« 自立の最後 デッドゾーンの抜け方 その5 | トップページ | はづき虹映さん出演 セミナー体験記 10/9 大阪 »

デッドゾーンの抜け方 番外編

皆さん、こんにちは。

3連休も終わりですね。本当に日々、あっという間です。

気が付いたら、もう、実は年末までカウントダウンではないですか!

残り3ヵ月弱。私はやり残したことがなく、今年を終えられるのでしょうか。 

 

今振り返ると、今年は変化の1年でした。

でも、変化を感じる余裕もなく、ずっと自転車に乗り続けていて、どんな道を通ったか、眺めていることもなく、ただただ、走っているような感覚です。(現在も)

 

キツイ…と思うこともありますが、全般的に、楽しんでいる私もいます。 

 

私のことを知る友人は、一見安定志向に見えるけれど、実は冒険好きで、行動的ということをわかっています。

人見知りと行動的。相反する私なのです。行動する時は、誰かと一緒ではなく、一人でしてしまうので、そこにそんなに違和感はないんですけれどね!(笑)

 

大筋で安定志向の部分もあるのですが、私のとってきた行動、過去を考えると結構波乱万丈のような気もします。

その時、その時でいいと思う選択をして、行動してきた結果が今の私です。 

 

人生最後に、それが良かったのかは、私自身がどう思うかで決まるのでしょうね! 

 

さて、今日はデッドゾーンの抜け方 番外編です。

 

デッドゾーンの特徴として、神経が高ぶっている特徴があり、不眠の人も多いそうです。

その深層心理には、恐れがあるのだとか。

その人それぞれで、恐れの原因は違うかもしれませんが、自分のやり方があっていると思う反面、それを手放さなければならないことへの恐れもあるのかもしれませんよね。 

 

そして、デッドゾーンでは、今までの自分のやり方ではない方法を試してみることで、抜けられると記事に書かせていただきました。

 

新しい方法で生きるために、今までやったことのないことをすること。それはとても恥ずかしかったり、苦しかったりするかもしれません。

 

でも、それを乗り越えるとすごくいい世界が待っています。

ところが、簡単にデッドゾーンはあなたを手放しません。

なぜなら、長年、自分のやり方で生きてきた訳ですから、その考えがあなたを縛ろうとするのです。

「この方法で今まで生きてきたんだから。やり方を変えるなんて危険だ。愚かだ。今まで通りの生き方の方が変化がなくて安心だよ。その先にいいことがあるかどうかなんて、わからないんだから」 

 

そんな声が心の中から聞こえてくるかもしれません。

 

それが、エゴ(自我)の声だと言います。

エゴの方法で今までうまくいっていたのならいいのですが、そうではないから、苦しいんですよね。

 

そのために、エゴを手放さなければならないけれど、エゴはそうはさせないと、心の中から理性を使って引き戻そうとしてきます。 

 

そこを振り払えるかどうかが、大きなポイントだそうです。 

 

そして、振り払うために必要なのは、デッドゾーンを抜けた先に、もっと楽に生きられる世界が待っていると、自分自身で信じること。

 

その自分が幸せで生きることこそ、周囲を幸せにするのだと信じること。

 

ビジョン心理学ではスピリチュアルの要素も入っているので、自分の知識だけではなく、人間を作った大きな存在が人を生かしていると、私も漠然とですが感じています。

その大きな存在は、人が楽に幸せになることを望んでいて、そのために、自我を手放すことで、もっと楽に生きられる方法を伝えてきてくれるのだそうです。

(ここまで来ると、ちょっとスピリチュアルが入りすぎているでしょうか)

 

私のイメージとしては、古いものがたくさん詰まった箱には、新しいものが入らないので、一度、古いものを捨てて、新たに本当に必要なものを取り入れていくというイメージです。

 

その新しいものは、自分が選ぶものばかりではなく、人がいいよと言ってくれたものも、取り入れてみる。

それがエゴを手放すというイメージなのかなと感じています。

 

人がいいよというものに、振り回されるという意味ではなく、自分で良いものだけが訪れるし、それを選択していける自分だと、信頼しているから出来るイメージです。

 

まだ色々と書きたいことが山のように湧いてきます。

 

今日は長くなったのでこのへんで。

いつも長い日記を読んでくださって有難う。

 

それではまた1週間、頑張りましょう!

皆さんにとって、良い1週間となりますように。

 

|

« 自立の最後 デッドゾーンの抜け方 その5 | トップページ | はづき虹映さん出演 セミナー体験記 10/9 大阪 »

プチ心理学」カテゴリの記事

コメント

デットゾーンの抜け方、とても参考になりました。
ありがとうございます。
これからも、読ませていただきます。


投稿: yako | 2010年10月12日 (火) 19時44分

yakoさん
こんにちは。白猫です。
 
コメントをくださったのに、5年もの間、そのままにしていたことに今、気づきました。
本当にごめんなさい。
  
yakoさんが今、お幸せに暮らしていらっしゃいますように。願っています。
 
ありがとうございます。白猫

投稿: | 2016年8月31日 (水) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自立の最後 デッドゾーンの抜け方 その5 | トップページ | はづき虹映さん出演 セミナー体験記 10/9 大阪 »