« 可能なら運命を変える。不可能なら運命を引き受ける | トップページ | 二度と戻らない今を生きるということ »

無財の七施(むざいのななせ) 

皆さん、こんにちは。
今日は金曜日。土日休みの方はほっと一息ですね。 

週末、お仕事の方はお疲れ様です。 
 

さて、本題です。
よく、成功法則の中に、寄付をすると良いという教えがあります。

お金のない時こそ、お金を寄付すると良いということ法則ですが、
なかなか現実的に難しいこともありますよね。 

実は、お金のかからない布施の方法があるのです。 

仏教で言う、「無財の七施」という教えですが、
こちらのサイトを参考に、簡単に書かせていただきますね。 

詳しいことは、専門のサイトや本などで調べていただければと思います。

1 眼 施 がんせ      

   あたたかなまなざし

2 和顔施 わげんせ     

   和やかで穏やかな表情ですごす

3 愛語施 あいごせ     

   思いやりのある言葉をつかう

4 身 施 しんせ      

   自分の労働力を提供して施すこと
              

5 心 施 しんせ      

   人のことを自分のことのように思いやれること

6 牀座施 しょうざせ    

   電車で席を譲るなどの、人に勝ちを譲る行為

7 房舎施 ぼうしゃせ    

   自分が雨にぬれても相手に傘を差しかけるなど

 
もちろん、私もわかったようなことはかけませんが、
間違いなく、善行を積み重ねること。積善をすることは、
運命をよくする手段だと思うのです。 

この無財の七施であれば、
お金がない。時間がない。という言い訳は通らず、
普段の小さな心がけ次第で無限に出来る善行だ、と感じました。 

お金がかからない布施だからこそ、実はとっても難しい。

いつも穏やかで、やさしいまなざしと面持ちで、
人のことを思いやり、多少自分が損しても、相手に譲る気持ちを持つこと。

お金を払うより、実はこちらのほうが難しいかもしれませんよね!
でも、きっと、相手にも自分にも良いことが訪れる積善だと思います。 

私も難しいけれど、日々、余裕がある限り、トライしたいです。
(実は家族間が一番難しい…)

ところで、損することで、得をするという原理原則もあるようです。 

またこの話は後日させてくださいね!

それでは今日も読んでくださってありがとう。

皆さんにたくさんの幸せが訪れますように☆

|

« 可能なら運命を変える。不可能なら運命を引き受ける | トップページ | 二度と戻らない今を生きるということ »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
七布施、家の中では確かに難しいですね。自然に出来るのはネコに接する時ぐらいかも(笑)

それと、家族間以上に難しいのが、職場なんかで意地悪してくる人、ライバルに対して施すことじゃないでしょうか…。
自分を攻撃する相手に譲るのは、自然に反していると思うし、そんな風に自分を裏切っていたら病気になるんじゃないかな?と思います。
でも、思い込みで相手を嫌ってる場合もあるし、なるべくいつも冷静さを心掛けるようにしています。表に出してしまったものは消せませんから。

とりあえず今言えるのは、「情けは人のタメナラズ」で、温和に振る舞っていると、悪知恵を使ったライバルの方が自然と不利な立場になってしまうということです。
私にとって、七布施は思いやりというより、酔拳みたいな護身術になっていますが、周囲の雰囲気をなるべく誠意を持って丸く収めと、物事が発展的になるのは間違いない気がします。

投稿: ojyo | 2011年10月17日 (月) 18時57分

ojyoさん、はじめまして。
白猫です。
 
素敵なコメントを有難うございました!
 
なるほど。
七施は酔拳ですか!!
 
確かに、防御は最大の攻撃だといいますから、善意に勝るものはないかもしれません。 

私も情けは人のためならず、と思っています。
自分に返ってくることを期待している訳ではないけれど、すべてめぐりめぐるのですよね。 

攻撃的な同僚の方にも困りましたね。
 
ojyoさんが、温和に接していらっしゃるのはすごいです。
雰囲気を丸く収める力より、すごい能力はないと私は思います。

攻撃は、自我だけでできるけれど、空気を統一して温かくするには、自分の気持ちを押さえて、パワーを使いますから!

ojyoさんがいらっしゃる職場は、幸せですね。

それではまた良かったら遊びに来てくださいね。
コメント、本当に有難うございました。

投稿: 白猫 | 2011年10月22日 (土) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可能なら運命を変える。不可能なら運命を引き受ける | トップページ | 二度と戻らない今を生きるということ »