは、先のことを予測しても、決して未来は分からないなということ。

 

ただ、一つ確実に言えるのは、良くなると信じて後は素直に行動するだけで、全ての出来事が良い方向に展開していくことは確かでした。

 

今回、私が経験したことでの気づきを聞いてくださいね。

 

以前の私は、自己主張することに抵抗があり、自分の気持ちや考えを相手に伝えることがとても苦手でした。

苦手というか、言いづらくて、だったら自分が我慢した方が楽だと思っていました。 

  

今もまだ、自分の意思を伝えるのが得意になった訳ではないのですが、思い切って口にすることで、相手は全くそれに驚くこともなく、自然に良い展開になることが多いことに気づいたのです。 

  

例えば、仕事を探している時、面接に指定された時間に伺えず、時間外の18時ごろからお願いして、そこから試験と面接をしていただいたことが数件ありました。

そのように時間を無理していただいた会社から、採用のご連絡をいただけたので、無理を言っても、結果が悪くなる訳ではなく、前向きで真摯であれば、大丈夫だと分かりました。 

  

また、私の事情で採用を辞退した会社に、別の仕事を紹介してもらえないかと図々しくも提案したところ、気持ちよく、そのメンバーに入れていただいたり。

そんなことも、以前の私なら、とても口にできなかったのですが、口にすることで、予想外に良い展開になることを経験しました。

 

ここでの気づきは、思い切って、言うだけ言ってみることはアリだということ。

 

その時に、自分だけが得するのではなく、相手にとってもプラスになれば、うまくいくのだということを実感しました。 

 

そして、更に思うのは、相手に提供できることを、今よりも多く身につけたいと思ったこと。

多くの人に、良い影響を与えられるよう、皆さんの力になれるように、自分自身がより強く、優柔不断な部分を修正していって、今より包容力を身につけたいと感じています。

   

今年も、残り2ヶ月。

新たに出会った素敵な人たちや、頂いたチャンスを無駄にしないように、更に良くなっていきたいと思う私です。 

 

また、今年の終わりに、1年の思いを聞いてくださいね。

 

今日な長々と、私の思うことを聞いてくださって有難う。

  

次回は、最近読んだお勧め本について、更新させてくださいね!

それではまた☆

素敵な1日をお過ごし下さいね。

 

|

« たくさん与えて、たくさん受け取るということ | トップページ | 幸せな出来事が増える方法 »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

私は誤解を解こうとしたり、自分の苦しさや疑問を訴えたりすると、火に油…という結果が多かった気がします。
親にも反論ばかりされた方でした。「そうだね。」という共感の言葉は数えるほどしかなかったです。
だから、外でもあまり自分のことは語らないし、言葉に出した時は煮詰まった後だから、かなり鋭くなってしまったり…。
人からあまり優しくされないのはどうしてなのか。自分では、わからないんです。意地悪でもないし、目立ちたがりでもない。ただお付き合いが下手なところはあります。
マッタリして愛されるタイプの人って良いですよね。

投稿: | 2011年11月 3日 (木) 02時37分

コメントしてくださって有難う。
お名前がないので、そのまま返信させてくださいね。 

実は私の母も、私の言うことに、YESと言ってくれたことはなく、正直、現在もそんな感じです。 

なので、以前は自分の主張をするのが怖かったし、口にしてもどうせ駄目だからと思ったり、段々と、言うより我慢しちゃおう、という流れになっていました。 

でも、それって、自分の不満も溜まっていくんですよね。

とはいえ、言っても分からない相手には、やはり言っても通じないこともあり。綺麗事ばかりではないですから。

自己主張するには、2つポイントがあって、

1、アイメッセージで伝える。 

2、相手を選ぶ 

アイメッセージについては、このブログのコミュニケーションの中に記事がありますので、良かったら読んでくださいね。

また、相手を選ぶというのも、私の処世術でもあります。 

言っても分からない人とは、少し距離をおいた方が、傷つかなくてすむというのも、私なりの生き方です。
 

あくまで私の考えなので、正解ではありません。 

でも、我慢したり、辛い思いをしている人ほど、人の気持ちが分かる優しい人だと思うのです。
でも、表現するのが不器用なだけ。 

きっと、そんな不器用なタイプの人のこと、わかってくれる人がいるはず。 
 
私もそう信じて生きてます。
あなたもそのように未来を信じてくださいますように。
 
願っていますね。 

読んでくださって有難う。

また良かったら遊びにきてくださいね。

投稿: 白猫 | 2011年11月 7日 (月) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たくさん与えて、たくさん受け取るということ | トップページ | 幸せな出来事が増える方法 »