« 直筆のお葉書の効果 | トップページ | »

手書きから生まれる魔法

皆さん、こんにちは。 

今日も暑いですが、元気にのりきりましょう!

  

昨日の記事にも書きましたが、手書きの文字には、底知れぬものが宿っていると感じています。 

昔なら手書きは当たり前でしたので、そこまでの威力はなかったかもしれません。

  

やはり、電話より手紙だよね、というレベルだったような印象もあります。 

 

でも、今は、メールが中心社会なので、メールよりは電話、電話よりは手紙、という印象を抱いています。 

 

手書きの手紙に注目したのは、私がある件で落ち込んでいた時に、手書きの手紙を勧めてくれた人がいたからです。 

お詫びと感謝を伝えるなら、メールよりも手紙がいいと。

  

気持ちが向かわず、すぐに実行はできなかった私ですが、思い切って手書きで書き始めたところ、どんどん、自分の心が整理されていき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

教えてくれた方によると、書くという行為で、色々なアイディアが浮かんだり、思考が生まれたりするそうです。それはキーボードをたたくのでは生まれないものだとか。 

 

私にこのことを教えてくれた友人に、心から感謝しています。 

 

他には、息子のプライベートなことになりますが、仲直りしたい人に、手書きの手紙を渡したところ、難しいと思った仲直りができたのです。

息子に手紙を書くように教えてくれたのは、学校で信頼している男性の先生でした。

その先生のアドバイスに従って、息子が苦手な文章を自分で書いたことが、かえって心がこもり、相手に通じたのでしょう。 

 

もちろん、うまくいかせたいからといって、嘘を書くことはお勧めしません。 

でも、私の実感として、自分の手でペンを持って書くときに、なかなか嘘や偽りを書くことはできないだろうと思います。

素直な本心が出るのも、手書きのよさかもしれません。 

 

このブログを読んでくださっている方の中で、

もし、今、何か心にひっかかっている件があったり、コンタクトをとりたいと思っている人がいらっしゃる場合には、手書きのハガキか手紙を、ぜひお勧めします。 

 

きっと良い出来事をつれてきてくれる、魔法のツールになると私は感じています。 

 

それでは、今日も読んでくださって有難う。 

素敵な1日をお過ごし下さいね☆ 

感謝をこめて。

|

« 直筆のお葉書の効果 | トップページ | »

コミュニケーション力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直筆のお葉書の効果 | トップページ | »