« 片付けと運気の関係 | トップページ | 無財の七施(むざいのななせ)  »

可能なら運命を変える。不可能なら運命を引き受ける

皆さん、こんにちは。

今週の東京は過ごしやすい気候です。

皆さんのお住まいの場所はいかがですか? 

  

今日は私の好きな言葉をシェアさせてくださいね。 

  

ビクトール・フランクルの言葉です。

 

「可能なら運命を変える。不可能なら運命を引き受ける」

 

私はこの言葉を自分なりに解釈したのですが、

自分の人生ですから、運命を開拓するのは当然の気概だと思うのです。

でも、起こった出来事が、どうしても思うようにならなかった時。 

 

それは起こるべくして起こっていることだと、受け入れることかと解釈しました。

スタートに問題があったのか、途中に問題があったのか、もしくは自分が自らその運命を欲していたのか、その運命を選んで生まれてきたのか。 

 

理由は分かりませんが、どうにもならない運命を前にしたら、ただただ、引き受けることも必要なのだと実感した出来事がいくつかありました。 

  

ただただ、受け入れるしかないと思うような出来事です。 

 

戦うこともせず、かといって放棄する訳でもなく、荒れ狂う波に身を任せて、波が静まるのを待つだけの時間です。 

 

ところが、終わりがないと思うようなことでも、いつか必ず波は静かになるのだと、経験で思いました。

もちろん、全てが分かったとは、とても言えませんが。

  

私もまだまだの人間なので、辛いことがあれば逃げたくなるし、運命に何か言いたくなることも沢山あります。

 

でも、結局は、受け入れるしかない。引き受けるしかないこともあると気づいています。

それが一番、解決への近道だということも。 

 

ビクトール・フランクルの本で「それでも人生にイエスと言う」という本があるのですが、この本のタイトルもとても好きな私です。 

 

  

今日も読んでくださって有難う☆

皆さんも素敵な1日をお過ごしくださいね!

|

« 片付けと運気の関係 | トップページ | 無財の七施(むざいのななせ)  »

私らしく生きる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 片付けと運気の関係 | トップページ | 無財の七施(むざいのななせ)  »