« 相手のことを考えて行動する | トップページ | デール・カーネギー「人を動かす」 »

うまくいくコミュニケーションの考え方

皆さん、こんにちは。

今日はコミュニケーションについて書きたいと思います。

 

コミュニケーションというと間違いやすいのが、以下のこと だと思うのです。

それは、

 ・ 人に好かれたいので自分のことを我慢する

 ・ 自分は正しいので、相手に変わってもらいたい

 ・ 自分のことを分かってほしい

 

 この方向でコミュニケーションをとろうとすると、多分、うまくいきません。

なぜなら、我慢することから怒りが溜まり、そうさせた周囲に対して、いつの間にか「私を犠牲にさせている人たち」のイメージを持ってしまうこと。それは長い目で見ると実はマイナスになってしまうのです。

 

 次に、自分は正しい、相手に変わってほしい、というのは、実は相手もそう思っている可能性があるので、お互いそう思っている限り、うまくいかないこと。

  

 最後に自分のことを分かってほしい、というのも、同じで、相手もそう思っているので、すれ違いになってしまうのです。

  

 私が提唱したいのは、これを逆手にとった方法です。

  

 ・ 人に好かれたいからこそ、相手を侵略しない範囲で、自分のことを伝えていく。我慢はしない。

  自分のことを伝えることで、相手に何かを期待しないことは必須。

 

 ・ 自分の価値観はそのまま持っているけれど、人には押し付けず、自分と同じように、相手の価値観も正しいと思うこと。(自分が同じ価値観になる必要はなく、ただ、相手のそのままを認めること)

  

 ・ まず、自分を理解してもらうのではなく、相手を理解する。

   

 この方法で行動していくと、自然と周囲とうまくいきはじめると思います。

 

 片隅にとめておいてもらえたら嬉しいです。

 それではまた明日!

 読んでくださって有難う。

 

 

|

« 相手のことを考えて行動する | トップページ | デール・カーネギー「人を動かす」 »

コミュニケーション力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相手のことを考えて行動する | トップページ | デール・カーネギー「人を動かす」 »